1歳息子初めてのクラシックコンサートへ

今日はなんと息子初めてのクラシックコンサート鑑賞デビューをしました。

わずか1歳にしてクラシックコンサートというなんとも優雅な贅沢な感じですよね。

クラシックなんて静かにしないといけない場所に小さい子連れてけるの?と思われたかもしれません。

でも実は0歳から行けるクラシックコンサートというものがあったのです。

つまりはほとんどが赤ちゃんづれの親子ばかりのコンサートで気兼ねなく参加できました。

会場が歩いて10分もかからないホールだったこともあり参加を決めました。

しかも前売りたったの1人1000円で1歳の子どもは膝上なら無料でした。

クラシックコンサートってお高いイメージですが、この値段気兼ねなく参加できますよね。

もし息子が泣いてほとんど外に出るになってもなんだか勿体無さが少なくて済みます。

早速到着すると、すごい数のベビーカーが預けられていました。

やはり小さい子連れさんが多いのだなと安心安心で入場します。

開演したら司会の方が今日は赤ちゃんも参加できるコンサートですと紹介していました。

泣いても気にせず聞いてください、もしどうしても気になれば外に出ても大丈夫ですと心強いアナウンスでした。

また立って抱っこの方が良ければ通路に立って聞いてもokですとのことでした。

これだけ自由にできるクラシックコンサートなんてなかなか無いから嬉しかったです。

早速1曲目が始まるとどこからともなくえーんと泣声が聞こえ始めました。

それでも誰も気にしない、安心すぎる環境でリラックス出来ました。

息子はと言うと、曲が始まるとかなり食い入るように舞台をみつめて聞いていました。

やはり生の楽器は音も素敵で迫力もあり聞き心地が良かったのかなと思います。

途中は少しゴソゴソしたり声を出したりもしていましたが、迷惑なほどではなくお利口に出来ました。

子どもも参加できる部分では音に合わせて体を動かしたり出来て飽きることなく聞けました。

息子も拍手なんかもしたりして、とても楽しくいい刺激をもらえたと思います。

お隣の席のお子さんは0歳児だったと思いますが、曲が始まるとスヤスヤ夢の中でした。

生音楽が子守歌なんて最高だしいい夢見れそうだなととても微笑ましかったです。

またその赤ちゃんを抱っこするママさんもスヤスヤ夢の中で、日頃の疲れを癒せたのかななんて思いました。

こんなに素敵なコンサート、格安なのに90分もたっぷり楽しませてもらいました。

家からも近かったし、大満足な素敵な機会になりました。

みなさんも機会があれば癒しにもぜひオススメです。

息子の久しぶりの一時保育にて考えごと

昨日は息子久しぶりの一時保育に行ってきました。

そこで先生に言われたことが少し引っかかったので書き出してみたいと思います。

我が子はやんちゃでじっとしていないタイプなので、先生も理解してくださっています。

まだ一時保育を始めて2カ月しかたってないこともあり慣れが必要でもあります。

慣れが必要なのは先生も息子も両方ということで、当面の間は午前保育のみになっています。

先生も息子が手がかかるし、なるべくよく見てあげたいからと人数が少ない日にいれますと言っています。

そこまでは話し合いの上、お互いそう納得し、私も対応に感謝しています。

一時保育は1日6人までなので、予約時に3人くらいまでしか入ってない日にいれてもらえるとなったのです。

この予約というのは月初めの日に次月分の予約開始になり電話でとります。

もちろん働いているお母さんなんかは絶対とらねばと我先にと電話します。

我が家は名目上は親のリフレッシュという枠になっているので最初引け目も感じました。

やんちゃな息子が少しでも集団生活で学ぶことがあればと始めたのですが、名目上そうなります。

でもそれを先生に相談したら、親のリフレッシュも立派な理由だから大丈夫ですと言われました。

確かに一時保育の利用の規約みたいなものにも親のリフレッシュは書かれています。

働いてる方が優先とは一言も書かれていませんでした。

ということは、堂々と利用させてもらっていいんだなと私は理解しました。

なのに、先生から昨日、息子は手がかかりすぎるから予約を見直すかもと言われました。

今取れている予約でも、働いてる方が予約をいれてきたら優先しないとだしと言われたのです。

それで人数が定員近くに増えたらおやすみか日にち変更してもらうかもとのことでした。

確かに手がかかりすぎるのは申し訳なく思いますが、なんだかもやもやです。

予約は早いもの順で取れているのに、手がかかるという理由でキャンセルされるかもしれません。

先生からしたらみんなを安全に見ないといけないし仕方ない決断かもしれません。

が、私からしたらなんだか迷惑がられているようで少しもやもやしたのでした。

でも先生も安全に息子を見れる日に見たいということかもしれません。

なので日にち変更は大いに歓迎ですし、あまりネガティヴにならないようにしようと思います。

そんな感じで母親はもやもやしていたのですが、息子はとっても楽しんできたようです。

お絵かきをしたみたいで初の保育園での作品を持って帰ってきました。

やっぱり色々な経験させてもらえるのはありがたいなとしみじみです。

やんちゃな息子を必死に見てくれてる先生に感謝したいです。