親子教室2回目で親子ともにすくすく成長中

今日は息子と2回目の親子教室に行ってきました。

1回目は1週間前で、そのレポートも書けていなかったので綴りたいと思います。

市の親子教室は今回私たち親子を含めて9組の親子が参加していました。

まずは到着したらたくさんのおもちゃが部屋中に用意されていて自由に遊べます。

既製品のキャラクターのおもちゃから職員さん手作りのおもちゃまでたくさんあります。

スタッフさんは全部で6名もいらっしゃいます。

保健師さんや保育士さんなど、子育て支援のプロの方ばかりです。

そのうちの1人の方が、息子の担当になりますと声をかけてくださいました。

息子が選んで遊ぶおもちゃについてまわり、遊び方をレクチャーしてくれます。

また上手に息子の興味を引き出したり、好きなものを見極めたりしてサポートしてくれます。

30分ほどしたらおもちゃをみんなで片付けて体操とダンスの時間です。

音楽に合わせてみんなで輪になって踊るのですが息子が一番苦手な時間です。

苦手というより体操とかダンスというものに全く興味がないのです。

スタッフさんが踊っているのを見て笑うとか真似るとかもありません。

また私が手足を持って動かしてあげても無表情からのぐずりに変わります。

ようはやりたくないという事のようで、無理はさせず輪の中に抱っこでいます。

スタッフさんも気にしないで結構苦手な子多いからねと声をかけてくださります。

3ヶ月の親子教室を通して少しでも踊ってくれるようになるといいなと思っています。

それが終わると水分補給休憩と絵本読みでリラックスする時間です。

スタッフさんたちはその間に次にやるメインの遊びの設営を頑張ってしてくれます。

1回目はトンネルや音のなるマット、傾斜の道などたくさん運動できるセットでした。

そして2回目の今日はボールプールセットでした。

1回目の時は普段トンネル系は怖いのかくぐらないのにハイハイで端から端まで行けました。

今日は息子はボール大好きなので問題なく楽しく遊ぶことができました。

そしてメインのあとは、みんなで椅子に座って半円になりサークルタイムです。

紙芝居や歌、手遊び、絵本などたくさんのことをします。

まず1回目はちゃんと椅子に座れたことに感動でした。

2回目の今日は椅子には座りたくない気分だったようでずっと膝抱っこでした。

しかし先生が紙芝居を読みだすと、ぴっと目線を送り集中して見ていました。

そして途中でいないいないばあで動物とかが飛び出すしかけがありました。

その時息子はバーっと紙芝居の方に走って行き、タッチしたらまたちゃんと私の元へ帰ってきました。

じっとしていられないよねと思っていたら、帰る前に担当の方が凄く褒めてくれました。

あの時紙芝居の方へ走っていったのはちゃんと興味を持てていた証拠ですよと。

なるほどそういう見方が出来るのかとまたひとつ教わりました。

普段から走っていきそうになると静止したり、抱っこしたりつい先回りしてしまいます。

でもある程度自由にさせてあげることも大切なんだなと学んだ日でした。

息子も私も成長させてもらえる親子教室毎回楽しみです。

100均の便利なキッチングッズ&掃除グッズ新発見

便利グッズがお安く手に入る100均は大好きでよく行きます。

でもいつも無計画に行くと無駄に買い過ぎてしまうのでリストアップしてから行くようにしています。

買うものが決まっている場合はこの方法はとくに有効です。

リストアップしてないコーナーはとにかく見ないで走り抜けます。

もし買い忘れがあって後で気づいても、あー買い忘れたなまた行こうってくらいが丁度良いです。

それくらいの感覚じゃないととにかくこれもあれもいるかもって結局無駄支出してしまうんですよね。

でも時にはあるかわからないけどこんな商品があれば欲しいって時ありますよね。

例えば私は今回キッチンのタワシを置いてるプラスチックのケースの替えが欲しくなりました。

今まで使ってるのが古いので洗っても綺麗にならずそう思いました。

でもまたプラスチックのを買うとすぐ汚れて洗うのが面倒だなと感じました。

それに変わるようなのが100均にあるかなと思ったのですが見ないとわからないですよね。

でもそれを探すためにキッチンコーナーに入ってしまうと無駄なものまで買ってしまいます。

そこで便利なのがインターネットです。

100均というワードを入れながらスポンジホルダーなど色々ワードをいれ検索します。

すると画像でたくさんの100均商品が出てきて事前に下調べが出来るのです。

私が今回気になったのはキャッチフックという商品です。

一見するとただのネコのシールでどうやってスポンジ保管できるのという感じです。

でもこれは貼って剥がせるシールになっているからシンクにペタッと貼れます。

そして表面のネコの顔になってるとこにスポンジを押し当てるとそこにくっつくのです。

つまりプラスチックとかケースは何もなしでスポンジを保管できるという優れものです。

これならケースを洗う手間も省けて最高というわけでこちらを購入しました。

他にも我が家のおたまの持ち手が折れてしまったのでそちらも仕入れに行きました。

優れもののこのおたまはなんと救う面に目盛が打ってあるんです。

測りながら入れる際にかなり便利そうでこちらにしました。

大さじを使わずにおたまではかれたら洗い物が1つ減り助かりますね。

また私が兼ねてより欲しかったのが掃除機の先につけると布団クリーナーになる部品です。

我が家は毎日布団をマットレスの上に敷くので、マットレスが床につきます。

すると掃除機をしていても髪の毛やゴミがついたりして気になっていたんですよね。

手で払い落とそうとしたりわざわざコロコロを出してきてとったりしてました。

でもこの部品があれば掃除機のついでに付け替えてさっと綺麗にできそうです。

便利なものがお安く手に入る100均、ぜひ行く前は検索がオススメです。

食べても安心な知育菓子を遊びに取り入れる

先日発熱した息子はまだ自宅安静中で、外に出たくて大暴れです。

家の中の遊びに飽きるのと公園のような自由に走り回るのができずストレスのようです。

私もなんとか家の中にいても飽きないよう遊びを工夫に試行錯誤しています。

先日100均に行って、小麦粘土を買ってきたので、それをさせようかと思いました。

しかし息子の普段の様子を見ているとなかなか粘土遊びは危険が高く感じます。

例えば絵本なんかを読んでいてもそのうちかじり出します。

他のおもちゃもなんでも遊んでいても最後には口に入れがちです。

飽きてきだすと口に入れる癖があるみたいです。

そこで小麦粘土はいったん置いておいて、代わりに何かと考えていたところ良いのを見つけました。

スーパーに行ったら偶然知育菓子コーナーと言うのをしていてみつけたのです。

知育菓子とはそのまま食べれるお菓子ではなく自分で混ぜたりして完成させるお菓子です。

その中に昔懐かしのねるねるねーるねがありました。

私と主人は小さい時によく買って食べていた思い出のあるお菓子です。

なので見た瞬間テンションが上がって買ってしまいました。

今はぶどう味とソーダ味があるみたいで2種買いました。

しかも92円と言うお値段でそんなに高くないのもありがたいです。

早速開封したら小袋が1〜3まで3つとプラスチックケースとスプーンが入っています。

プラスチックケースは水を入れるための小さなケースとくぼみが2つあるケースに分けます。

くぼみが2つあるケースの大きな方のくぼみに1の粉を入れます。

水を入れるためのケースに満杯水を入れて1の粉の上に入れます。

そして付属のスプーンで混ぜていくとあらふしぎクリーミーな感じになります。

このスプーンで混ぜる工程から息子にもやらせてみました。

トロトロした感じが面白いのか混ぜながらすごく笑っていました。

そして少し指についたのをペロリと舐めていました。

やはり口に入れるーと思いましたが、粘土じゃないから安心です。

お菓子だから多少は1歳児の口に入っても安心な点が知育菓子の良いところです。

つづいて上に2の袋に入った粉を加えて混ぜていくとどんどん色が変わっていきます。

その様子にもわーっという表情で嬉しそうだったしどんどんトロトロになるのも楽しそうでした。

最後に3の袋に入った粉をもう1つのくぼみに入れたら、それにつけながら食べます。

食べるのはまだ1歳児には早いかなと親で食べて、息子にはバナナをあげました。

とっても楽しく良い刺激にもなった様子の息子でした。

知育菓子是非お試しください。

息子がやぶった豆イスの座面を綺麗に出来たアイテム

皆さんはお子様の食事のイスはどんなものを使っていますか。

ダイニングテーブルを使ってる方なら背の高いハイチェアの方が多いと思います。

またダイニングテーブルにガチっと固定できる布製の折りたたみできるイスなんかもあります。

またローチェアで机がついたものもあります。

ハイチェアにもローチェアにもなる優れものもあれば、大人になるまで使えるタイプもあります。

子ども椅子と言っても実に色々なタイプがありどれを買うかすごく迷いました。

我が家はLDKがそんなに広くないので低いテーブルのみを置いています。

ダイニングテーブルを買うか悩みましたが、ローテーブルで冬はコタツになるし重宝しています。

長方形で結構大きなローテーブルなので、息子にはテーブルつきのローチェアを買うのは辞めました。

我が家は豆イスを買い、息子はいつも豆イスを机にくっつけてごはんを食べています。

豆イスは洗面所で手洗いの際の踏み台にも使えるし便利でいいですよ。

それに何と言ってもお安く、我が家の豆イスは900円だしでした。

そのうちに使わなくなるものだから、ローコストで役目を果たしてくれ満足しています。

ちなみに豆イスに座れるようになるまではバウンサーやバンボみたいな椅子を使ってました。

歩行器もテーブルがついてるからおやつに使ったりしていました。

これらは全てお下がりやプレゼントなど貰い物でありがたかったです。

今はもっぱら大活躍の豆イスですが、座面がクッションみたいなスポンジ材が入っています。

まだ息子が噛み噛み期の激しい頃に、座面の柔らかさが気持ちいいのか噛んでしまいました。

何度も止めたのですが、何度も何度も噛んだため歯形がつきビニール破れが出来てしまいました。

やがてその破れたビニールをめくるように剥がしてしまいました。

そしてさらには中の剥き出しになったスポンジをチミチミとむしるようになってしまいました。

少し家事などに没頭する間に見事に無残な姿になってしまい買い換えるか悩んでいました。

でも捨てるにもまだまだ基礎土台はしっかりしているし勿体無い限りです。

そんな時豆イスの座面カバーを手作りされているのをフリマで見つけました。

これなら座面をすっぽり覆いかぶせるのでこれ以上座面がボロボロにならず済みます。

早速かぶせてみると、オシャレな感じに生まれ変わり大満足です。

これならこぼしても洗えるし、元のビニール生地より布がお尻や足に当たるから肌触りも良いはずです。

豆イスをお持ちの方にはボロボロになる前に是非ともオススメしたい商品です。

息子の成長〜ちゃと言ってる風&カゴに入るブーム〜

今日もまた1歳7か月の息子の大きな成長が見られた日でした。

今のところ、どっちしか話さないのですが、それも意味はわかっていない風です。

多分どっちの発音が面白くて真似てる風なのです。

このように音真似だけですが、マママママとかバババババとか言うようになりました。

気まぐれで真似しない時もありますが、リピートするようになってきました。

ママやマンマ、ばあばやパパなどといった言葉がもう少しで習得出来るかなと楽しみです。

意味と音が一致するまではまだ時間がかかるかもしれません。

でも少しずつ息子なりのアウトプットがはじまっている気がします。

これが最近の出来事でしたが、今日はさらなる前進がありました。

まぐれかもしれませんが、初めてお茶のことをちゃと言いました。

いつも息子のお茶が入ったマグをキッチンの同じ場所に置いています。

息子はそれを知っていて認識していますが、手が届かない高さにあります。

なのでお茶が飲みたくなるとその場所に行き手を伸ばしてみたりこちらを見たりします。

私を引っ張って連れていくことはないのですが、私はいつもちゃちゃ?と言っています。

ちゃちゃ?ちゃちゃが欲しいの?ちゃちゃって言ってごらんと声かけしています。

しかしいっこうに言う気配はないままずっといたのですが、今日はちゃーと言いました。

初めてちゃという発音をしたし、お茶がちゃと理解して言ったかはわかりません。

そのあとはちゃとは言わなかったのですが、大きな大きな一歩でした。

もしお茶と認識していたら初めて意味と音が一致したアウトプットになります。

これからも見守りながらまた確認していきたいと思います。

それから急に長い時間かごに入るというブームが来たようです。

今までもおもちゃの箱とかたまに入ってることはあったのですが、長時間ではありませんでした。

しかしいきなり洗濯カゴに20分以上入るようになりました。

そこでテレビを見たり、手元をいじったり飽きないもんだなと見ています。

その間はとても大人しいので家事をしたりしています。

普段はリビングから私が出ていくとうーんと半泣きで追いかけてくることも多いです。

が、箱に入ってると出てまでは追いかけて来ませんでした。

なんだか安心するのでしょうか。

カゴに入るときも出るときもカゴがひっくり返らないように足を高く上げてまたぎます。

そんなことも理解してできるようになったんだなと感心しました。

何かに入るのが楽しい時期なのかもなので次は浮き輪でも膨らましてみようと思います。

中に入って楽しんでくれたらいいなと思います。

今日もたくさんの成長を見せてくれた息子に嬉しくなった日でした。

時間もお金も節約になったある病院での話

2.3日前にまた息子が風邪をひきました。

39度の高熱が出たもののいたって元気で特にぐずりもなく遊んでいました。

症状としては鼻水だけだったので、ちょうど休日だったのもあり病院を受診するか悩みました。

小児救急相談のダイヤルに電話し、状況を説明し受診すべきか尋ねました。

結果機嫌がいいなら水分多めに取らせて翌日の小児科外来に行けばよいとのことでした。

なのでその日はアクアライトをたくさん飲ませて、様子を見ました。

ストックの座薬もあったので、安心感がありました。

結局翌朝まで座薬を使うこともなく、37.8まで下がり小児科に行きました。

風邪だねとの診断でホッとし、薬でそのまま熱は下がりすっかり元気になった息子です。

しかしながら毎度のように私がうつってしまいました。

いつも息子の風邪をもらってしまう弱い母ですが、早めに薬をもらいに病院に行くことにしました。

息子の小児科は総合病院でかなり大きな病院で、以前もらい風邪の時は私もその内科を受診しました。

小児科と内科2人同じとこで済むのは楽でありがたかったです。

しかし今回は私だけ受診なので、徒歩2分くらいの小さなクリニックに行くことにしました。

息子が生まれるまではそこが私の行きつけでしたが息子を連れては初でした。

なんせベビーカーも持っては入れないほど小さいので自然と総合病院に行ってました。

9時から開きますが、8:30くらいから受付はしてくれるので行ったら1番でした。

9時まで徒歩2分なので一旦帰りゆっくりしてからまた息子を連れ向かいました。

抱っこで入ると席は満員御礼ってくらい埋め尽くされていましたがすぐよばれました。

自分がされると思いギャン泣きの息子をかた脇腹に抱っこしたまま受診でした。

しかしこちらの先生は服の上から鼓動音が聞ける聴診器を使ってはるので楽々受診出来ました。

あまりに泣く息子を見てか先生が薬局に薬をもらいに行くのは大変だろうと言いました。

そしたら院内処方にしてくれるということで診察は終わりました。

今まで知らなかったのですが、そのクリニックは院内にも少し薬が置いてあるようです。

いつもは処方箋をもらい薬局に行ってましたが、院内処方の場合処方箋がいりません。

なので安く済む場合が多いみたいですし、何より薬局に行く手間がなく助かりました。

結局診察から会計と薬をもらうまでものの10分ほどで終了しました。

いつも総合病院なら1番に行っても会計を長らく待ち薬局へ移動し1時間はかかります。

それが10分という早さに加え5日分の薬込みで1500円足らずという時間もお金も節約になりました。

院内処方されてる病院が見つかれば小さな子連れの方は助かるかもしれませんね。

子どもの持ち物名前書きに便利な100均アイテム

いよいよ今週から息子の一時保育が始まります。

まだ言葉もほぼない息子ですが、集団生活が刺激になればと期待しています。

先日保育園からもらってきた持ち物が書いてある紙を見ながら名前書きをしました。

一時保育と言えど着替えから何からかなりの量の持ち物がいります。

少しご紹介すると、着替えは2セット、バスタオル3枚、ハンドタオルとミニタオル2枚ずつです。

やたらにタオル類が多くて驚いています。

バスタオルはお昼寝シーツ用、お昼寝上掛け用、シャワー後用の3枚だそうです。

ハンドタオルは教室と洗面台に各1枚ずつ手拭き用として配置するそうです。

そしてミニタオルは食べる時の口拭き用で、給食時とおやつ時の2枚だそうです。

この食べる時用にはエプロンも2枚入れていきます。

他にも消耗品系はオムツ、ビニール袋、お尻拭きなど数の指定はないですが多めです。

そしてこれら全てに名前書きをしなくてはなりません。

一時保育でこれなら一体普通に通ってる子たちはどれだけ持ち物があるんでしょう。

毎日通ってる子達は毎日替えを用意しなきゃですからこの何倍も保育園用が必要ですよね。

とまあ初めての経験に驚きつつもワクワクしながら準備し始めました。

しかしここで一つ私の思いとして、服やズボンに名前を直接書きたくない気持ちがありました。

タオルなんかは名前を書いてもゆくゆくは家で使い古して雑巾になり捨てるからいいんです。

でも子ども服ってワンシーズンとかでサイズアウトしちゃうとそのあと使い古せません。

もし下の子が生まれたらお下がりにしたり、友人にあげたりフリマに出したりするわけです。

その時にタグにでも名前があるのはなんか嫌だなと思ったのです。

そしてネットで調べたらすごく安くすみ簡単な方法をされてる方がいたので参考にさせてもらいました。

100均商品たった2つ、わずか200円のコストでできる激安アイデアです。

100均で買うのは、手芸コーナーにある布用ボンドとバイアステープです。

買ってきたらバイアステープを服のタグをぐるりと囲んで余るくらいにカットします。

私は7〜9cmくらいにカットでいい感じでした。

そしてバイアステープをタグの輪っかに通すようにくるりと1周させてボンドでとめます。

あとはボンドが乾いたら油性マジックで名前を書けば完成です。

これならもう着なくなればバイアステープをちょきんと着るだけで名前部分が簡単に外せます。

服やタグは無傷でお古に回せるというわけです。

お名前シールをアイロンで貼り付けるとかもありましたが、こちらの方が手軽でした。

ぜひお試しください。

お出かけの際に駐車場の構造を知ることが節約につながる

みなさんはお出かけの際は電車派もしくは車派どちらでしょうか。

我が家は基本車派になりました。

もともと独身時代から車派だった私ですが、妊婦になり車を控えました。

それから息子が生まれてこんな小さな赤ちゃんを乗せて運転怖いと思いました。

それでしばらくは電車派となっていましたが、やはり車の楽さには勝てずでした。

いつ泣き出すかわからない息子にヒヤヒヤしながら大量の荷物と乗る電車でした。

でも車なら泣いても周りを気にしなくていいし、大量荷物もへっちゃらです。

この違いにやはり車の便利さに勝てず車派に戻りました。

1時間半〜2時間くらいの車移動までなら断然車を使っています。

車移動につきものなのはやはり駐車場ですよね。

出かけ先に駐車場はあるのかや何台止めれるかや駐車料金はもちろんチェックします。

しかし最近それ以上に駐車場の構造を知ることも大切と気付きました。

例えば今日も母と某モールに行ったのですが、駐車場と店のつながっている階をチェックしました。

例えば駐車場の3階とお店の2階が連絡橋で繋がっているとします。

すると駐車場の2階や4階に停めた場合わざわざエレベーターで3階へ移動しなくてはなりません。

エレベーターもすぐ来ればいいけどなかなか来ないこともしばしばです。

さらに来たとしてもいっぱいで乗れないなんてこともよくあります。

特に今は子どものベビーカーも持っているのでかなり空いてないと乗れません。

そうしていると10分以上もロスしたりすることにもなりかねません。

駐車場が無料ならそれでもいいけれど、大概お金がかかりますよね。

今日のモールは最初1時間無料で、会員かつ買い物をしたらさらに2時間無料でした。

なので母が晩御飯を買ってくれたおかげで3時間無料となっていました。

私は事前に店と連絡橋で繋がっている駐車場階を知っていたので停めていました。

息子を遊び場で遊ばせて買い物をしてお茶していたらあっという間に3時間に近づいていました。

最後は駐車場まで走り出庫したらギリギリ3時間の3分前で無料で出庫できました。

もし連絡橋と繋がっていない階に停めていたらきっとオーバーしていたと思います。

息子をチャイルドシートに乗せたりベビーカーを積む時間も結構かかります。

もしオーバーしていたら400円支払うところでした。

たかが400円されど400円ですので危ないところでしたね。

こんな風に駐車場の構造を知ることで無駄なお金が発生しないこともあります。

以前に3時間無料の駐車場でぴったり2時間で出庫出来たときは嬉しく思わず写真を撮りました。

これは事前精算機を導入している店舗だったので時間が間に合い、刻字の写真も撮れました。

ぜひ車移動派の方は駐車場の構造チェックをしてみてください。

300円ショップにて意外とお得にgetできたもの〜その2〜

先日300円ショップにて意外と安く手に入るものをご紹介しました。

浮き輪や甚平など専門店で買うと高くつきそうなものが安く買えてありがたかったです。

今日はその続きでまだ買ったものが実はあったのでご紹介したいと思います。

なぜ少し紹介までにタイムラグがあったかというと試していたからです。

その結果やっぱり便利でコスパ良しと思えました。

それは冷感枕カバーで、こちらは300円の消費税です。

写真を見てもらったらわかるのですが、裏にゴム紐がついています。

こういうタイプのカバーを私は初めて見たのですが、これが素晴らしく優秀です。

今までの枕カバーはチャックがついているものや袋状になっているものでした。

枕カバーって結構な頻度で洗うのでつけるのが本当に面倒でした。

チャックだと閉めてる時に枕をかんでしまってイイーっとなることもしばしばでした。

袋状のも途中で枕が詰まったりして伸ばしたり押し込んだり面倒でした。

ただ私が不器用なだけかもしれませんが、地味に枕カバーをつけるのストレスだったんですよね。

ところがこのゴム紐バージョンならささっとまくらに引っかけるだけで簡単です。

むしろ暗闇でもつけられるくらいのシンプルさでとても気に入りました。

購入してからすでに何回か洗いましたがつけかえのストレスがなくなりました。

はずすときはもっと早くてペロンと1.2秒ではずせます。

300円でこんなに便利になるならもっと早く出会いたかったものです。

しかも冷感だから頭や顔の熱がこもりがちの枕カバーに最適です。

ちなみにうちの枕は低反発枕で裏面が真っ平らで表面は山形にボコボコしています。

首に枕が沿うように山の形状なので、裏面を使うことはありません。

なので裏表両面に枕カバーがある必要がないので裏面がゴム紐で充分です。

もし両面真っ平らなタイプの枕をお使いの方で、どちらの面も使うならちょっと役不足かもしれません。

あと、大きさが35cm×45cmと少し小ぶりなのでそちらも要チェックです。

我が家の枕には奇跡的にぴったりサイズでとても気に入りました。

また違う使い方ができることにも気付きました。

このサイズ感がベビーカーやチャイルドシートの座面に敷くのにいい大きさっぽいです。

赤ちゃんは背中にあせをすぐかくので新しいのを買ったら敷いてあげたいと思っています。

ちなみに某大型家具店でも同じような裏がゴム紐タイプの枕カバーをみつけました。

が、400円以上してたので、この300円ショップのがお得と言えそうです。

柄も可愛いですし、是非オススメしたいです。

息子の成長〜塗り絵をさせてみての発見とすすり飲みができた〜

今日も1歳7ヶ月の息子には成長を感じさせてくれるシーンがありました。

先日ショッピングモールでいただいた塗り絵があったのでさせてみました。

もちろんまだこの絵に色を塗るということはわかっていません。

しかし鉛筆を前に上手に紙の上に滑らせていたし外遊びでは小枝で地面にジージーしています。

なので色鉛筆もできるだろうと思いトライさせてみました。

早速絵の上で色鉛筆をちゃんと動かせていて色塗り風なことは出来ました。

しかし絵を見てみたら色が薄いのなんのってくらい薄い色しかついてません。

あれ、この色鉛筆なんかおかしいのかなと思い私が塗ってみたらしっかり色が出ます。

そこで息子の筆圧が0に近いことにふと気付いたのです。

これはおかしいことでもなんでもなく、子どもって最初は筆圧が薄いんですよね。

私も昔はお習字教室で筆圧が濃くなるように指導されたものです。

なので小さい子には2Bとか濃くて芯が柔らかい鉛筆を持たせますよね。

色塗りなんかでは濃く出やすいクレヨンを使いますよね。

筆圧は書く練習をしていくうちについてくると思っています。

まだ1歳7ヶ月の息子に色鉛筆は早かったなと反省しました。

でもこういうのもしてみないとわからない発見なのでしてよかったです。

ちなみに息子の反応は塗り絵よりも色鉛筆にひたすら夢中でした。

色んな色があるのが珍しいのか大喜びで色鉛筆をガチャガチャしていました。

やはり目新しいものがあると嬉しいようでした。

それからもう1つの発見はいつの間にかすっかりすすり飲みが出来るようになっていたことです。

今日の晩御飯はシチューでしたが、具やほとんどのスープをスプーンで食べさせました。

鶏肉や人参などさせるものは息子がフォークで食べました。

と言ってもまだ自分でさすことは出来ないので私が補助してさしています。

でも面白いのがさしたらすごい早さでパクっと食べるんです。

取られると思うのか、さすまではゆっくりなのに食べる早さが早くてわらけます。

そんな感じで食べて少しだけまだスープが残っていたのですすり飲みをさせてみました。

保育園でもそろそろコップやおわんを持って口で飲めるようにと言われました。

その練習も兼ねてエプロンに全部流れるのを覚悟して1人で飲ませてみました。

ところが上手に加減しながら飲んでなんと1滴もこぼさずでした。

これには成長を感じずにいられず、お茶も飲ませてみたらすごくこぼしました。

多分スープは少なく、お茶はタップリ入っていたのでその違いと思います。

それでもどちらもすすりながら飲むのは上手に出来ていてとても成長を感じました。

寝る前に塗り絵の絵を見ながらほっこり今日の成長を振り返り感激でした。