家族旅行2日目レポートその2〜三重県〜

家族旅行2日目レポートの続きです。

伊勢をいよいよあとにして、14:30頃同じ三重県でも桑名市を目指して走り出しました。

次の目的地はなばなの里で、期間限定イルミネーションを見に行きました。

伊勢から下道で約2時間半くらいの移動でした。

高速を使うと1時間半くらいで着くのですが2000円以上高速代がかかります。

イルミネーション点灯時間は17時過ぎで、たっぷり時間はあったのでドライブを兼ねて下道にしました。

主人ばかりの運転だと疲れるので、行き帰りの高速は主人が運転しました。

そして伊勢鳥羽の移動と、この桑名市までの下道は私が運転しました。

夫婦で分けて運転すれば長距離ドライブも疲れが軽減出来ていいですね。

伊勢市から桑名市までは、松阪市や津市、鈴鹿市、四日市市などを通過北上していきます。

松阪市はさすが松坂牛の地元というだけありたくさん焼肉屋さんがありました。

津市は三重県の県庁所在地と言うだけありかなり街並みが都会でした。

そんな感じで、通り過ぎるだけでも色々な街の景色が車窓から観光でき楽しめました。

目的地桑名市なばなの里に向かう途中コンビニに立ち寄りました。

実はファミリーマートかセブンイレブンならなばなの里入場の前売りチケットが買えるんです。

割引はなく1人2300円なのですが、
前売りは当日買っても使えるんです。

イルミネーション時期はチケットを買うブースが混み合っていたりもします。

なので前売りを買っていれば並ばず直接入場ゲートに向かえるのでおススメです。

17時過ぎに駐車場に着き、こちらは駐車場無料なので助かります。

みんなでヒートテックを着たり、息子はスキーウェアを着たりしっかり対策して向かいます。

予想通りチケットを買うブースは並んでいましたが、私達は楽々入場でした。

イルミネーションはとても綺麗で、息子も光に手をパチパチさせて喜んでいました。

今年は熊本のくまもんとコラボした光のアートもあり息子も釘付けでした。

なばなの里では自撮り棒を持っている人がたくさんいましたが私は人に撮影を頼みました。

やはり自撮りよりその方が綺麗に撮ってもらえるしいいなと感じました。

入場料2300円はお高く思うかもですが、実は1000円分の金券が含まれています。

それは中のレストランなどで使えるので、晩御飯を兼ねてご飯を食べました。

ハンバーグとパン食べ放題が1300円だったので、現金としては300円で食べれました。

主人も同じのにし、息子は680円のお子様セットにして、3人で1280円で済みました。

中でご飯まで済ませられて子連れにはありがたかったです。

帰りは高速を使い2時間ほどで、21:30には帰れました。

1泊2日にぎゅっと詰め込んだ旅行でしたが、たっぷり楽しめました。

息子0歳の時の旅行に比べると何でも食べられるので食事面がとても楽でした。

家族旅行1日目レポート〜三重県〜

先日1泊2日で家族旅行に行ってきたレポートを書いておこうと思います。

1日目は伊勢、鳥羽への旅で、朝は6:30頃に出発しました。

繁忙期を避け平日にし、関西地方からの出発でしたが渋滞はなくスムーズでした。

息子も5:30に起きてパンを朝ごはんに少し食べたおかげで車は寝ていました。

1時間半ほどで起きて、そこからは少しぐずぐず言いだしたりもありました。

でもそこは音の出る絵本を持参していたのでご機嫌を取り戻せました。

2時間ほど走ったところでパーキングトイレ休憩に起きましたが少し外を走らせてあげました。

するとご機嫌もさらに復活で、また自らチャイルドシートに座り車旅再びでした。

計3時間ほど走ったところで第一目的地、鳥羽の神明神社に着きました。

こちらは石神さんと親しみ呼ばれる神社で海女さんの街の神社です。

女性の願いを1つは叶えてくれるということで有名なようです。

一度は訪れてみたいと思っていたので実現して嬉しかったです。

駐車場からお参りして車に戻るまで息子もしっかり歩いて成長を感じました。

ベビーカーが荷物置きと化していたことが寂しくもあり嬉しい出来事でした。

息子もしっかりと手を清めたり二礼二拍手一礼も一緒にしました。

清々しい気持ちになり、しっかりお参りしてお土産を買い次の地へ向かいました。

次の目的地は伊勢神宮とおはらい横丁おかげ横丁です。

今回素晴らしかったと思うのが、旅館を伊勢神宮から徒歩10分ほどの場所にしていたことです。

昼前についてチェックインは15時からでしたが、車だけ旅館が預かってくれたのです。

おかげ様で伊勢神宮には歩いて行けて駐車代金や移動手間が省けたのです。

駐車場は2、3時間1500円くらいのところが界隈は多かったです。

それがういて、時間も気にせずゆっくり回れて本当に良かったです。

ランチに松坂牛を食べたら、いよいよ伊勢神宮参拝です。

ランチや移動はベビーカーに座っていましたが、内宮の入口から正宮まではまた息子は歩きました。

砂利道のザッザッという音が楽しかったようで楽しみながら歩けました。

階段も足が疲れたのか少しもつれながらも自力で上がり、自分の力でお参りできました。

それもまた成長だなと嬉しくなりました。

そのあとは横丁でアワビやはちみつアイスなど食べ歩きお土産を買いつつ歩きました。

そのまま猿田彦神社へも徒歩で行けるので参拝して旅館へと戻りました。

旅館では夕食に伊勢海老を食べ、温泉に入り湯上りのアイスや夜食ラーメンまでサービス満点でした。

息子は疲れたのか夕飯途中に椅子で眠りそのまま朝まで寝ていました。

たくさん歩いてたくさん食べてたくさん眠れて素晴らしい旅になりました。

2日目レポートに続きます。

遊園地にお得に満喫するためのテクニック

先日遊園地の入園チケット2枚が当選したので行ってきました。

地域系情報誌のプレゼント応募で当選しました。

私はくじ運というのがあまりないタイプで滅多に何に応募しても当たりません。

でも地域系情報誌ではランチチケットが当たったり子どもの写真掲載権が当たったりもしてます。

ということは、全国的な応募懸賞より地域系は当たりやすいってことですね。

考えてみれば、そりゃ分母が小さいから当たりやすいんでしょうね。

というわけで地域系のプレゼント応募とかは要チェックをオススメします。

今回当たった遊園地は大人1人入園が1400円かかります。

なので、なんと大人2人分で2800円浮きました。

また子どもは2歳まで無料入園できるので、1歳11カ月の息子はセーフです。

家族3人無料で入園できてしまいました。

中ではアトラクションに乗るたびに1回何円というシステムでした。

まだまだアトラクションの楽しさがわからない息子ですので、お散歩がメインでした。

中にはアスレチックパークみたいなところや可愛いモニュメントがあり十分無料でも楽しめます。

ただ何も乗らないのもなんなので、汽車みたいな乗り物に乗りました。

こちらも2歳以下は無料で、主人と私は400円ずつで計800円でした。

がたんごとんという汽車の絵本が好きなので、動き出すと景色を眺めたり楽しんでいました。

それからもう1つアンパンマンのミニ観覧車みたいなのにも乗りました。

アトラクションに乗る時の節約法は親がどちらか1人だけ付き添うというやり方です。

こちらは300円でしたので主人と私が乗ると600円になってしまいます。

が主人は写真担当にし、私と息子が乗れば半分で済むんですよね。

この方法を繰り返せばアトラクション写真もどちらの親とも取れるからいいなと思います。

ちなみにアトラクションは以上で、あとはゲームコーナーで200円使い計1300円でした。

乗り放題パスだと3000円かかるのでいい感じのチョイスでいけたと思います。

他の節約法としては、お弁当、おやつ、飲み物は全て持参することです。

パーク内はあまりめぼしいのがなかったりもしますし、あっても割高なケースが殆どです。

実際に自動販売機でさえも普段130円で買えてるのが160円とかでした。

わずかな差額も家族分となるとチリツモになるので、是非持参がおススメです。

安いイメージのない近くのコンビニで買ってから入ってもその方が得なこともあります。

結局中では有名な唐揚げ屋さんが出店してたので、そちらに飲食費は500円だけでした。

あとは車の駐車代金が1500円で、結局出費は3300円で済みました。

しかもこのお値段で夜はイルミネーションまで見れてラッキーでした。

少しの工夫で出費を抑えられますので是非参考になれば幸いです。

保育園園庭開放にて芋掘り体験

先日いつも一時保育に行っている保育園で芋掘り体験が有りました。

一時保育にはよく行きますが、園庭開放は久しぶりでした。

園庭開放で遊んだ後にみんなでお庭でお弁当を食べて芋掘りするという盛りだくさん企画でした。

息子は一度先日の旅行時に芋掘り体験はしましたが、良い機会なので参加しました。

お弁当をピクニックシートで食べるのですが、それが少し心配でした。

息子はじっとしていられないタイプなので椅子やベルトがないシートに座れるかなと不安でした。

走り出してしまわないかドキドキだったのですが、なんと最初から最後まで座って食べ終えれました。

もうこれには感激しかありませんでした。

1人座りさせるとごそごそしようとしていたので、膝に座らせました。

それでフォークをもたせたら、おかずやご飯をすくうのに集中していました。

その間に私が横から食べさせていくと、綺麗に完食出来ました。

お友達親子と新しいママ友さんもできてとても楽しいピクニックランチでした。

それから芋掘り体験だったのですが、あまり土は触りたくない気分だったみたいでした。

結局私が2つほど掘り当てて、それは後日の園庭開放で食べれるみたいなので楽しみです。

息子も食べることは大好きなのできっとお芋には大興奮かと思います。

園庭開放の遊びの時間には、かけっこしたり砂遊びをしたりしてました。

不思議なのは砂場の砂は好きなのに、畑の土は嫌みたいなんですよね。

多分しっとりした土が感触が苦手なのかなという感じです。

砂遊びの時は、スコップで砂をすくいお皿に入れるというのをひたすらしていました。

でもふと思ったのが、スコップ出来るようになったんだーということでした。

前まで園庭開放によく行ってる時は、砂場でスコップをもたせても全く使えずでした。

すくうという動作が教えても一緒にしてもなかなか出来なかったんです。

それからしばらくは体を動かす方が好きになり、外でもかけっこや遊具遊びばかりでした。

それでかなり久しぶりの砂場遊びだったのですが、いつのまにか上手にスコップをマスターしていました。

おそらく、砂遊びしてない間に家のお風呂で洗面器でお湯をすくったり、スプーンを使えるようになったからでしょう。

スコップじゃなくてもすくうというのを覚えてたから応用出来たのだと思います。

そんな新たな発見が出来て、それもいい機会になりました。

今日のお芋は持ち帰りは不可だったのですが、昨日母からいただいたサツマイモが我が家にあります。

それを息子に見せて、今日掘ったのと同じだよと教えてあげたいと思います。

節約簡単デザート〜ヨーグルトケーキ〜

先日遊びに来てくれた友達からホットケーキミックスの粉をもらいました。

200g×3袋で600gもたっぷり入ってなんと99円だったそうです。

激安だったからといただいて、嬉しい限りです。

そんな今日冷蔵庫の整理をしていてうっかりヨーグルトを押しやっていたのをみつけました。

実は先日のハロウィンの時に作ったレアチーズケーキにヨーグルトがいると思いこんで買ったんです。

でもヨーグルトなしのレシピにしたので使わず新品のまま置き去りでした。

私は結構賞味期限切れになる前に冷凍に入れたり使い切るようにしています。

でもヨーグルトだけは普段あまり出し入れしない砂糖とかのストックの奥に入ってしまってました。

そのためうっかり気付かず、賞味期限が今日までというギリギリにみつけてしまいました。

しかしながらそれを発見したのが夜10時でもうデザートさえ食べれない時間でした。

救済したいけど食べれないというこの時間にえーいとケーキにしてしまいました。

ケーキだなんて夜からそんな面倒なと思われたかもしれません。

でもこれは炊飯器で焼くケーキなので混ぜたらスイッチを押すだけの楽々です。

しかも材料もめちゃくちゃ簡単なので手間がほとんどありません。

材料はヨーグルト1パック450g、ホットケーキミックス1袋200gをドバッと炊飯釜に入れます。

どちらもパックと袋ドバッとまるまるいれるだけなので楽々でした。

そこへ卵1個を割り入れたら大さじを用意します。

砂糖を大さじ2杯すくったら、油を大さじ1杯いれ、そのまま大さじで混ぜる。

滑らかになれば、あとは炊飯器にセットしてスイッチを押せば終了です。

大さじで混ぜたのは我が家の大さじがプラスチックなので、泡立て器より釜に傷がつきにくいと考えてです。

ゴムベラなんかで混ぜるのもいいかもしれません。

こうすることでボールなどいらない洗い物が増えず夜作るには最適です。

我が家の場合結局洗い物は釜と大さじだけでしたので楽ちんそのものでした。

面倒な秤もいらず、材料費もわずか150円ちょっとのヨーグルトケーキ完成です。

もし1回炊飯して中が生焼けならも一度炊飯するといいですよ。

あつあつ出来たても美味しそうだけど、夜だからぐっと我慢しました。

粗熱がすぐとれたら冷蔵庫にて一晩保管です。

明日朝に冷えてキュッと固まったのも美味しそうです。

また切り分けて冷凍に入れたら日持ちもするしアイスみたいになりそうですね。

いろんな楽しみ方ができそうな予感でかなりコスパのよいケーキにヨーグルトを使えてよかったです。

是非お試しくださいませ。

ドキドキのしながら4週間ぶりのベビースイミングへ

今日は息子と久しぶりにベビースイミングに参加してきました。

今月は1週目がコンサートのため欠席、
2.3週目が熱で欠席で1度もまだ行けてませんでした。

家族行事や体調不良で行けなくなるのは承知で始めたベビースイミングでした。

が、月に1回も行けないのだけはどうしても避けたいと思っていました。

今日は幸い体調も復活し、今月ラストのスイミングなんとか参加できたのでした。

しかし4週間ぶりとなると、さすがの水好きの息子でも泣いたりしないかとハラハラでした。

ドキドキしながらまずは体操の部屋に入りました。

いつもなら体操の時間輪にするのであまり好きでなく走り出そうとする息子です。

ところが今日は大人しくチンと私の前に座って黙々と手遊びや体操を私とこなしました。

久々だったので周りの様子を伺っていたから大人しかったのかもしれません。

地べたにねころばせる体操の場面は私から少し離されると思ったのか泣きました。

だけど、その後のかけっこも声をあげながら走り抜けたりと完壁でした。

驚いたのはいつもコーチの股下をハイハイでくぐるのが、嫌でしないのにすんなりしたことです。

なんだかすっかり成長したかのような体操の時間でした。

たまたま今日だけなのか、次回からもこうなのかは見ものです。

そのあとはいよいよプールですが、プールサイドに入る前のシャワーから大喜びでした。

プールを見た瞬間も目をキラキラさせて心配無用でした。

久々だから泣いたり拒否したりするかと思いましたがやっぱり水が大好きなようです。

プログラムではバタ足をする場面も力一杯バタ足を上手にしていました。

親だけプールに入り、子どもはプールサイドに座って待つのもだいぶ待てるようになりました。

他にも飛び込みや耳つけなんかもなんなく好奇心が勝つようで出来ています。

結構泣いたりしてる子もいるのですが、いつも水の中では泣かない息子です。

来月には水中写真撮影の日があるみたいで、今は顔つけの練習をしています。

じゃぽんと潜るのは泣かずに出来るのですが、ブクブクがまだ無理です。

どんな水中写真が撮影されるのか本当に楽しみです。

その日は今月みたいに休むことのないよう体調管理を頑張りたいです。

先月は皆勤賞だったので可愛い皆勤賞メダルをコーチから貰いました。

折り紙でミッキーの形に作ってくれて、手書きメッセージ入りですごく可愛いです。

こんなご褒美があると息子も貰えてニッコリ笑って喜んでいて私も嬉しかったです。

これからも楽しく参加しながら成長を見守っていきたいです。

息子の成長?!〜ひっつき虫のあまえんぼうモード全開〜

1歳9カ月になった我が家のやんちゃな息子です。

風邪をひいてからもう2週間になりますがいまだに鼻咳を引きずっています。

今回の風邪はなんだか特殊というか厄介で最初は熱だけだったんですよね。

しかもパッと高熱が出てパッと下がるを繰り返していたもんで、病院でも薬が最初出ませんでした。

それがあとから鼻がでたり咳がでたりグズグズしてきて結局4回も病院に行きました。

薬がなくなったりして再度という感じで行くと症状が変わってて先生もびっくりって感じでした。

そんな感じで長引くので、私も外に息子を出せずずっと家遊びばかりでした。

外に遊びに行きたくてストレスが溜まったのか息子に変化が出てきました。

ものすごく私にくっつき虫でべったりするようになったのです。

例えば今までならお気に入りのテレビを見せてる時なら離れて家事をしてもテレビに夢中でした。

それが立ち上がるだけでぐずりだし、1 5歩先のキッチンに行くだけでギャン泣きになりました。

追いかけてきてくっついたり私を押したりしてひっくり返ってギャン泣きしたりします。

それで家事を諦めて抱っこで一緒にテレビを見て集中しだしたとこでおろすとガシッと腕を掴んでたりします。

トイレや洗面所に行こうものならギャン泣き大暴れで大変です。

なのでドアを開けて一緒に行くか、私がいないと気づいてもこちらに来れるようにしてます。

あまりここまでひっつき虫になることって今までなかったのでびっくりでした。

でもきっと、病院くらしか外に行けず、その病院でもギャン泣きでストレスなんでしょうね。

それに私と2人きりが多いからあまえんぼうになってきたのかなと思います。

元気なら一時保育やスイミング、園庭開放などみんながいるとこに毎日出かけていました。

それが毎日のように2人きりの時間が増えてしまったら息子なりに環境変化に戸惑いが出てるのかもです。

ただ私的には息子にも愛着表現豊かな部分が見れたなと嬉しい気持ちもあります。

一時保育に預けても一度もママーと泣いたりしない息子でしたのでなんか嬉しくなってしまいました。

必要とされてるというのか、マストな存在と思ってもらえるのはやはり幸せです。

ギャン泣きは大変ですが、しっかりと向き合ってあげたいなと思いました。

てなわけで成長なのか一時的なものかわかりませんが、最近の息子の変化でした。

そんな今日の夕方は鼻咳が少しおさまったので、少しだけお外に出してあげました。

久しぶりに走り回れるのがよほど嬉しかったようでずっと声をあげて走っていました。

そして帰宅したらやっぱりギャン泣きがなかったんですよね。

やはりストレスが発散されたんでしょうかね。

またぶり返しのないよう気をつけながら徐々に外に出て行きたいと思います。

義理実家と初旅行レポート最終章〜便利な持参品とホテルの部屋と食事〜

1歳連れで外泊となると、1泊でもかなりの荷物になってしまいました。

息子は風邪気味で寝汗がすごいのでティシャツだけでも10枚くらい持参でした。

オムツやおしりふきも下痢した時のためと多めに持参しました。

それに鼻水もすごいので、抱っこ時に親の服も汚れる可能性があり親の着替えも多めに持参です。

そんなわけで減らせるところを減らしたいと思いつつなかなか難しかった今回でした。

が、せめてと水筒がわりのマグの持参をやめて、ペットボトルにしました。

ペットボトル飲みを行くまでにマスターさせようと練習していました。

だけどやはり難しかったみたいで、100均にとても便利な物をみつけました。

使い捨てのペットボトル用の長いストローです。

何回も洗って使えるペットボトル用のストローもあるのですが、それだと洗わないとですよね。

そうなると、また洗剤やスポンジまで持参しなくちゃいけなくなります。

そこでマグを持ってくのもやめて、ペットボトルと使い捨てストローにしました。

ストローは1本ずつ小包装になっているからリュックに何本か入れていけます。

ペットボトルを開封したらストローを差し込み、飲み終わったらストローを押し込み蓋をします。

そうすればまたお茶を飲む時にペットボトルを開けて中のストローを引っ張り出せばokです。

そのペットボトルは息子専用にして1日たてば捨てるだけの楽々です。

これはかなり持参して大正解でした。

ペットボトルの麦茶も旅行中に自販機で買うより事前にスーパーで買っておけば安いです。

5本くらい買って、親用と息子用にして持参しましたが良かったです。

部屋は和室と洋室がくっついたような部屋にしてくれました。

ベッドもありましたが、息子の転落防止のためにも和室に布団で寝ました。

また部屋風呂もついていたため風邪気味の息子は温泉よりそちらで入れて助かりました。

このタイプのお部屋は0歳の旅行時もそうで、小さい子連れには最適です。

食事は夜ご飯はお子様ランチを頼みましたが、朝はバイキングでとても良かったです。

息子はパンにバナナ、ヨーグルト、牛乳などいつも通りの朝食を取れました。

御飯も選べるならばやはりバイキングが小さい子には最適だなと思います。

また赤ちゃん椅子も晩御飯の座敷でも、バイキングのテーブル席でも用意してくれました。

その辺りは心配しなくてもさすがホテルだなという感じでした。

設備については心配な場合は事前の下調べや問い合わせが良いですよ。

これから小さい子連れで旅行に行かれる方の参考になれば幸いです。

義理実家と初旅行レポートその2〜1歳でも楽しめるプラン〜

前回の旅行レポートの続きです。

テーマパークで楽しみ、ランチを済ませた後はみんなで芋掘りに行きました。

フルーツ狩りなど何か自然に触れ合うようなのが息子にもさせたいなと思い色々考えました。

でも息子はフルーツはバナナ以外あまり好きではないので、芋掘りにしました。

芋掘りなら息子の大好きな砂もいっぱい触れるし、もってこいでした。

旅行中の持ち運びも芋なら腐ることなく車に乗せておけます。

それにふかし芋や天ぷら、スイートポテトなど息子もたくさん食べられます。

芋掘り前はスコップをいち早く握りしめ砂を掘る真似をしてやる気満々でした。

いざ畑に入ると、スコップを掘り投げて砂をたくさん素手で触り楽しんでいました。

おじさんにもここは幼稚園児とかも芋掘りにくるから砂は無農薬だし安心だよと言ってもらいました。

大人たちは6株を5人で掘り続けましたが、これが結構な重労働でした。

ゴロゴロと大きなお芋がたくさんビニール袋2ついっぱいにとれました。

私は小さい頃からよく家族で芋掘りに行っていたのでかなり懐かしさにテンション上がりました。

みんな汗だくでもう充分と言う中、まだあるはずとかなり深く掘りました。

執念でたくさんの芋をGET出来て幸せなお土産でした。

ちなみに3株で700円というお値段でした。

体験も出来てお土産も袋いっぱいにつくのでかなりお安いと思います。

みんなでいい汗をかいた後はいよいよ目的地温泉へ向かいました。

息子は車内でしばしお昼寝をし、大人たちは着いたら早速温泉で汗を流しました。

ひと汗かいた後のお風呂だから最高だねとみんな喜んでいました。

その後夕飯は個室を貸切で義父の還暦祝いを兼ねて宴会でした。

夕飯を食べたら部屋でゆっくりリラックスして、また朝には温泉を再度楽しみました。

朝は朝食バイキングを満喫し、ホテル内散歩、お土産街散策とゆったり過ごしました。

そしてチェックアウトしてからは直売所などに行き、地元野菜や新鮮なお肉などを買い帰宅しました。

息子の体調が風邪気味だったのもあり2日目はお昼くらいで解散となりました。

が1歳には充分すぎる楽しい満喫できた旅行になりました。

旅費も義理実家持ちだったのでお土産代くらいで1万円も使わずして行ってこれました。

本当にありがたい限りで、私もゆっくり温泉でリフレッシュさせてもらえました。

1歳連れでは近場というのが一番移動が短くて良かったかなと思います。

また食事のことや部屋のこと、便利だった旅行アイテムなどを次回に書きたいと思います。

息子の成長〜ジャングルジムに興味&色んな真似をし始めた〜

1歳9カ月を迎えた息子ですが、最近またぐんぐん成長している感じがします。

まずは家にある室内用のジャングルジムに興味を持ち始めました。

我が家のジャングルジムは滑り台とブランコとセットになっています。

今までは滑り台にしか興味がなく、ブランコはたまに楽しむ程度でした。

ジャングルジムにつかまらせてみても登ったりつかまったりせず興味なしでした。

ところが最近になってふと見たらジャングルジムの中に入ろうとしていました。

どうするのだろうと見ていたら、つかまって登り始めました。

見ているこちらがヒヤヒヤですぐに落ちかけたらサポート出来るようにして見守ります。

よく見ていたら面白いことにジャングルジムってすごく頭を使ってするんだと発見しました。

息子はまだ要領がわからないので足と同じバーに手もつかまろうとしたりします。

でもそれでは体制がキープできず落ちてしまいます。

それで登れないと気づいた息子は次第に手は上の方のバーにつかまるようになりました。

そこからどんどん登る感覚を身につけていき、次はどのバーに足を乗せるかを考えていました。

試しに乗せては違うバーに足を移したり、手の位置を変えたりと試行錯誤していました。

こんなふうに脳トレみたいになってすごくいい遊びなのではと感じました。

30分くらいしたらマスターした様子で一番上まで登れていました。

途中何度か落ちかけて私がキャッチしたりもしましたが、めげずに頑張りました。

新しいことに興味をもちチャレンジできたことはすごい成長だなと嬉しくなりました。

また手をパチパチしたり、ママママと言ったりするとだいぶ真似るようになりました。

今までもこれらのことは自主的には出来ていたことなのですが、真似てはしませんでした。

私がしてからやって見せてと言っても、自分がしたい時しかしませんて感じでした。

それが私や主人に続いて真似るようになったのはだいぶ前進した感じがします。

この調子で色んなことを真似て習得して喋ったり出来るようになったらいいなと思います。

今日はとくにパチパチにはまっていた日だったのかやたらに手を叩いていました。

偶然よく行くスーパーのレジの方に外で会い、その方が息子にこんにちはと言ってくれました。

いつもなら無表情無視かニヤっと笑うだけという反応が多い息子です。

しかし今日はニコニコっと笑って手をパチパチしました。

その後もその方と目が会うたびに笑ってパチパチを繰り返していました。

言葉はまだ喋れないけど息子なりにコミュニケーションしている様子でした。

そんな様子も見られてすごく成長を感じた日となりました。