野菜を腐らせない冷凍保存の活用で節約に


先日またまたすごく安い八百屋を発見してしまい野菜を爆買いしてしまいました。

スーパーだと安いけどシニャシニャで値段相応だなみたいな野菜もありますよね。

しかしその八百屋さんの野菜は新鮮だし綺麗だし大きいしでびっくりでした。

例えば小松菜は2袋で100円、バナナも2袋で138円、大根2本で100円でした。

この2つセット売りされてるのが、見切り品とかでもなく安くて驚きでした。

さらにはナスが10本入って一袋138円、青ネギも極太長いのが大束になって100円でした。

こんな風に1ついくらで売られてる野菜も量がたっぷりずっしりでした。

キャベツやレタスも100円で、ずっしり大きいのが買えました。

毎日通いたくなるくらい夢のような八百屋さんでした。

結局他にもあれこれ買いついスーパーの袋2つぱんぱんになるほど買いました。

それでも1600円と言う驚きの安さだったので大満足で帰宅しました。

しかしながら、私はついうっかり忘れていました。

なんとその大量の野菜を買った3日後に実家に帰省する予定だったのです。

しかも2泊3日で、もう葉物野菜なんかはシニャシニャになってしまいますよね。

急いで食べなきゃと言っても限界があるので、一部冷凍保存にすることにしました。

冷凍にしたら新鮮さが味わえず残念に思われるかもしれませんが、実は意外と良いのです。

冷凍することによって、野菜の旨みが増したり調理がしやすくなったりするんです。

まずは大根を冷凍保存していきます。

大根は皮をむいて厚い輪切りにしたら水気を拭いてジップロックにいれます。

大根は実は冷凍した方が煮物系には向いているそうなんです。

というのも冷凍により細胞が壊されて柔らかくなり味が染み込みやすくなるそうですよ。

なので厚めの輪切りにして煮炊きするメニューに使えば抜群ですね。

長期野菜室保存だとすがたったりして美味しく食べれなくなりかねません。

なので大根はこの方法で1本冷凍しておきました。

次に小松菜ですが、こちらも3.4cmにカットして水気を拭いてジップロックにいれます。

こちらも生のまま冷凍することにより栄養を茹でたりして逃すことなくキープです。

また食べるときはお浸しやスムージーなどにして食べるのが向いているそうです。

そしてきのこ類はなんと冷凍したら旨み成分がアップするそうです。

冷凍保存でアップするなんて長期保管も出来て一石二鳥ですよね。

古くなると色が変わったりぬめりが出るので冷凍保存にしました。

ほかにも青ネギも小口切りにして水気を切ってジップロック冷凍保存にしました。

これでだいぶ野菜が冷凍保存され、実家から帰ってきたら時短料理にも使えそうです。

無駄なく食べ切れるし節約のためにもとてもオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です