遊園地にお得に満喫するためのテクニック


先日遊園地の入園チケット2枚が当選したので行ってきました。

地域系情報誌のプレゼント応募で当選しました。

私はくじ運というのがあまりないタイプで滅多に何に応募しても当たりません。

でも地域系情報誌ではランチチケットが当たったり子どもの写真掲載権が当たったりもしてます。

ということは、全国的な応募懸賞より地域系は当たりやすいってことですね。

考えてみれば、そりゃ分母が小さいから当たりやすいんでしょうね。

というわけで地域系のプレゼント応募とかは要チェックをオススメします。

今回当たった遊園地は大人1人入園が1400円かかります。

なので、なんと大人2人分で2800円浮きました。

また子どもは2歳まで無料入園できるので、1歳11カ月の息子はセーフです。

家族3人無料で入園できてしまいました。

中ではアトラクションに乗るたびに1回何円というシステムでした。

まだまだアトラクションの楽しさがわからない息子ですので、お散歩がメインでした。

中にはアスレチックパークみたいなところや可愛いモニュメントがあり十分無料でも楽しめます。

ただ何も乗らないのもなんなので、汽車みたいな乗り物に乗りました。

こちらも2歳以下は無料で、主人と私は400円ずつで計800円でした。

がたんごとんという汽車の絵本が好きなので、動き出すと景色を眺めたり楽しんでいました。

それからもう1つアンパンマンのミニ観覧車みたいなのにも乗りました。

アトラクションに乗る時の節約法は親がどちらか1人だけ付き添うというやり方です。

こちらは300円でしたので主人と私が乗ると600円になってしまいます。

が主人は写真担当にし、私と息子が乗れば半分で済むんですよね。

この方法を繰り返せばアトラクション写真もどちらの親とも取れるからいいなと思います。

ちなみにアトラクションは以上で、あとはゲームコーナーで200円使い計1300円でした。

乗り放題パスだと3000円かかるのでいい感じのチョイスでいけたと思います。

他の節約法としては、お弁当、おやつ、飲み物は全て持参することです。

パーク内はあまりめぼしいのがなかったりもしますし、あっても割高なケースが殆どです。

実際に自動販売機でさえも普段130円で買えてるのが160円とかでした。

わずかな差額も家族分となるとチリツモになるので、是非持参がおススメです。

安いイメージのない近くのコンビニで買ってから入ってもその方が得なこともあります。

結局中では有名な唐揚げ屋さんが出店してたので、そちらに飲食費は500円だけでした。

あとは車の駐車代金が1500円で、結局出費は3300円で済みました。

しかもこのお値段で夜はイルミネーションまで見れてラッキーでした。

少しの工夫で出費を抑えられますので是非参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です