家族旅行2日目レポートその2〜三重県〜


家族旅行2日目レポートの続きです。

伊勢をいよいよあとにして、14:30頃同じ三重県でも桑名市を目指して走り出しました。

次の目的地はなばなの里で、期間限定イルミネーションを見に行きました。

伊勢から下道で約2時間半くらいの移動でした。

高速を使うと1時間半くらいで着くのですが2000円以上高速代がかかります。

イルミネーション点灯時間は17時過ぎで、たっぷり時間はあったのでドライブを兼ねて下道にしました。

主人ばかりの運転だと疲れるので、行き帰りの高速は主人が運転しました。

そして伊勢鳥羽の移動と、この桑名市までの下道は私が運転しました。

夫婦で分けて運転すれば長距離ドライブも疲れが軽減出来ていいですね。

伊勢市から桑名市までは、松阪市や津市、鈴鹿市、四日市市などを通過北上していきます。

松阪市はさすが松坂牛の地元というだけありたくさん焼肉屋さんがありました。

津市は三重県の県庁所在地と言うだけありかなり街並みが都会でした。

そんな感じで、通り過ぎるだけでも色々な街の景色が車窓から観光でき楽しめました。

目的地桑名市なばなの里に向かう途中コンビニに立ち寄りました。

実はファミリーマートかセブンイレブンならなばなの里入場の前売りチケットが買えるんです。

割引はなく1人2300円なのですが、
前売りは当日買っても使えるんです。

イルミネーション時期はチケットを買うブースが混み合っていたりもします。

なので前売りを買っていれば並ばず直接入場ゲートに向かえるのでおススメです。

17時過ぎに駐車場に着き、こちらは駐車場無料なので助かります。

みんなでヒートテックを着たり、息子はスキーウェアを着たりしっかり対策して向かいます。

予想通りチケットを買うブースは並んでいましたが、私達は楽々入場でした。

イルミネーションはとても綺麗で、息子も光に手をパチパチさせて喜んでいました。

今年は熊本のくまもんとコラボした光のアートもあり息子も釘付けでした。

なばなの里では自撮り棒を持っている人がたくさんいましたが私は人に撮影を頼みました。

やはり自撮りよりその方が綺麗に撮ってもらえるしいいなと感じました。

入場料2300円はお高く思うかもですが、実は1000円分の金券が含まれています。

それは中のレストランなどで使えるので、晩御飯を兼ねてご飯を食べました。

ハンバーグとパン食べ放題が1300円だったので、現金としては300円で食べれました。

主人も同じのにし、息子は680円のお子様セットにして、3人で1280円で済みました。

中でご飯まで済ませられて子連れにはありがたかったです。

帰りは高速を使い2時間ほどで、21:30には帰れました。

1泊2日にぎゅっと詰め込んだ旅行でしたが、たっぷり楽しめました。

息子0歳の時の旅行に比べると何でも食べられるので食事面がとても楽でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です