実家帰省中の息子の成長〜動物の鳴き真似に興味津々〜


実家に2泊3日で息子と帰省していて毎日お出かけ三昧しています。

昨日は着くなりお城を見に城下の公園に行ったり動物園に行きました。

お城にはやはり1歳では興味を示さずですが、動物園の方はそろそろ反応があるかなとワクワクでした。

入園してすぐのゾーンは、リスザルなど檻に入った小さな動物エリアでした。

動物が小さいしあまり動かない上、檻が金網みたいになっていてかなり見にくい感じでした。

そのせいか息子は興味を示さず、むしろ見えているのかと言う感じでした。

そのようなゾーンが続いた後は象のエリアに来ました。

象ならかなり大きいし、柵は大人の肩くらいまでだから抱っこすれば息子もかなり見えます。

これならかなり興味を示すかなと思いきややはり興味なしという感じでした。

そのあとしまうまやキリンなどわりと大きくて見えやすいゾーンに行きましたがいまいち興味を示さずでした。

やっぱりまだ早かったのかなと思いながらもペンギンのエリアにやってきました。

すると大興奮で柵にしがみついていたので、これはかなり興味ありだと思いました。

が、おそらく水が好きなのでペンギンのプールに反応していたのだと思います。

そのあとアシカのいないアシカプールにもかなり興奮していましたので確信しました。

ゆういつアヒルのところには少しくいついてガン見したりしていました。

が、羊などふれあい動物コーナーでも触りたくないという様子でしたし全体的にいまいちでした。

やっぱりまだ息子には動物園早すぎるのかななんて思いながらも買物などしに行きました。

そして帰るときに動物園横の駐車場に車を取りに向かう時のことです。

猿のエリアから猿がキキーっと鳴く声がしました。

すると息子がすかさずキキーっと鳴き真似をしたのです。

この時はまぐれかな?と思いつつも、少しは刺激になったねと喜んでいました。

翌日某動物と触れ合えるパークにまた行きました。

そこには羊やロバなどがいてメェーとかバァーとか色んな鳴き声が飛び交っていました。

すると鳴き声を聞いたら息子がケラケラと笑いだしリピートし始めました。

メェーと鳴くたびにキャッキャとリピートしながらはしゃぐ息子にもう感激しました。

やはり無駄なことなど1つもなく全てがいい経験となり、蓄積されているんだと感じました。

そのあとも豚や猿などがいて、ブーブー、キーキーとかなり鳴き真似をしていました。

とてもいい笑顔をして、たくさん楽しめた息子を見て本当に嬉しくなりました。

今まで動物に興味も示さなかったし、反応がたくさん見られて成長を感じました。

動物園にしばらくは頻回に通ってみようかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です