初めて主人と息子2人きりの外出と1日留守番


今日は私にとってすごく嬉しい記念日となりました。

念願の主人と息子2人きりの外出がようやく実現したのです。

兼ねてから一度2人きりで外へと願っていました。

でも主人からしたら不安が大きかったようでなかなか私と一緒にしか息子を連れて出れなかったのです。

たしかに我が家の息子はとてもやんちゃでどこでも走り出すタイプなので労力も人一倍です。

でも私に何かあったら2人きりで行動してもらわないといけない日が来るかもしれません。

そんないざな時焦らなくて済むように、私は近場の公園10分からでもいいから練習をと願っていました。

1歳10カ月にして、ようやくそれが叶ったのでした。

というのも偶然ですが、母からランチクルーズの誘いを受けたのです。

商店街の福引きで当たったそうで、2名なので私と行きたいとのことでした。

そのためには息子を預ける必要があり、主人に言うと行っておいでと快諾でした。

しかしながら、ランチクルーズは2時間で、行き帰りに往復3時間かかるしという状況でした。

まさに朝出て夕方帰る状況で、一日保育をお願いするような状況でした。

主人は家で留守番しながら息子を数時間は見たことはあります。

でも一日中というのは初だし、息子と一日中家にこもるのは大変です。

間が持たないというのもあるし、息子が絶対外に行きたがるのは目に見えてました。

外出さらに昼ご飯もおやつも食べさせないといけないし、昼寝まで大仕事です。

それを果たして主人1人で出来るのかという不安はありました。

が、いい機会と思い、やる気満々なので任せてみることにしました。

朝に公園に行く方が、昼寝しやすいことを伝えたり、昼ごはんは温めるだけに準備したりしました。

とにかく準備だけして困ったら電話してと出かけました。

結果はなんと全く問題なく1日過ごせたようで、拍子抜けしてしまうくらいうまくやっていました。

聞けば朝から公園に連れて行き45分たっぷり遊ばせたようです。

怪我や事故もなく無事に帰り、主人は立ち食いでランチをかっこみ息子に食べさせてあげたそうです。

そして手こずりながらもなんとか昼寝の寝かしつけをして自分も寝てしまったとのことでした。

息子が幸い2時間も昼寝してくれたおかげで主人もゆっくり眠れて、起きたらおやつを一緒に食べたようです。

私がいなくても電話が鳴ることもなく男2人で一日充実して過ごせたことにとても嬉しくなりました。

息子も主人もどんどん成長しているんだななんて頼もしく思えた日でした。

公園で写真まで撮れていたので、主人の余裕っぷりがとても伝わりました。

ランチクルーズについては次のブログに書きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です