保育園園庭開放にて芋掘り体験


先日いつも一時保育に行っている保育園で芋掘り体験が有りました。

一時保育にはよく行きますが、園庭開放は久しぶりでした。

園庭開放で遊んだ後にみんなでお庭でお弁当を食べて芋掘りするという盛りだくさん企画でした。

息子は一度先日の旅行時に芋掘り体験はしましたが、良い機会なので参加しました。

お弁当をピクニックシートで食べるのですが、それが少し心配でした。

息子はじっとしていられないタイプなので椅子やベルトがないシートに座れるかなと不安でした。

走り出してしまわないかドキドキだったのですが、なんと最初から最後まで座って食べ終えれました。

もうこれには感激しかありませんでした。

1人座りさせるとごそごそしようとしていたので、膝に座らせました。

それでフォークをもたせたら、おかずやご飯をすくうのに集中していました。

その間に私が横から食べさせていくと、綺麗に完食出来ました。

お友達親子と新しいママ友さんもできてとても楽しいピクニックランチでした。

それから芋掘り体験だったのですが、あまり土は触りたくない気分だったみたいでした。

結局私が2つほど掘り当てて、それは後日の園庭開放で食べれるみたいなので楽しみです。

息子も食べることは大好きなのできっとお芋には大興奮かと思います。

園庭開放の遊びの時間には、かけっこしたり砂遊びをしたりしてました。

不思議なのは砂場の砂は好きなのに、畑の土は嫌みたいなんですよね。

多分しっとりした土が感触が苦手なのかなという感じです。

砂遊びの時は、スコップで砂をすくいお皿に入れるというのをひたすらしていました。

でもふと思ったのが、スコップ出来るようになったんだーということでした。

前まで園庭開放によく行ってる時は、砂場でスコップをもたせても全く使えずでした。

すくうという動作が教えても一緒にしてもなかなか出来なかったんです。

それからしばらくは体を動かす方が好きになり、外でもかけっこや遊具遊びばかりでした。

それでかなり久しぶりの砂場遊びだったのですが、いつのまにか上手にスコップをマスターしていました。

おそらく、砂遊びしてない間に家のお風呂で洗面器でお湯をすくったり、スプーンを使えるようになったからでしょう。

スコップじゃなくてもすくうというのを覚えてたから応用出来たのだと思います。

そんな新たな発見が出来て、それもいい機会になりました。

今日のお芋は持ち帰りは不可だったのですが、昨日母からいただいたサツマイモが我が家にあります。

それを息子に見せて、今日掘ったのと同じだよと教えてあげたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です