ベビースイミング初の水中撮影会に参加


先日息子のベビースイミングで初の水中撮影の日がありました。

水中の写真なんて自分自身も撮ったことがないくらい珍しい経験です。

なかなかない機会なので、これは絶対参加したいと体調管理に気をつけてました。

その甲斐あってか無事参加できて、とても楽しめました。

まずはどんなカメラを使うのかと思っていたら、案外見た目は普通なデジカメのようなカメラでした。

私が知らないだけで今は防水以上の耐水のカメラが出てるんですかね。

いずれにせよなかなか自分自身で撮影は難しいと思うので嬉しい経験ですね。

早速撮影会が始まると、まずはみんなで1列になって親が抱っこしながらプールを回ります。

そこをコーチが親子1組ずつ撮影していくという感じでした。

抱っこからビート板バタバタ、ビート板座り、仰向け泳ぎなど色んなパターンを撮っていきます。

肩車が水中より上なので13キロ超えの息子はちょっと大変でした。

が、逆に水中じゃないと主人はともかく私はしないだろうから記念になりました。

親から離れるのが怖くて撮れないポーズがある子や泣いちゃう子もいました。

でも息子はやはり水好きなだけあって全てしっかり撮ってもらえたと思います。

そして、みんなで台に乗って集合写真も撮ってもらえました。

そんな感じで、水慣れとカメラ慣れをして、いよいよ水中撮影です。

1人ずつコーチが抱っこして子どもを潜らせて親がキャッチしていきます。

その間の泳いでる風写真をもう1人のコーチが撮影していきました。

潜るのが苦手な水が怖い子は親と一緒に潜って写真を撮っていました。

息子は水中でもバタバタ足を動かして泳ごうという感じで頑張っていました。

そのあとも個々のフリータイムになりましたが、コーチが回ってきてくれて写真を撮ってくれました。

飛び込み台から座って飛び込むところや、フラフープくぐりなど色々しました。

中でもヘルパーをつけて一人で浮いてるところを撮影してもらえたのはすごく嬉しかったです。

というのも息子は水好きではありますが、私から離れるのを結構怖がっていました。

ちょっとでも離すとしがみついてきたり、私の膝に立とうとしたりをよくしていました。

一人で泳ごうというよりは一緒にという感じだったんです。

それが今や壁際やコースロープの辺りに行くと私から離れて自らそちらにしがみつきます。

そしてバシャンと後ろを向いて泳ごうとするので、だいぶ一人でという意識がついたようです。

その点はコーチにも褒めてもらえて、どんどん1人で泳ごうとこれからしだすよと言われました。

ますます成長が楽しみになる楽しい水中撮影会でした。

また写真の出来上がりが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です