コーラを使ってキッチンの水切りカゴをお掃除


今日はキッチンのずっとずっと気になっていたものをお掃除しました。

気になっていたものとは、洗った食器を入れる水切りカゴです。

我が家の水切りカゴはステンレス製なので、かなりサビが出てきていました。

しかも二段式なので上も下もサビだらけになっていました。

毎日水に濡れたものを置くので、どうしてもサビてきちゃうんですよね。

でもそこに食器置いてたら少なくとも微量のサビがついて体内に入ってしまうと懸念していました。

いつもならサビが出てきた時点で、擦っても取れにくくて買い替えてしまっていました。

しかしネットの力はすごいですから、ちょっと検索してみました。

なにやら、コーラが最強というのを見つけて食い入るように見ました。

コーラにつけておくとサビも綺麗になるし、水カルキなんかも取れるそうです。

コーラで済むならと1.5L138円のを1本買いに行きました。

ちなみに水切りカゴを買い替えたら1980円くらいしたので1/10以下で使い続けられます。

早速ものは試しと、水切りカゴのサビついたカゴ部分をシンクに置きました。

シンクに蓋をしてコーラ1.5Lをドバドバとカゴのサビ部分をめがけてかけていきます。

この時大誤算だったのが、1.5Lでは水切りカゴが浸らないという点です。

サビついているのは底の網部分だけなのでそこが浸ればいいやと思っていました。

コーラ漬け置きにしたかったのです。

しかしシンクが広すぎて1.5Lでは浸らず大ピンチでした。

が、ここで買い足しに行くのも面倒だし勿体無いので、キッチンペーパーを用意しました。

キッチンペーパー数枚にシンクに溜まったコーラを浸して水切りカゴに貼り付けていきます。

いわゆる漬け置き作戦から湿布作戦に変更です。

サビが浸るくらいにコーラ湿布をして20分置き、カゴを上下ひっくり返します。

そしてまたさらに裏側にも20分湿布作戦をします。

こうすることでサビ全体にコーラが染み込みサビを落としやすいかなと思いました。

計40分たつと、湿布を剥がしてそのキッチンペーパーでサビを軽く擦ってみました。

すると、サビが弱めに出てた部分とかは軽く擦るだけでスルスル取れていきました。

頑固なサビになっている部分はさすがに取れ切れずだったので上から金束子で擦ります。

頑固なサビも擦るとみるみるとれていきました。

あとは仕上げに熱湯で洗い流せばとてもスッキリ綺麗になりました。

新品とまではいかないけど、これなら充分使えます。

コーラなら安くて飲み物だから洗剤の洗い残しの心配もなくとても良かったです。

頑固なサビにお困りの方、是非コーラをお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です