熱が出て引きこもりせざるを得ない息子と久しぶりのクッキー作り


一昨日夜息子が21時前には寝たのですが23時くらいに寝室からウーという声がしました。

起きたのかなと思い、いつもならまた1人で寝ることもあるのでしばし待ちます。

でも、ウーってうなされたような感じだったのでどうした?とすぐ行きました。

触ると熱々で汗だくで、一瞬にして熱が出たなとわかりました。

すぐに熱を測ると39.1で、かなりぐったりしていました。

とりあえずアクアライトを飲ませて着替えさせて座薬をいれました。

しばらくはしんどくて寝れない様子でしたが抱っこしてたら寝ました。

夜中も何度かしんどくてうなされてましたが、昨日朝には36.8までさがっていました。

でもとりあえず昨日は病院に行き状況を説明して受診しました。

が、今熱もなく咳鼻もないので出す薬もないと帰されてしまいました。

ずっと家にいて夜に38.4が出ましたまでそれまで熱はなく元気でした。

夜に熱が出ても機嫌が悪くなることもなかったので座薬も昨夜はなしで寝ました。

今朝はまた36.8に落ち着き、相変わらず咳鼻もなしで謎です。

夜間の熱だけって一体何なんだろと思いつつ大事をとって今日も自宅安静です。

でも2日も自宅でに引きこもりでは息子も飽き飽きしちゃうみたいで外にでたがります。

もはやベランダでもいいから出せって感じで外に行こうとします。

そこで普段あまりやらない様な遊びでなんとか家に意識を持ってこようとしました。

以前一度した息子とのクッキー作りをまたやってみました。

これは材料も少なく簡単なので本当にオススメです。

材料は小麦粉70g、オリゴ糖30g、バター20gで今日はしてみました。

いつも材料は適当なのですが、だいたい生地がしっとりまとまれば失敗しません。

オリゴ糖は砂糖でも代用できますが、オリゴ糖の方が液体なので生地がまとまりやすいです。

まず大きな耐熱器にバター20gをいれラップして500w30秒チンしました。

その器に小麦粉とオリゴ糖をいれ生地がまとまるまでこねます。

これをラップを机の上に敷いた上にボンと置き、またラップを上にして綿棒で生地を伸ばします。

こうすることで麺棒を洗わなくてすみ楽々です。

生地を伸ばす過程から今日は息子にも手伝ってもらいました。

とてもニコニコしながら一緒に麺棒をコロコロさせていました。

生地が伸びたらそのまま冷凍庫にいれ生地を冷やします。

これをした方が生地がほどよく固くなり型抜きしやすくなります。

以前は息子に型抜きを使わせてみましたが、まだ1歳児には難しかったです。

力があまりないので薄い生地にしても型を押し切らないんですよね。

それに型抜きは手のひらに当たる押す部分が平らでないので押すと痛いみたいです。

それで今日はペットボトル蓋で型抜きさせてみたら押しやすそうでした。

型抜きしなくてもちぎったり、まるめたりもいいと思います。

あとはトースターでこんがり焼き上げればおやつにもなり遊べて一石二鳥です。

熱でもパクパク食べてくれる姿にホッとしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です