我が家のご馳走といえばすき焼きです


みなさんのお家で今日はご馳走にしよって日のメニューはなんでしょうか。

お寿司、ステーキ、焼肉色々家庭それぞれかと思いますが、我が家はすき焼きです。

主人も私も間違いなく、鍋メニューの中でも肉料理の中でもすき焼きが大好きです。

親が良いお肉買ってあげるけど何用のお肉がいいの?と聞いてくれる時があります。

そんな時もいつもすき焼き用のお肉って迷いなく答えちゃうんですよね。

そんな我が家は普段牛肉を買わないので、だいたい親が買ってくれた時がすき焼きの出番です。

先日義母と買い物に行ったらお肉が高いけど美味しいと有名なお店があり買ってくれました。

なんと300gで4000円越えです、が、それが2980円にセールしていました。

しかしながら100g1000円ってなかなかいいお値段ですよね。

早速すき焼きにしたのですが、ふとみなさんはすき焼きの時どんなレシピかなと気になりました。

すき焼きのタレを使う方もいると思うし、炊き方もきっと家庭それぞれですよね。

我が家の場合はタレは使わず、醤油、砂糖、みりん、さけで仕上げます。

そのレシピを覚え書を兼ねて書いておきたいと思います。

まず鍋を温めたら、牛脂を1つ入れます。

牛脂を溶かしてのばしたら牛肉をドバッと入れて上から砂糖を大さじ3くらいかけます。

醤油も同じくらい回しいれこの状態でお肉が赤くなくなるまで蓋をして放置します。

なんでかわからないけど、母がこの作り方だったので受け継いでいます。

あかいとこがなくなったら蓋を開けて、お肉を寄せたら野菜を入れていきます。

野菜は白菜、白ネギ、椎茸、しめじ、えのき、もやし、大根、ジャガイモ、玉ねぎが定番です。

きのこ類はエリンギや舞茸があればプラスすることもあります。

大根とジャガイモは火が通りにくいためあらかじめ切ったらチンしてから入れます。

その他の野菜は菊菜か水菜かどちらかを緑系と呼んでいて安く買える方を入れます。

菊菜の方が好きですが、季節によっては高いので水菜にしたりします。

その他には、ちくわ、ゴボ天、豆腐、糸こんにゃく、マロニー、おふなどを入れます。

このその他メニューはあるものだけ入れる感じです。

これらのをパンパンにつめこんだらみりんとさけをドバッとかけて蓋をします。

しばらく炊いたら野菜からの水分が出てきていい感じにつゆだくになります。

あとは味見をしながら足りない調味料を足していく感じです。

醤油辛いならさけやみりんをプラスしマイルドにしたり、砂糖で甘みを足したりと言う具合です。

結構はからずアバウトに入れてもなんだかんだいつも美味しくし上がるすき焼きが大好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です