息子の成長?!〜ひっつき虫のあまえんぼうモード全開〜


1歳9カ月になった我が家のやんちゃな息子です。

風邪をひいてからもう2週間になりますがいまだに鼻咳を引きずっています。

今回の風邪はなんだか特殊というか厄介で最初は熱だけだったんですよね。

しかもパッと高熱が出てパッと下がるを繰り返していたもんで、病院でも薬が最初出ませんでした。

それがあとから鼻がでたり咳がでたりグズグズしてきて結局4回も病院に行きました。

薬がなくなったりして再度という感じで行くと症状が変わってて先生もびっくりって感じでした。

そんな感じで長引くので、私も外に息子を出せずずっと家遊びばかりでした。

外に遊びに行きたくてストレスが溜まったのか息子に変化が出てきました。

ものすごく私にくっつき虫でべったりするようになったのです。

例えば今までならお気に入りのテレビを見せてる時なら離れて家事をしてもテレビに夢中でした。

それが立ち上がるだけでぐずりだし、1 5歩先のキッチンに行くだけでギャン泣きになりました。

追いかけてきてくっついたり私を押したりしてひっくり返ってギャン泣きしたりします。

それで家事を諦めて抱っこで一緒にテレビを見て集中しだしたとこでおろすとガシッと腕を掴んでたりします。

トイレや洗面所に行こうものならギャン泣き大暴れで大変です。

なのでドアを開けて一緒に行くか、私がいないと気づいてもこちらに来れるようにしてます。

あまりここまでひっつき虫になることって今までなかったのでびっくりでした。

でもきっと、病院くらしか外に行けず、その病院でもギャン泣きでストレスなんでしょうね。

それに私と2人きりが多いからあまえんぼうになってきたのかなと思います。

元気なら一時保育やスイミング、園庭開放などみんながいるとこに毎日出かけていました。

それが毎日のように2人きりの時間が増えてしまったら息子なりに環境変化に戸惑いが出てるのかもです。

ただ私的には息子にも愛着表現豊かな部分が見れたなと嬉しい気持ちもあります。

一時保育に預けても一度もママーと泣いたりしない息子でしたのでなんか嬉しくなってしまいました。

必要とされてるというのか、マストな存在と思ってもらえるのはやはり幸せです。

ギャン泣きは大変ですが、しっかりと向き合ってあげたいなと思いました。

てなわけで成長なのか一時的なものかわかりませんが、最近の息子の変化でした。

そんな今日の夕方は鼻咳が少しおさまったので、少しだけお外に出してあげました。

久しぶりに走り回れるのがよほど嬉しかったようでずっと声をあげて走っていました。

そして帰宅したらやっぱりギャン泣きがなかったんですよね。

やはりストレスが発散されたんでしょうかね。

またぶり返しのないよう気をつけながら徐々に外に出て行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です