イヤイヤ期のはじまり?のような1歳9カ月息子と対処法模索


ついにと言うのかイヤイヤ期らしきものが始まりました。

イヤイヤ期って2歳くらいで起こるみたいで、名前の通り何もかもイヤイヤなんですよね。

本人もなんでかわからないけどなんだか気に入らない、なんだかイヤって感じみたいです。

脳の成長に伴い通る道みたいなので、受け入れてあげたいとは思うのですが


なんせどんなときもイヤイヤになると、どうしてもママだってイライラしがちです。

自分に余裕がある時間なら寛容になれますが、なかなかそんな時間ばかりではないですよね。

我が息子のイライラ期はどうなるんだろうと時々考えていました。

先日風邪をひいて引きこもり気味になったのもありイヤイヤ期らしいのが巻き起こりました。

とにかく機嫌が悪くて、何かでつってあやしてもすぐにまた不機嫌になるんです。

例えばおもちゃでご機嫌に遊んでいたのに急にひっくり返って泣き出したりしました。

その時も後ろを確認せず思いきしひっくり返って泣くので頭を床にうちギャン泣きです。

二次災害的な感じでギャンギャンギャン泣きでした。

なんとか抱き上げようにも、抱っこすらイヤイヤでのけぞり抵抗します。

それによりまた床に落ちそうになり危うく三次災害になりかけました。

が、そこはなんとか防げて、抱っこも立つのは危険すぎるので座ったままあやします。

それでもダメで、次々に物を渡してみます。

お菓子、牛乳、絵本、うちわ、おたまなどとにかく息子が興味を持ちそうなものを探します。

が、間違えるたびにギャン泣きが増していきます。

おたまを渡しているあたりでついに私も焦っているのがよくよくわかります。

結局息子にとって正解は、ヨーグルトのふたでした。

ヨーグルトをあげようとしたら、ヨーグルトはいらんって感じでふたをもぎ取りました。

そしたら今までが嘘みたいに、ニコニコ遊び始めたのです。

びっくりしましたが、やれやれと、正解が難しすぎるという苦笑いでした。

多分この正解はぐずりのたびに変わるんだと思われますし、なかなか大変なイヤイヤ期です。

1日に何度も巻き起こるので、ついに使える対処法がみつかりました。

それは一時的に和室の真ん中布団を広げた上に寝かせてその場を離れるというものです。

布団に寝かせるのは暴れて頭を打ったりしないためです。

また我が家の和室は物が皆無なのでぶつかったり投げたりの危険がないのです。

その部屋に一時的に1人になって、落ち着くまで少し離れるというのが1番効果的でした。

1人にしてもかわいそうとも思う方もいるかもですが、イヤイヤな時は何も通用しません。

構えば構うほどイヤイヤが連鎖するので、切り替わるまでそっとしてあげるのが1番早いと思われます。

戻ったらたくさん抱きしめてあげて、こんな方法もいいかなと思いました。

ホッと一息に、最近はグリーンティがお気に入りです。

ママもお茶でも飲んでリフレッシュしながら心に余裕を持ち続けたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です