花火大会に1歳息子を連れての参加レポート


先日花火大会があり主人がどうしても行きたいということで行くことになりました。

まだ息子を連れて大量の人が集まる夜のイベントに行ったことがなく不安もありました。

しかし息子にも花火を見せてあげれたらと思い参加を決めました。

となると、やはり下調べと作戦会議が重要になりますね。

打ち上げ場所の近くの会場はすごく混むしオムツ替えやトイレなど容易ではありません。

そこでネットで少し離れた場所で花火が見られる穴場スポットを探しました。

するととあるショッピングモールからも見えるという情報がみつかりました。

モールならオムツ替えやトイレも心配ないし、休憩したり食事もできます。

観覧場所はモールに決定し、次は交通手段と動く時間を考えました。

いつもなら息子を連れては90%以上が車移動の我が家です。

しかしながら道も駐車場もこの日は激混み必須だろうし時間がかかると見ました。

モールの駐車場から出るのに渋滞して駐車料金が膨れ上がるのも懸念しました。

それなら電車の方が運賃はしれてるし、時間を考えればそこまで混まずに乗れると判断しました。

それに普段あまり乗らない電車を見せてあげたいし乗せてあげたいと思いました。

主人と3人ならまだ私と息子だけの日より心強いしいい機会なので電車にしました。

時間帯はもっとも混むのは花火開始直前から1時間前くらいかと予想しました。

早く行ってる人もいるだろうけど、割と開始前にいっせいに流れ込むイメージがあります。

そこで私たちは開始2時間半前に出て、開始2時間前くらいにはつく計画で出ました。

計画通りに出れたため、かなり電車はすいていて座れたし最寄駅もまだ混雑はマシでした。

ただ帰りの切符を先に買おうとしたら行列ができていてそれには少し並びました。

電子マネーがあると切符買わずに済むので用意しておけば便利だと学びました。

ただしチャージは前日までに済ませておくのがベストです。

帰りの切符に並んだのと、花火開始前に食事を済ますのにモールのレストランに少し並びました。

やはりみんな考えることは同じようですね。

それでも開始1時間前までには晩御飯も食べ始められて、開始の15分前には観覧場所に移動できました。

打ち上げが始まると息子も興味津々に見ていました。

時折興奮したように手足をばつかせたりして喜んでいるようで見にきた甲斐がありました。

帰りは終了30分前には帰路につきました。

全て見れないのは残念でしたが、子連れで少しでも見れたら大満足でしょと話し合いました。

その作戦が功を奏し、帰りもすいすいの電車で難なく帰ってこれました。

早く帰ったので近くの駅で3人でお茶をしてから帰りました。

息子と主人と3人お茶をするのは初めてでなんだかそちらもとてもワクワクしました。

計画のおかげで楽しくイベントに参加できていい思い出が出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です