時間もお金も節約になったある病院での話


2.3日前にまた息子が風邪をひきました。

39度の高熱が出たもののいたって元気で特にぐずりもなく遊んでいました。

症状としては鼻水だけだったので、ちょうど休日だったのもあり病院を受診するか悩みました。

小児救急相談のダイヤルに電話し、状況を説明し受診すべきか尋ねました。

結果機嫌がいいなら水分多めに取らせて翌日の小児科外来に行けばよいとのことでした。

なのでその日はアクアライトをたくさん飲ませて、様子を見ました。

ストックの座薬もあったので、安心感がありました。

結局翌朝まで座薬を使うこともなく、37.8まで下がり小児科に行きました。

風邪だねとの診断でホッとし、薬でそのまま熱は下がりすっかり元気になった息子です。

しかしながら毎度のように私がうつってしまいました。

いつも息子の風邪をもらってしまう弱い母ですが、早めに薬をもらいに病院に行くことにしました。

息子の小児科は総合病院でかなり大きな病院で、以前もらい風邪の時は私もその内科を受診しました。

小児科と内科2人同じとこで済むのは楽でありがたかったです。

しかし今回は私だけ受診なので、徒歩2分くらいの小さなクリニックに行くことにしました。

息子が生まれるまではそこが私の行きつけでしたが息子を連れては初でした。

なんせベビーカーも持っては入れないほど小さいので自然と総合病院に行ってました。

9時から開きますが、8:30くらいから受付はしてくれるので行ったら1番でした。

9時まで徒歩2分なので一旦帰りゆっくりしてからまた息子を連れ向かいました。

抱っこで入ると席は満員御礼ってくらい埋め尽くされていましたがすぐよばれました。

自分がされると思いギャン泣きの息子をかた脇腹に抱っこしたまま受診でした。

しかしこちらの先生は服の上から鼓動音が聞ける聴診器を使ってはるので楽々受診出来ました。

あまりに泣く息子を見てか先生が薬局に薬をもらいに行くのは大変だろうと言いました。

そしたら院内処方にしてくれるということで診察は終わりました。

今まで知らなかったのですが、そのクリニックは院内にも少し薬が置いてあるようです。

いつもは処方箋をもらい薬局に行ってましたが、院内処方の場合処方箋がいりません。

なので安く済む場合が多いみたいですし、何より薬局に行く手間がなく助かりました。

結局診察から会計と薬をもらうまでものの10分ほどで終了しました。

いつも総合病院なら1番に行っても会計を長らく待ち薬局へ移動し1時間はかかります。

それが10分という早さに加え5日分の薬込みで1500円足らずという時間もお金も節約になりました。

院内処方されてる病院が見つかれば小さな子連れの方は助かるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です