子どもの持ち物名前書きに便利な100均アイテム


いよいよ今週から息子の一時保育が始まります。

まだ言葉もほぼない息子ですが、集団生活が刺激になればと期待しています。

先日保育園からもらってきた持ち物が書いてある紙を見ながら名前書きをしました。

一時保育と言えど着替えから何からかなりの量の持ち物がいります。

少しご紹介すると、着替えは2セット、バスタオル3枚、ハンドタオルとミニタオル2枚ずつです。

やたらにタオル類が多くて驚いています。

バスタオルはお昼寝シーツ用、お昼寝上掛け用、シャワー後用の3枚だそうです。

ハンドタオルは教室と洗面台に各1枚ずつ手拭き用として配置するそうです。

そしてミニタオルは食べる時の口拭き用で、給食時とおやつ時の2枚だそうです。

この食べる時用にはエプロンも2枚入れていきます。

他にも消耗品系はオムツ、ビニール袋、お尻拭きなど数の指定はないですが多めです。

そしてこれら全てに名前書きをしなくてはなりません。

一時保育でこれなら一体普通に通ってる子たちはどれだけ持ち物があるんでしょう。

毎日通ってる子達は毎日替えを用意しなきゃですからこの何倍も保育園用が必要ですよね。

とまあ初めての経験に驚きつつもワクワクしながら準備し始めました。

しかしここで一つ私の思いとして、服やズボンに名前を直接書きたくない気持ちがありました。

タオルなんかは名前を書いてもゆくゆくは家で使い古して雑巾になり捨てるからいいんです。

でも子ども服ってワンシーズンとかでサイズアウトしちゃうとそのあと使い古せません。

もし下の子が生まれたらお下がりにしたり、友人にあげたりフリマに出したりするわけです。

その時にタグにでも名前があるのはなんか嫌だなと思ったのです。

そしてネットで調べたらすごく安くすみ簡単な方法をされてる方がいたので参考にさせてもらいました。

100均商品たった2つ、わずか200円のコストでできる激安アイデアです。

100均で買うのは、手芸コーナーにある布用ボンドとバイアステープです。

買ってきたらバイアステープを服のタグをぐるりと囲んで余るくらいにカットします。

私は7〜9cmくらいにカットでいい感じでした。

そしてバイアステープをタグの輪っかに通すようにくるりと1周させてボンドでとめます。

あとはボンドが乾いたら油性マジックで名前を書けば完成です。

これならもう着なくなればバイアステープをちょきんと着るだけで名前部分が簡単に外せます。

服やタグは無傷でお古に回せるというわけです。

お名前シールをアイロンで貼り付けるとかもありましたが、こちらの方が手軽でした。

ぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です