ベビースイミング初回参加レポート

今日からいよいよベビースイミングスタートでした。

前回の無料体験ですごく息子が喜んだので即入会したのでした。

12時すぎからなので、ちょうどお昼ご飯やお昼寝をどうするか悩み所です。

無料体験の時はパンだけ軽くいく前に食べさせて参加しました。

着替えたりなんだして帰宅したら14時近くになっていました。

そこからランチだと息子もかなり腹ペコな様子で不機嫌でした。

プール終わりで疲れて眠いのもありグズグズになってしまいました。

その経緯があったので11時半くらいに早めのランチを食べさせていきました。

プールによっては1時間前に食事は済ませてと言われるとこもあるようです。

でもうちはとくに言われなかったので結構始まるギリに食べましたが吐かず大丈夫でした。

一方睡眠は無料体験時も今日も10時代に30分から1時間ほどさせていきました。

これのおかげか全力で体操もスイミングも参加できて良かったです。

次回からも朝にお昼寝を少しして、ランチは先に済ませてから参加にしたいと思いました。

ただ、いつも昼前から昼過ぎにお昼寝が多い息子なので朝寝かすのは大変です。

家にいたらなかなか寝ないので、早朝からショッピングに出掛けました。

プール用のボタンがついたゴムの入ったタオルを買いたかったのです。

ボタン付きタオルがあれば息子にも私にも巻いておけばプールサイドから更衣室の移動が楽だと思ってです。

その買い物のついでに色々とブラブラしていたらウトウトしだした息子はすぐ寝ました。

作戦大成功で30分くらい寝てくれました。

その間にお昼ご飯もフードコートで済ませて、息子も起きたから食べさせました。

今日は主人も一緒に行けたので、プールについてから更衣室で息子を着替えさせました。

そして外に待つ主人に息子を任せて自分が着替えました。

じゃないと息子が走り回って無料体験時は大変だったので助かりました。

主人は見学でしたがそのまま体操のとこにも一緒に入り見ていました。

そこで先生にご主人もプール入ればいいのにと言われました。

えっ、親2人とか入って大丈夫なんですか?と驚いて聞きました。

もちろんokだし、じいじばあばまで入る時もあるよとのことでした。

これにはビックリと同時になんて素敵な待遇かと思いました。

家族で入ればコミュニケーションにもなるし、何人入っても値段変わらずお得ですよね。

プールの方ではバタバタや壁蹴り、ブクブクや顔つけの練習をしました。

またヘルパーやアームエアをつけて泳いだりおもちゃ遊びもしました。

やはり水が大好きな息子は終始ニコニコで楽しんでいました。

見学した主人も息子の楽しんでる姿に感激していました。

帰宅したらもうランチは済んでるので、すんなりお昼寝には入れました。

そのまま家族で3時間も昼寝してしまいました。

でもプールのおかげでとても充実した家族で過ごした日になりました。

一時保育に行ってきましたレポート

今日は1歳7カ月の息子初めての一時預かり保育に行ってきました。

朝から、いえ昨日からドキドキでしたが無事早めの呼び出しもなく半日過ごせました。

そのレポートを残しておきたいと思います。

まず朝は7:30頃息子は起きて、検温と朝ごはんを食べさせます。

これは連絡ノートに体温、朝ごはんメニュー、排便の有無を書く欄があるからです。

連絡事項には鼻水が出てることや昨日病院で保育の許可を得た旨を書きました。

他にも昨夜何時に寝たかを書く欄もあり、細かな健康チェックができるようになっています。

8:30ごろ家を出発し8:50ごろ保育所につきました。

他にもたくさん子どもと親御さんが保育所に到着していました。

みなさんおはようございますと温かく挨拶を交わしてくれてこちらも緊張がほぐれました。

挙動不審だったからかたまたまいた先生に初めての方ですか?と聞かれました。

そして部屋まで案内してくれて以前面接した先生のいるクラスに辿り着けました。

着いたらお着替えはここ、タオルはここ、オムツはここと場所が決まっています。

預かり保育は少人数6人までなので、6畳くらいの小さなお部屋と奥に洗面トイレスペースがありました。

色々親が服などをセットするので、その間息子はおもちゃに夢中でした。

目新しい場所やおもちゃに無我夢中で1度目があいましたがこちらに来ることもありませんでした。

なので先生に少しお話したらしれっと気づかれぬうちに退散してきました。

それからは落ち着かず、常に携帯を見ていました。

最初は慣らしだから1時間くらいで泣いて収拾がつかずお迎え電話がくるかもと聞いていました。

携帯の着信音を最大限にあげていましたが結局12時の終了までかかってこずでした。

お迎えに行くと給食を食べていて夢中で私に2分ほど気づきませんでした。

気づくとふわーんと泣き出しましたが、食い気が勝ったのかすぐ泣き止み食べ続けました。

先生に様子を聞くとママを探して泣くとかは一切なかったようです。

やはり初の集団生活で順番待ちや今はこれをするなど制限のあることもあります。

それには少しぐずったようですが、全てに参加できましたと言われ母としては嬉しかったです。

たくさん遊ばせてもらい、お腹も満たされ帰ると5分で就寝し、3時間近くお昼寝ました。

女の子ににこにこっと近づかれて、ブロックを差し出したりの場面もあったようです。

お友達との関わり合いも少しはあり、やはり息子には集団生活が刺激になるかなと思います。

今日は楽しかったと思ってくれていたらいいなと思いながらまた次回楽しみにしたいです。

先生からの連絡帳が楽しみで嬉しくてとっても温かい気持ちになりました。

ゴミにする前の缶で手作りおもちゃ〜握力強化⁈〜

今日はナッツ缶が食べ終えて空き缶になりました。

ここで捨てる前にひと考えです。

というのも1歳7ヶ月の息子にとっては大ハマりするおもちゃに激変するかもだからです。

最近ハマりのおもちゃと言えば過去にご紹介したように廃材ばかりなのです。

例えば飲み干したペットボトルや飲み終えた牛乳パックなどが大好きなのです。

そのままでも持ち歩いて遊んでいたりもしますが、プラスアルファで大変身です。

今日もナッツ缶をジーッと見ながら閃きました。

ナッツ缶の蓋部分は柔らかいプラスチックのような蓋になっていました。

これなら尖ったものでさしたり切ったりしたらすぐ穴があくなーとピンときました。

そこでプラスドライバーでプスプスと穴をあけていきました。

穴があいたらマイナスドライバーに持ち替えて穴を適度にぐりっと広げます。

するとちょうど子ども用のストローがささるくらいの穴が数カ所できました。

この穴から缶中にストンとストローをいれる遊びができるわと思って作りました。

が、結構この穴の大きさがストローにギュウギュウにマッチするくいの絶妙なサイズでした。

そのためストンとは落ちず、小さな紙パック飲料にストローをプスっとさすときの感触です。

くっと力を入れたらささり、押し込んだ高さでストローがキープされています。

これはこれでいいおもちゃになりました。

というのも息子は集中して穴にさそうとするも力がないため押し込み切らないのです。

今までストローを中におとすのはペットボトルなどでもしているので新しいタイプが出来てよかったです。

ストローをさすことは出来ないけれど抜くことは出来るんです。

ただ抜くときもなんせストローがジャストフィットしているので力一杯引っ張らないと抜けません。

でも力一杯ひくと缶がひっくり返ってストローささったまま転げちゃうんです。

それで私がおさえておいてあげるとどんどん引っ張ってやがて抜くことができていました。

つまんで引っ張るのでかなり手先の握力強化に繋がると思います。

筆圧とかも濃くなりそうでいい練習になりそうです。

やがて何回もしているうちに、缶を抱えるようにして足の間に挟み座るようになりました。

そして自分の足で缶を抑えながらストローを抜けるようになりました。

ちゃんと全身をうまく使って1人でも遊べる知恵を自然と実行したのです。

すごい応用力がついているのだなと感心しました。

蓋の真ん中部分は何かの形にカッターで切り抜いて型はめにしてみようかなと考えています。

またお気に入りおもちゃが増えたようで嬉しいです。

息子の成長〜ちゃと言ってる風&カゴに入るブーム〜

今日もまた1歳7か月の息子の大きな成長が見られた日でした。

今のところ、どっちしか話さないのですが、それも意味はわかっていない風です。

多分どっちの発音が面白くて真似てる風なのです。

このように音真似だけですが、マママママとかバババババとか言うようになりました。

気まぐれで真似しない時もありますが、リピートするようになってきました。

ママやマンマ、ばあばやパパなどといった言葉がもう少しで習得出来るかなと楽しみです。

意味と音が一致するまではまだ時間がかかるかもしれません。

でも少しずつ息子なりのアウトプットがはじまっている気がします。

これが最近の出来事でしたが、今日はさらなる前進がありました。

まぐれかもしれませんが、初めてお茶のことをちゃと言いました。

いつも息子のお茶が入ったマグをキッチンの同じ場所に置いています。

息子はそれを知っていて認識していますが、手が届かない高さにあります。

なのでお茶が飲みたくなるとその場所に行き手を伸ばしてみたりこちらを見たりします。

私を引っ張って連れていくことはないのですが、私はいつもちゃちゃ?と言っています。

ちゃちゃ?ちゃちゃが欲しいの?ちゃちゃって言ってごらんと声かけしています。

しかしいっこうに言う気配はないままずっといたのですが、今日はちゃーと言いました。

初めてちゃという発音をしたし、お茶がちゃと理解して言ったかはわかりません。

そのあとはちゃとは言わなかったのですが、大きな大きな一歩でした。

もしお茶と認識していたら初めて意味と音が一致したアウトプットになります。

これからも見守りながらまた確認していきたいと思います。

それから急に長い時間かごに入るというブームが来たようです。

今までもおもちゃの箱とかたまに入ってることはあったのですが、長時間ではありませんでした。

しかしいきなり洗濯カゴに20分以上入るようになりました。

そこでテレビを見たり、手元をいじったり飽きないもんだなと見ています。

その間はとても大人しいので家事をしたりしています。

普段はリビングから私が出ていくとうーんと半泣きで追いかけてくることも多いです。

が、箱に入ってると出てまでは追いかけて来ませんでした。

なんだか安心するのでしょうか。

カゴに入るときも出るときもカゴがひっくり返らないように足を高く上げてまたぎます。

そんなことも理解してできるようになったんだなと感心しました。

何かに入るのが楽しい時期なのかもなので次は浮き輪でも膨らましてみようと思います。

中に入って楽しんでくれたらいいなと思います。

今日もたくさんの成長を見せてくれた息子に嬉しくなった日でした。

時間もお金も節約になったある病院での話

2.3日前にまた息子が風邪をひきました。

39度の高熱が出たもののいたって元気で特にぐずりもなく遊んでいました。

症状としては鼻水だけだったので、ちょうど休日だったのもあり病院を受診するか悩みました。

小児救急相談のダイヤルに電話し、状況を説明し受診すべきか尋ねました。

結果機嫌がいいなら水分多めに取らせて翌日の小児科外来に行けばよいとのことでした。

なのでその日はアクアライトをたくさん飲ませて、様子を見ました。

ストックの座薬もあったので、安心感がありました。

結局翌朝まで座薬を使うこともなく、37.8まで下がり小児科に行きました。

風邪だねとの診断でホッとし、薬でそのまま熱は下がりすっかり元気になった息子です。

しかしながら毎度のように私がうつってしまいました。

いつも息子の風邪をもらってしまう弱い母ですが、早めに薬をもらいに病院に行くことにしました。

息子の小児科は総合病院でかなり大きな病院で、以前もらい風邪の時は私もその内科を受診しました。

小児科と内科2人同じとこで済むのは楽でありがたかったです。

しかし今回は私だけ受診なので、徒歩2分くらいの小さなクリニックに行くことにしました。

息子が生まれるまではそこが私の行きつけでしたが息子を連れては初でした。

なんせベビーカーも持っては入れないほど小さいので自然と総合病院に行ってました。

9時から開きますが、8:30くらいから受付はしてくれるので行ったら1番でした。

9時まで徒歩2分なので一旦帰りゆっくりしてからまた息子を連れ向かいました。

抱っこで入ると席は満員御礼ってくらい埋め尽くされていましたがすぐよばれました。

自分がされると思いギャン泣きの息子をかた脇腹に抱っこしたまま受診でした。

しかしこちらの先生は服の上から鼓動音が聞ける聴診器を使ってはるので楽々受診出来ました。

あまりに泣く息子を見てか先生が薬局に薬をもらいに行くのは大変だろうと言いました。

そしたら院内処方にしてくれるということで診察は終わりました。

今まで知らなかったのですが、そのクリニックは院内にも少し薬が置いてあるようです。

いつもは処方箋をもらい薬局に行ってましたが、院内処方の場合処方箋がいりません。

なので安く済む場合が多いみたいですし、何より薬局に行く手間がなく助かりました。

結局診察から会計と薬をもらうまでものの10分ほどで終了しました。

いつも総合病院なら1番に行っても会計を長らく待ち薬局へ移動し1時間はかかります。

それが10分という早さに加え5日分の薬込みで1500円足らずという時間もお金も節約になりました。

院内処方されてる病院が見つかれば小さな子連れの方は助かるかもしれませんね。

子どもの持ち物名前書きに便利な100均アイテム

いよいよ今週から息子の一時保育が始まります。

まだ言葉もほぼない息子ですが、集団生活が刺激になればと期待しています。

先日保育園からもらってきた持ち物が書いてある紙を見ながら名前書きをしました。

一時保育と言えど着替えから何からかなりの量の持ち物がいります。

少しご紹介すると、着替えは2セット、バスタオル3枚、ハンドタオルとミニタオル2枚ずつです。

やたらにタオル類が多くて驚いています。

バスタオルはお昼寝シーツ用、お昼寝上掛け用、シャワー後用の3枚だそうです。

ハンドタオルは教室と洗面台に各1枚ずつ手拭き用として配置するそうです。

そしてミニタオルは食べる時の口拭き用で、給食時とおやつ時の2枚だそうです。

この食べる時用にはエプロンも2枚入れていきます。

他にも消耗品系はオムツ、ビニール袋、お尻拭きなど数の指定はないですが多めです。

そしてこれら全てに名前書きをしなくてはなりません。

一時保育でこれなら一体普通に通ってる子たちはどれだけ持ち物があるんでしょう。

毎日通ってる子達は毎日替えを用意しなきゃですからこの何倍も保育園用が必要ですよね。

とまあ初めての経験に驚きつつもワクワクしながら準備し始めました。

しかしここで一つ私の思いとして、服やズボンに名前を直接書きたくない気持ちがありました。

タオルなんかは名前を書いてもゆくゆくは家で使い古して雑巾になり捨てるからいいんです。

でも子ども服ってワンシーズンとかでサイズアウトしちゃうとそのあと使い古せません。

もし下の子が生まれたらお下がりにしたり、友人にあげたりフリマに出したりするわけです。

その時にタグにでも名前があるのはなんか嫌だなと思ったのです。

そしてネットで調べたらすごく安くすみ簡単な方法をされてる方がいたので参考にさせてもらいました。

100均商品たった2つ、わずか200円のコストでできる激安アイデアです。

100均で買うのは、手芸コーナーにある布用ボンドとバイアステープです。

買ってきたらバイアステープを服のタグをぐるりと囲んで余るくらいにカットします。

私は7〜9cmくらいにカットでいい感じでした。

そしてバイアステープをタグの輪っかに通すようにくるりと1周させてボンドでとめます。

あとはボンドが乾いたら油性マジックで名前を書けば完成です。

これならもう着なくなればバイアステープをちょきんと着るだけで名前部分が簡単に外せます。

服やタグは無傷でお古に回せるというわけです。

お名前シールをアイロンで貼り付けるとかもありましたが、こちらの方が手軽でした。

ぜひお試しください。

ホットペッパーポイントとクーポンでお得に食事をする方法

皆様はネットのホットペッパーって使われてますか?

ネット上から無料で会員登録ができて、利用したらポイントがたまる仕組みです。

私はホットペッパービューティとホットペッパーグルメをよく利用します。

ちなみに両方とも同じIDで入れて、利用したらポイントが相互で利用できるのも利点です。

ホットペッパービューティは美容院に行く時にお得なクーポンを探し利用しています。

そして外食の際はホットペッパーグルメでクーポンを探すのです。

最近はホットペッパーグルメに載ってない店に外食に行くのが多くをあんまり使っていませんでした。

しかし先日ふと気になりログインしたら期間限定ポイントなるものがついていました。

このポイントはホットペッパーグルメ限定ポイントで1000ポイントでした。

今まで勝手にたまにプレゼントされているポイントでよくわからず使っていませんでした。

でもふとよくよく考えたら1000ポイントって1000円分ってこと?と気になりました。

だとしたらすごく勿体無いことしてたのか?とか思い調べてみました。

すると案の定1000円分になるみたいで、これは使わないと損です。

しかも期間限定だからかなり期間は短く、忘れないうちに使うのがオススメです。

と言いつつ、私も本日期限3日前にようやく使いあやうく使い損なうとこでした。

そして結果から言うとほぼ半額で家族3人美味しいお好み焼きが食べれました。

その方法をご紹介したいと思います。

まず1000ポイントを私の場合はホットペッパーグルメ内にあるお食事券というのに変えました。

これはホットペッパーグルメで近所のお店など行きたいお店を検索して開きます。

するとお食事券を発券できるお店ならお食事券の項目が出てきます。

お食事券を買えない店も中にはあるので注意が必要です。

そしてお食事券利用の注意などに賛同できたら購入ボタンで1000ポイントを1000円に変えます。

私はお好み焼きの偶に行きたかったのでそちらのお食事券1000円を買いました。

なぜこちらにしたかというとお店に事前に確認したら持ち帰りでも使えると聞いたからです。

1000ポイントをお食事券に変えずに外食の利用にそのままポイントとして使うこともできます。

しかしその場合はネットで予約しないといけないのでお店で食べることになります。

私は持ち帰りに使いたかったのでお食事券という形をとりました。

お好み焼きを2枚持ち帰りで注文しようと思いメニュー決めにホットペッパーを見ていました。

するとクーポンに1000円以上注文したら豚玉が100円というのがありました。

こちらのお食事券はクーポンと併用可だったので利用しお得に3枚お好み焼きをGETできました。

ちなみに会計2300円が1300円で済み、ほぼ半額近くになりました。

どんなクーポンよりお得な気がするし、期間限定ポイント侮れないです。

とても気持ち良いメッセージ入りのお好み焼きを家族3人美味しくいただきました。

節約簡単和スイーツ〜バリエーション色々の牛乳寒天〜

先日の晩御飯時に写真にだけ登場していた牛乳寒天ぜんざいがけのレシピです。

実家の母から粉寒天が1袋余ってるからあげるともらっていたのがありました。

寒天を使ったメニューはしたことがなかったのでかなり置き去りになっていました。

しかし少し前に義母の還暦祝を料亭でした時におぜんざいをいただきました。

それを食べるのにお餅もないし何か合わせるものをと考えていたら寒天が出てきました。

もしかしたら牛乳寒天にしてぜんざいをかけたら合うかもと思い作るに至りました。

ちなみにぜんざいはレトルトパウチみたいになっているものです。

ちなみに1歳7カ月の息子にも初めて寒天を食べさせました。

ゼリーのような形状のものは喉に詰めないか心配で敬遠していました。

しかしこの牛乳寒天はしっかりモグモグして食いつきがよかったです。

それではそんな牛乳寒天の材料とレシピです。

まず粉寒天は4g入りのを一袋鍋に入れます。

そこへ牛乳300mlと水200mlを入れ混ぜながら沸騰させます。

1.2分沸騰させたら火を止めオリゴ糖をお好みですが私は40gくらい入れました。

溶かす感じでぐるぐる混ぜたら完成です。

オリゴ糖の代わりに砂糖でも大丈夫ですし、甘みがあると美味しいです。

それを型に流し入れて固めますが、粉寒天は常温でも固まるみたいです。

私は離乳食に使っていた製氷皿に流し入れて固めました。

冷えてる方が美味しいかと思い粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしました。

製氷皿から取り出す時は氷のようにつるんとは出にくいので竹串を使いました。

竹串で各氷の形に一周クルンと串を入れ製氷皿をさかさむけて叩くとつるりと出てきました。

製氷皿だと息子にあげる場合も量を小分けで調整しやすいしよかったです。

牛乳寒天にぜんざいをかけて食べて見たらとても美味でした。

牛乳寒天は甘さ控えめに作りましたが、ぜんざいがしょっぱ甘くてちょうどよかったです。

ぜんざいとミルキーな牛乳寒天とっても合うんですね。

甘いのが好きな方や牛乳寒天単体で食べる方はもう少し甘く作るといいかもです。

ちなみに型に流し込む際にみかんの缶詰とか甘いフルーツを一緒にいれて固めるのもいいですね。

見た目も可愛く美味しさアップしそうなので次回またしてみたいと思います。

寒天自体はそんなに高くないのにたくさん量ができて節約和スイーツです。

砂糖の量を調整できたり入っているものを把握できて赤ちゃんや子どもにも安心です。

寒天以外はほとんど家にあるもので出来ちゃう手軽さでオススメです。

今夜の作り置きしやすい晩御飯

いよいよ主人の午前さま残業が終わりに近づいているようです。

色々とここ数週間は作り置き御飯を作ってきました。

そして結果そのまま冷蔵庫から出したら食べれるものが楽だという結論になりました。

例えばシチューや牛丼などは鍋においていたのですが、鍋を残すのは面倒でした。

かといってお皿にいれておくと汁系はチンに時間がかかったり中まで温めるのが難しかったりします。

でも夜中に温めるのに鍋だとガスにつきっきりで混ぜながらしないといけません。

もし鍋に余っても冷めるまで冷蔵庫にも入れれないし厄介です。

食べ終えて鍋を洗うにしても真夜中か翌朝かなり面倒です。

私はお皿や食器を洗うのは好きですが鍋を洗うのがあまり好きじゃないんです。

重いしこびりつきやしつこい油汚れなどでスポンジも汚れるし手間ですよね。

こんな面倒が重なるのでそれなら夕方作った時に鍋はもう洗っておきたいと思いました。

ということで鍋を作り置きに残さず済むメニューを考えました。

今夜はエリンギと鶏胸肉のしそチーズ焼き、カボチャの煮付け、カニ玉風、チョレギサラダ風レタスでした。

まず鶏胸肉は1枚を薄くそぎ切りにスライスしていきます。

このとき半凍りくらいの方がスライスしやすいです。

スライスした鶏胸肉にシソをはさみ竹串に刺していきます。

つまようじでも一口サイズでいい感じに出来ます。

全部できたらフライパンに油をひき焼いていきます。

片面こんがり焼けたら裏返し、さいたエリンギ、ピザ用チーズ、酒少々を入れます。

あとはチーズがとけるまで蓋をして焼くだけで完成です。

鶏胸肉に下味をしなくてもチーズの塩味で美味しく仕上がりますよ。

お皿にいれておき、食べる前にかるくチンすればまたチーズがとろりとなり美味です。

カボチャの煮付けはカボチャにめんつゆをかけてタッパーでチンするだけで楽々です。

冷めていく間に味がしみてほぼほったらかしで完成です。

カニ玉風は卵3つに紅生姜とその汁を少々、カニカマ6本をさきながら入れ混ぜます。

熱したフライパンに油をひき混ぜた卵液をいれ、ふわふわになるようかき混ぜます。

あとは蓋をしてしばらくしたら卵は取り出し、ポン酢と水と片栗粉であんをつくります。

そのあんを卵にかけたら簡単カニ玉風の完成です。

紅生姜と汁がかなり味のアクセントになり、他の味付けいらずでした。

息子もかなり食いつき良くパクパク食べていました。

チョレギサラダ風レタスはチョレギサラダの粉を実家からもらったのでレタスにあえただけです。

これならドレッシングをかける手間もなく、冷蔵庫から出すだけですぐ食べれます。

冷蔵庫から出すだけもしくは短時間のチンで食べれるメニューでした。

ちなみにデザートに牛乳寒天ぜんざいがけを作りましたがまたレシピは次回に載せます。

息子の成長〜公園遊びがどんどん上手に〜

最近1歳7カ月の息子の公園遊びの仕方がどんどん上手になり楽しそうで仕方ありません。

例えば前だったら目の前にしか視野がなく、すぐ前にあるものしか見えてませんでした。

芝生なら草むしり、砂の地面なら砂いじりみたいな感じです。

私が少し遠くの滑り台を指差して滑り台しようと声をかけても視野に入らない様子でした。

決して遠すぎて目が見えないというわけではなく、興味対象が目の前だけだったのです。

しかし最近は見回すということを覚えた様子で、私の指差しにも反応が出てきました。

遠くの滑り台もあっという感じに気づいて走って駆け寄ったりしています。

みつけた時のワクワクに満ち溢れた笑顔が成長を感じさせてくれます。

さらにその滑り台でも前は階段を前に両手をつきながら登っていました。

1人で登れてすごいなと後ろから落ちないか見守りながらついて行ってました。

でも最近では一丁前に手すりを片手で持ちながらずんずん登っていきます。

手すりを持つなんて教えてないのに、さらに片手でもバランスとれるんだと驚きです。

階段を登り終わると滑り台を上手に1人で滑ります。

私はまた後ろからついていき、前だと滑り降りた先の砂が目に入り砂いじりを始めてました。

でもだんだんと滑り台が楽しいからも一度行こうという思考が出てきたようです。

また階段に戻って登り滑り台を滑るを何回も何回も繰り返しています。

ちゃんと階段の場所もわかっていて、周りを見れてまたまた成長を感じました。

ボール遊びでも蹴るだけ、転がすだけから大きな変化がありました。

ボールを最近私が高く投げて見せてたらキャッキャと喜んでいました。

それで投げるということを覚えたようで拾っては前へ投げるを繰り返すようになりました。

そしてボール遊びに飽きたらなんと私が持つ袋に自らボールをなおすんです。

多分ただ袋に入れたいだけかもしれませんが、明らかな違いが成長ですね。

こんなふうに息子も遊び方が上手になってきたので前より楽しそうです。

前だと次々に私が遊具などに連れて行かないと時間が持たなかったです。

もう飽きた、抱っこしてーと20分もすればなっていました。

でも今は抱っこしてあちこちへ連れ回さなくても自ら遊具を渡り歩いています。

最近は気づくと1時間近く経っていたりして、もうこんな時間と思うほどです。

まだまだ大きくならないと出来ない遊具もたくさんあるので今後も楽しみです。

砂や草いじりの時もだいぶ口に入れる頻度が減ってきました。

草いじりの時はよほど好きなのか、とても優しい笑顔でこちらを見てくれます。

優しい子にすくすく育つといいなと改めて思った日でした。