買って良かった育児グッズ〜チェアベルト〜


色々な種類がある育児グッズですがどんどん成長につれて卒業していきます。

例えば哺乳瓶やバウンサーなんかはもう1歳7ヶ月では全く登場しない日々です。

それでも合って良かった、むしろないと困ったと言えるものでした。

でも中にはこれいらなかったなというものもあります。

私の場合はオムツ替えシートは出番がありませんでした。

けれどそういうのも体験してみないとわからない部分もあります。

人から聞いても自分には必要だったということもありますからね。

そんな中で割と長くずっと使えているものを紹介したいと思います。

まずは王道ですが、チャイルドシート、ベビーカー、抱っこ紐です。

育児三種の神器と呼んでもいいくらいの必需品かと思っています。

こちらは本当にずっと今でも使い続けていますし、まだまだ使うと思います。

私にとってこれに続く長く使える必需品はチェアベルトです。

チェアベルトは名前の通り椅子につけるベルトで、赤ちゃんを椅子から落ちないようにできます。

これのいいところは椅子のみならず、お母さんの腰に巻いても使えるところです。

赤ちゃんが1人座り出来はじめの頃は椅子に座らせるのは不安という時期があります。

そんな時は赤ちゃんを膝に座らせてチェアベルトで自分の腰に固定します。

すると目の前にいるので片手でカバーしながら、片手で御飯を食べたりもできます。

それに外食先によっては赤ちゃん椅子がない場所もあります。

私は息子が9ヶ月の時に旅行先で海鮮が食べられる市場のようなとこへ行きました。

もちろんそのような場所に赤ちゃん椅子はなく、ベビーカーも入れない狭さでした。

そんな時もチェアベルトがあれば膝に座らせておけます。

その頃はもう片手でカバーしなくても座っていられたので両手で海鮮丼が食べれました。

そして意外と多いのが外食先に赤ちゃん椅子はあるけどベルトがないタイプということです。

1歳前後ではじっと座っておくということがなかなか難しいです。

赤ちゃん椅子は高さがあるものが多いので動いて落ちたりしたら危険です。

そんな時もチェアベルトがあれば安心して座らせておけます。

私は生地がビニールのようなタイプで薄手なものにしました。

食べこぼしがあってもつるっと拭きやすく、さらに畳んでコンパクトになるからです。

持ち運びもかさばると大変ですが、かなり小くなるのでいつもリュックに入れています。

最近では出先で普通の椅子に座らせておくのにもこちらを使っています。

例えば実家など赤ちゃん椅子がなくてもベルトだけあれば普通の椅子にも座らせられます。

こちらは本当に買って良かったですしまだまだつかいそうです。
購入を迷われてる方にはぜひおすすめしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です