節約簡単スープ〜離乳食時代に大活躍したブレンダーで〜


最近息子の御飯作りで悩むのがスープ系です。

味噌汁やおつゆなどかなりワンパターンになることが多いんです。

具材は変えてみてるものの、出汁や味噌は同じだからなんか変わり映えしないです。

スープやポタージュをしてあげたいけど時間かかりそうで面倒なイメージがありました。

ところがやってみたら簡単にも程があるってくらい簡単でびっくりしました。

しかも息子もパクパクで、こんな簡単ならもっと早くしたらよかったって感じです。

今日作ったのは小松菜の豆乳ポタージュです。

最近やたらに小松菜が安いんですよね。

シーズンだからなのか78円とか当たり前で、この前は58円でした。

98円でも安いなーと前は飛びついてたので、この値段だと毎回買い物の度買ってしまいます。

炒めたり、煮たり結構万能なので気に入っているのですが、これもまたアイデアが行き詰まりです。

そこでポタージュにしてみることにしました。

まずは小松菜をざっくり切って下ゆでします。

さっと火が通るので楽々です。

茹で上がりをざるに取り、茹で汁を捨てたら小松菜を鍋に戻します。

そしてお好みの量の豆乳を加え、塩ひとつまみを入れブレンダーをかけます。

ブレンダーで混ざったら、火にかけ一煮立ちしたら完成です。

10分とかからない簡単さで、工程もたったこれだけです。

本当はバターを使ったり、ジャガイモとか玉ねぎとか入れる方がいいと思います。

甘みやコクが出るのでさらに美味しくなりそうです。

でも面倒な工程だとなかなかまた作らなくなりそうなのでかなり簡素化しました。

だけどこれでもう充分美味しかったです。

ゴクゴク飲めるようなシンプルな味ですパスタのソースとしても美味しそうです。

味噌汁を作る場合にも出汁をとったり具材が柔らかくなるまで煮たりします。

息子用となると具材もかなり柔らかくなるまで煮込むし時間かかったりもします。

となるとポタージュとても早いし簡単な気がします。

ブレンダーまたまた久々に使ったのですが、やはり離乳食が終わっても便利です。

これを野菜をコーンに変えたらコーンポタージュになりますよね。

玉ねぎ、ジャガイモ、サツマイモ、人参無限にポタージュレシピができた気がします。

ちなみに豆乳は無調整のを義母から2本もらったのがありました。

まだまだあるのでしばらく豆乳ポタージュ作りにはまりそうです。

ポタージュは冷めても美味しいし、冷やしでも温でもいけるのがいいですよね。

大人用にはここからコンソメを加え炒めた具材を加えたら立派な1品になりそうです。

クルトンとかのせて生クリームかフレッシュをかけたら具なしでもオシャレな1品になりますね。

ぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です