息子の成長〜三輪車など跨がる系乗り物に少し慣れてきた〜


1歳7カ月の息子ですが、どうも自分で跨がる系乗り物があまり得意でないようです。

三輪車や室内バイク、公園のバネがついててビヨンビヨンと動く遊具などです。

乗せた瞬間から降りて、ダーっと走り出すことの方が多いです。

どうやら乗り物より自分の足で進む方が好きなんですかね。

室内バイクはかなり前から乗せていましたが、最初は座らせると泣くほどでした。

それがいつしか座るようになり、前後に動かしてあげると笑顔すら出てきました。

公園のバネつき遊具も徐々に座れる時間が伸びてきましたがこちらはまだあまり楽しくなさそうです。

そして三輪車は保育所の園庭開放にあるので時々乗せてみていました。

保育所には大きな三輪車と小さな三輪車があります。

多分大きな三輪車は4.5歳とかお兄ちゃん用なのかもですが、息子はそちらのが好きです。

というのも小さい方だと足が着くためその足をどうしたらいいかわからないようです。

ペダルに足を置かせてみてもすぐはずれて地面についています。

だったら地面を蹴るといいよと足を持って教えるのですが、それだともう降りるとなるようです。

しかし大きい方だと足が着かないのでぶらんとさせたまま大人しく乗っています。

そして2人乗りみたいに後ろに足をかけれるスペースがあり親も楽々です。

スケーターのように片足を乗せて床を蹴ればスイスイ押してあげれるのです。

小さい方だとかがんで押していくので腰も痛くなります。

息子も大きな三輪車だとスピードもでるからかニコニコ乗っています。

乗り物に関しても少し成長したなーと感激でした。

そこで、我が家にもある三輪車をいよいよ組み立ててみることにしました。

実は1歳のお誕生日に実家からプレゼントに買ってもらっていました。

三輪車にもストライダーにもなるすぐれもののぶんです。

1歳半から可になっていたのでそろそろだなと思っていたので出してみました。

早速公園で乗せてみましたがやはり足が着くのでうまく楽しめない様子でした。

しかし前後に少しだけ動かすとまたニコニコしていたのでこれからかなという感じです。

この三輪車にしてよかったと思った点は後ろに手押し棒が付いているところです。

これがないとまだ車輪をこげないので、かがんで押すのは本当大変です。

でも手押し棒は大人が立ったまま押して行けるので楽々です。

息子が降りてから走っていっても、からの三輪車をスイスイ押して運べました。

持ち上げて運ぶのも結構重さもあるので、本当棒つきでよかったです。

三輪車もいろんなタイプがありますが、ぜひ購入の際は参考になると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です