息子の成長〜どんどん親の観察と真似をしはじめた〜


今日は1歳半の息子に驚きの連続でした。

まず朝起きたのが5時台で私はまだねむくて布団でウトウトしていました。

すると息子は泣くでもなく私を起こすでもなくただご機嫌に遊びはじめました。

我が家は和室に布団を敷いて寝ているので、ベッドから落ちるとかの心配はないです。

部屋の片隅にいくつかおもちゃが置いてあるのでそれでいつも寝起きに遊びます。

しかし1人で遊ぶのは退屈なのか、いつもすぐに私の顔におもちゃを置いたりします。

それで起きないと上に乗ったり叩かれたりするのでやむなく起きて遊びます。

が、今日はやたらに1人遊びばかりで私も少しまた寝落ちしてました。

ふと5分くらいだと思いますが焦って起きるとなんと枕元の私の携帯で遊んでました。

すぐに取り上げず様子を見ていたら、器用に人差し指で1の指をしてスマホを触っています。

ちゃんと親がしてるの見て知っているんですね。

1の指やピースしてと言っても普段できないし、やらせてもやらないのです。

それがスマホ触るとなるとできるなんてもう取り上げなきゃの所ですが感激でした。

それからもう1つ、最近はまりの綿棒を出す遊びの後私が綿棒をケースに拾い集めていました。

片付けが出来るとも思っていなくて、1人で毎日ごく当たり前のようにもくもく片付けてきました。

ところが、スーッと息子が寄ってきて綿棒を1本ずつ拾い入れてくれたのです。

私の様子を自主的に見て真似をしたのです。

これは息子にとってはとても大きな大きな一歩でした。

まだまだバイバイなどやって見せたことを真似あまりしない息子です。

それでも最近は気まぐれに拍手などはやって見せてさせて見たらリピートするようになってきました。

でも真似をさせようとしてこその真似であって、自主的な真似ではありません。

それが私が麺棒はこうして直すのよと見せなくても自主的に観察して真似たのです。

ようやく人に興味を持つという関わり合いの部分が伸びはじめたのかなと思います。

とてもとても嬉しい1歩で驚きと同時に感激で号泣で、いっぱい褒めました。

スマホにしても片付けにしても知らず知らずのうちに見て学んでいました。

なかなか成長しないなんてのは思い込みだったのだなと痛感しました。

息子には息子のペースがあるのだからゆっくり見守る、これはいつも再確認です。

ちなみに朝のスマホ触りで、ロックがかかっているので何もできないと思っていました。

しかし写真だけはロックがかかっていてもスライドしたらカメラが作動するんです。

それが分かってしたのか偶然なのかインカメで天井が撮影されていました。

すごいと爆笑しましたが、成長の記念に何気ない天井の写真も置いておこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です