簡単節約晩御飯〜少ない油と安い食材で出来る揚げ物料理〜


今日の晩御飯は冷蔵庫を開けてみてもなんだかレシピが浮かばずでした。

と言うのもだいたい肉か魚をメインにしてるのですが、どちらも切らしていました。

あるのは野菜と豆腐とちくわくらいで何をメインにしようかと悩んでいました。

すると乾物系のストック棚から乾燥ひじきが出てたのでひじきごはんにしました。

炊き込みごはん系はおかずがない時や少ない時には大活躍です。

どんぶりや混ぜご飯系もいいですね。

ひとまずもどしたひじきと油揚げと人参を炊飯器に入れ出し汁で炊きます。

炊飯器任せで楽々簡単ひじきごはんは完成です。

そしてメインに出来そうなのはやはり豆腐かと考えた結果揚げ出し豆腐にしました。

揚げ出し豆腐は小麦粉をうっすらまぶしてから溶き卵にくぐらせた豆腐を揚げるだけです。

豆腐は絹でも木綿でもいいし、小麦粉は片栗粉でもokです。

小麦粉をボールに少量いれて、卵1個はおわんにと別々にいれます。

これはあとに他に使うため、使いやすくするための分別です。

ボールに豆腐を入れて小麦粉をまぶしたら卵をつけてフライパンへと流れ作業です。

豆腐は生でも食べられるものだから表面さえかりっと揚がればいいです。

なのでフライパンに薄く油をひいて揚げ焼きで大丈夫です。

豆腐をコロコロ転がして6面をしっかり揚げ焼けばいいので油も節約になりますね。

次に残った小麦粉入りのボールにおわんから卵を半分くらい流し入れます。

さらに少量の水を合わせてバッター液を作ります。

この時卵はまだ少しおわんに残している状態です。

バッター液の中にちくわと青のりを入れて混ぜてつけたら揚げ焼きしていきます。

ちくわも生でも食べられるものだから表面さえかりっと揚がればいいです。

なので安心して薄い油で揚げ焼きできます。

そして揚げ終わりに茄子があったので切って素揚げ焼きしました。

茄子は油をよく吸うので、フライパンに残った油の掃除にもなります。

茄子をあげた後はほとんど油もなくなり後片付けが楽々でした。

この揚げ焼きをしている間にめんつゆとかつお節を合わせてチンしておきます。

簡単天つゆがこれでできるのですが、茄子を浸せば茄子の揚げ浸し風になります。

また揚げ出し豆腐のつゆとしても使えて一石二鳥です。

というわけでメインは揚げ物ということで無事に今ある食材でも出来ました。

ちなみに最後におわんに残しておいた卵は味噌汁に入れました。

ネギとおふだけの味気ない味噌汁もかきたまがはいるだけでぐっと華やかになりました。

残りもののマカロニサラダをつけて晩御飯完成です。

油も少なく済み、卵も無駄なく使えた節約晩御飯でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です