節約手作りおやつに先日漬けたレモンでアレンジ〜簡単レモンケーキ〜


この間お家カフェ気分を味わうためにレモンを漬けてレモンスカッシュを作りました。

輪切りにしたレモン、オリゴ糖、ハチミツで漬けたものです。

そこに出来たレモンシロップを使ってレモンスカッシュを作っていました。

もちろん輪切りレモンも仕上げに浮かべるのですが、輪切りレモンが余ってきました。

シロップだけなくなり残された輪切りレモンはもちろん捨てずに使い切ります。

その使い切りレシピ第一弾にひとまずレモンケーキを作ってみました。

材料は小麦粉、砂糖、ベーキングパウダー、油、卵、レモン輪切りです。

まず小麦粉100gにベーキングパウダー5g、卵1個、油大さじ2を加えます。

この時油はサラダ油でもオリーブオイルでも大丈夫です。

個人的にはサラダ油の方がクセがなく好きですが、今回はオリーブオイルにしました。

少しツンと匂いがするのが個人的には気になりますが、健康的です。

そして砂糖はお好みで、私は大さじ2くらい加えました。

ハチミツオリゴ糖漬けのレモンも甘いので砂糖は少なめにしました。

全部混ざったら輪切りレモン2個分くらいを加えざっくり混ぜます。

これをシリコン型もしくはタッパーに入れてレンジでチンします。

我が家の場合500w4分でいい感じに膨らみ中まで火が通っていました。

火が通ったかの確認は竹串をさしてどろっとした生地がついてこないか確認しています。

所要時間実に10分以内で簡単なレモンケーキが完成です。

ほんのり甘酸っぱい匂いで見た目も爽やかです。

私はレモン大好きでたっぷり入れましたが、結構甘みの中に酸味がきます。

皮特有のほろ苦さもきますので、レモンの量はお好みにしてください。

丸々が苦手なら小さく刻むとか皮は剥くとかしても食べやすいかもです。

残業で疲れて帰ってきた旦那さんの口にも合ったようでうまいーと食べていました。

レモンは疲労回復にもいいみたいですし、喜ばれて良かったです。

実はこのレンジでチンで出来るケーキは先日バナナでも作りました。

そのアレンジでレモンにしたのですが、バナナレモンケーキというのも美味しそうです。

今回のレシピの砂糖をカットして、完熟バナナをつぶしていれるやり方です。

砂糖がないぶんまたヘルシーになるし、またやってみたいと思います。

ちなみにケーキは余ったら小分けにしたのをラップにくるみ冷凍できます。

食べるときは1分以内のチンでホクホクアツアツになり、また出来たてのようになります。

レモンの二次利用もでき捨てることなく使いきれて2度美味しいレシピでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です