息子の成長〜手先を使う室内遊びを色々実践中〜


1歳半の息子の成長記録です。

最近手先を使う新しい遊びを取り入れたいなと思うようになりました。

お砂遊びなどで砂をつまんだり、石や葉っぱをつまんだりが外での手先遊びでした。

でもお家の中ではものをつまんで容れ物に入れるくらいであまり細かい作業はありません。

そこで大好きなシールを渡してみました。

最初は手に持っていじいじしているだけで、じっと集中しているだけでした。

まあこの集中によりオムツ替え時動かなくてシールさまさまなんですけどね。

私が貼ったり剥がしたりできるんだよと見本を見せるとすぐに真似しだしました。

ちなみにシールは100均で貼ってはがせるタイプのが売っていました。

シールブックまでついて100円なのでリピートになりそうな予感です。

しかもこのシール紙などに貼っても貼ってはがせました。

子どもはどこにでもシールを貼りたがるので貼ってはがせるタイプは嬉しいです。

器用に貼ったり剥がしたりを繰り返して、たまにシールが二つ折りになっていました。

それも器用に指先を使ってシールをひらいてまた貼るという具合に遊んでいました。

ちゃんと粘着面ではが外に出てないと貼れないことも理解しているようでした。

他にもマスキングテープを小さく切って渡してみました。

マスキングテープも貼ったり剥がしたり自由にできるのでいいですね。

コスパ的にはこちらの方がいいのかもしれません。

シール系はとにかく集中して手先を動かせるのでとってもいい気がしました。

でも油断すると口に入れようとしたりするので見守りは必須でした。

そのあとは鉛筆をもたせてお絵かきをしてみました。

クレヨンとかの方が握りやすくて力が入りやすくていいとは聞きます。

が、息子は必ずと言っていいほど手にしたものは一度かじるのでクレヨンはこわかったです。

鉛筆なら上の方なら木だしまだマシかなと鉛筆にしたのです。

もたせて書かせてあげると喜んでお絵かきしていました。

そのあとも上手に鉛筆を滑らせていました。

こちらもとても指先に集中するしいい遊びだなと思います。

それから空いたペットボトルにストローをいれる遊びもしています。

とにかく集中してストローをいれようと頑張っています。

ただボールなどと違ってストローは長さがあるので入れづらいようです。

でもそれもそのうちマスターしていくと思います。

今までは小さいものや棒状の細いものは危険だとあまり与えませんでした。

でも見守りながらすればいいおもちゃになるので伸ばしてあげたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です