安いレトルトやチルドを使って簡単晩御飯


最近夕方公園に行くことが多く晩御飯の準備を日中にしています。

煮物や味噌汁などは早く作っておいて冷めたら冷蔵庫に入れています。

煮物は冷める段階で味が入るのでむしろ早めに作る方が理にかなっていたりします。

味噌汁も昼に作って息子に食べさせて、残りを夜ご飯にも食べられるようにしています。

ティファールの取っ手が取れる鍋なので冷蔵庫保管もしやすくオススメです。

しかしながら炒め物や焼物、揚物こればかりはやはり食べる直前調理が一番です。

なのでそれだけは食べる直前に仕上げるようにしています。

昨日は作り置きおかずにかぼちゃの煮付けとオクラのおかか醤油和えがありました。

味噌汁は小松菜、あげ、卵をいれてつくりました。

ちなみにこの味噌汁の卵はポーチドエッグみたいに丸々落とすものにしました。

普段はかきたまによくしますが、卵がたくさんあったので贅沢に1人1つにしました。

味噌汁だけどかなりの食べ応えとおかず感が出てオススメです。

話が逸れましたが元に戻ります。

後は白ごはんは炊飯器にタイマーをしてセットしておきます。

これらが冷蔵庫や炊飯器にある状態で夕方公園に出かけ、さあ後おかずどうしようでした。

なんだかメインがかけているのにすっかりとんでしまっていました。

そんな日はレトルトやチルドの常備をうまく使う他ありません。

まずはレトルトや乾物コーナーをチェックすると、麻婆茄子の素がありました。

これは119円で安売りの時にまとめ買いしていたぶんのストックです。

ちょうど前に買った大量の激安ナスが野菜室に残っていました。

そういや麻婆茄子にしたいと思っていたのだったと思い出しました。

ナス、ピーマン、にんじんを切って炒めて素で和えるだけで完成です。

本当は豚ひき肉を加えるのですが、なかったので野菜のみで作りました。

実際素の箱にも豚ひき肉をいれるようにレシピが書いています。

でも無しでも全く問題ない味になりました。

おそらく素にいろんな旨味成分が入っているので肉無しでも味わい豊かだったと思います。

しかし主人は肉も食べたい人なので、これまたチルドにストックしてあったチキンも出しました。

オーブントースターで5分くらい焼いて出来上がりの骨つきチキンです。

これも188円の安売りで買ってストックしてありました。

以上でレトルトとチルドを使ったおかげで仕上げは10分くらいで出せました。

やはり出来立ての美味しさも味わえる直前仕上げの料理も1品は加えたいものです。

レトルトやチルドを使っても全部で500円くらいでできた激安晩御飯でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です