初購入お手頃食材生もずくを使って絶品息子御飯


そろそろ息子にまた新しい食材を食べさせてあげたいなと思っていました。

何気なくスーパーの魚売り場をチェックしていたら出会いました。

魚ではなく、棚の端の方にあった生もずくです。

もずくといえば私の中では三杯酢など酸っぱい味付けのイメージでした。

息子は酸味のあるものは好き嫌いがかなりハッキリ分かれる子です。

ヨーグルトやオレンジなどの酸味は大丈夫で酢飯やプチトマトなどはダメです。

なのでもずくは酸っぱいからとはなから考えてもいませんでした。

しかし生もずくなるものを発見し、それには酢は入っていませんでした。

むしろ塩の味なようで、水に3分ほどつけて塩を落としてと書いていました。

これなら食べるかも、やってみようということで生もずく初購入でした。

ちなみに値段は100g118円くらいで、その2割引になっていました。

高いってことなく手頃で、買いやすいのも決め手になりました。

早速帰宅するなり鳥ミンチと野菜のみじん切りとともに炒めました。

野菜は玉ねぎ、茄子、人参、ピーマン、エリンギを使いました。

もずくは記載通り塩抜きしてから、包丁で小さく切ってから炒めました。

もずくを炒めるとどんどんネバネバが出てきました。

このネバネバはフコダインというものみたいで体に良さそうな感じです。

ネバネバのありがたさは片栗粉などでつながなくても勝手にまとまってくれる点です。

ミンチにみじん切り野菜と最高にパラパラするものばかりでしたがまとまりました。

炒めたら味付けに砂糖、醤油、味醂を少量入れて薄味甘辛に仕上げました。

それを御飯にかけてネバネバ生もずく丼の完成です。

息子の反応はというと、かぶりつきであっという間に完食でした。

どうやら相当美味しかったようです。

私も一口味見してみたら、絶品で大人料理にも重宝しそうでした。

丼以外に冷奴にかけても美味しそうだし、麺にも合いそうです。

酢以外にもずくがこんなに美味しく食べれるとは知りませんでした。

今回はお試しでちょっとしか買わなかったのでまた次回はたっぷり買いたいです。

ちなみに今回のもずくを加える前の鳥ミンチとみじん切り野菜は大量に炒めました。

鳥ミンチは300g、玉ねぎ大1個、茄子1本、人参1本、ピーマン3個、エリンギ1パックを使いました。

これをいためて1/3くらいを別鍋に取り分けてもずくと炒めてもずく丼にしました。

残り2/3には刻んだ完熟トマト大1個とケチャップ少しをいれて煮込みました。

我が家の息子御飯定番のミートソースです。

同じ具材で二種類に作り分けれて楽々でたっぷりストックができました。

是非お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です