息子の成長〜塗り絵をさせてみての発見とすすり飲みができた〜

今日も1歳7ヶ月の息子には成長を感じさせてくれるシーンがありました。

先日ショッピングモールでいただいた塗り絵があったのでさせてみました。

もちろんまだこの絵に色を塗るということはわかっていません。

しかし鉛筆を前に上手に紙の上に滑らせていたし外遊びでは小枝で地面にジージーしています。

なので色鉛筆もできるだろうと思いトライさせてみました。

早速絵の上で色鉛筆をちゃんと動かせていて色塗り風なことは出来ました。

しかし絵を見てみたら色が薄いのなんのってくらい薄い色しかついてません。

あれ、この色鉛筆なんかおかしいのかなと思い私が塗ってみたらしっかり色が出ます。

そこで息子の筆圧が0に近いことにふと気付いたのです。

これはおかしいことでもなんでもなく、子どもって最初は筆圧が薄いんですよね。

私も昔はお習字教室で筆圧が濃くなるように指導されたものです。

なので小さい子には2Bとか濃くて芯が柔らかい鉛筆を持たせますよね。

色塗りなんかでは濃く出やすいクレヨンを使いますよね。

筆圧は書く練習をしていくうちについてくると思っています。

まだ1歳7ヶ月の息子に色鉛筆は早かったなと反省しました。

でもこういうのもしてみないとわからない発見なのでしてよかったです。

ちなみに息子の反応は塗り絵よりも色鉛筆にひたすら夢中でした。

色んな色があるのが珍しいのか大喜びで色鉛筆をガチャガチャしていました。

やはり目新しいものがあると嬉しいようでした。

それからもう1つの発見はいつの間にかすっかりすすり飲みが出来るようになっていたことです。

今日の晩御飯はシチューでしたが、具やほとんどのスープをスプーンで食べさせました。

鶏肉や人参などさせるものは息子がフォークで食べました。

と言ってもまだ自分でさすことは出来ないので私が補助してさしています。

でも面白いのがさしたらすごい早さでパクっと食べるんです。

取られると思うのか、さすまではゆっくりなのに食べる早さが早くてわらけます。

そんな感じで食べて少しだけまだスープが残っていたのですすり飲みをさせてみました。

保育園でもそろそろコップやおわんを持って口で飲めるようにと言われました。

その練習も兼ねてエプロンに全部流れるのを覚悟して1人で飲ませてみました。

ところが上手に加減しながら飲んでなんと1滴もこぼさずでした。

これには成長を感じずにいられず、お茶も飲ませてみたらすごくこぼしました。

多分スープは少なく、お茶はタップリ入っていたのでその違いと思います。

それでもどちらもすすりながら飲むのは上手に出来ていてとても成長を感じました。

寝る前に塗り絵の絵を見ながらほっこり今日の成長を振り返り感激でした。

買って良かった育児グッズ〜チェアベルト〜

色々な種類がある育児グッズですがどんどん成長につれて卒業していきます。

例えば哺乳瓶やバウンサーなんかはもう1歳7ヶ月では全く登場しない日々です。

それでも合って良かった、むしろないと困ったと言えるものでした。

でも中にはこれいらなかったなというものもあります。

私の場合はオムツ替えシートは出番がありませんでした。

けれどそういうのも体験してみないとわからない部分もあります。

人から聞いても自分には必要だったということもありますからね。

そんな中で割と長くずっと使えているものを紹介したいと思います。

まずは王道ですが、チャイルドシート、ベビーカー、抱っこ紐です。

育児三種の神器と呼んでもいいくらいの必需品かと思っています。

こちらは本当にずっと今でも使い続けていますし、まだまだ使うと思います。

私にとってこれに続く長く使える必需品はチェアベルトです。

チェアベルトは名前の通り椅子につけるベルトで、赤ちゃんを椅子から落ちないようにできます。

これのいいところは椅子のみならず、お母さんの腰に巻いても使えるところです。

赤ちゃんが1人座り出来はじめの頃は椅子に座らせるのは不安という時期があります。

そんな時は赤ちゃんを膝に座らせてチェアベルトで自分の腰に固定します。

すると目の前にいるので片手でカバーしながら、片手で御飯を食べたりもできます。

それに外食先によっては赤ちゃん椅子がない場所もあります。

私は息子が9ヶ月の時に旅行先で海鮮が食べられる市場のようなとこへ行きました。

もちろんそのような場所に赤ちゃん椅子はなく、ベビーカーも入れない狭さでした。

そんな時もチェアベルトがあれば膝に座らせておけます。

その頃はもう片手でカバーしなくても座っていられたので両手で海鮮丼が食べれました。

そして意外と多いのが外食先に赤ちゃん椅子はあるけどベルトがないタイプということです。

1歳前後ではじっと座っておくということがなかなか難しいです。

赤ちゃん椅子は高さがあるものが多いので動いて落ちたりしたら危険です。

そんな時もチェアベルトがあれば安心して座らせておけます。

私は生地がビニールのようなタイプで薄手なものにしました。

食べこぼしがあってもつるっと拭きやすく、さらに畳んでコンパクトになるからです。

持ち運びもかさばると大変ですが、かなり小くなるのでいつもリュックに入れています。

最近では出先で普通の椅子に座らせておくのにもこちらを使っています。

例えば実家など赤ちゃん椅子がなくてもベルトだけあれば普通の椅子にも座らせられます。

こちらは本当に買って良かったですしまだまだつかいそうです。
購入を迷われてる方にはぜひおすすめしたいです。

ベビースイミング無料体験に参加レポート

以前からずっと気になっていたベビースイミングの無料体験に行ってきました。

息子は前世は魚かなと思うほど水が大好きです。

外でも水道や水たまりなど水に関するものをみつけたらターっと走っていきます。

お風呂でも頭からシャワーをかけても泣くことも嫌がることもありません。

湯船でも楽しそうに1人スクワットをしたり遊んだりしています。

こんなに水が好きならベビースイミングに行こうかとずっと思っていました。

しかしまだ習い事は時期早々かなとか色々考えてしまい日が経っていました。

つい最近たまたま同じマンションのママさんと立ち話をする機会がありました。

そのママさんにも1歳になる前の赤ちゃんがいますがベビースイミングに行くとの話でした。

なにやら新しいクラスが開講したとかで、月謝が安いとの話でした。

無料体験も今ちょうど募集あるみたいだから見てみてと教えてくれました。

調べてみると普段のベビースイミングは週3なのに対し今回は週1のクラス開講でした。

値段も手頃だし、週一からなら無理なく始められるしこれを機に体験に行こうと決めました。

あとひと押しのきっかけをもらえたことにママさんには感謝です。

と言うのも行ってみるとものすごく息子はスイミング楽しんでいたのです。

まず最初に体操が15分ほどあるのですが、そこでもお歌や手遊びもしてくれます。

サークルタイムがあまり得意でない息子にとってその機会が増えるのは嬉しいことです。

そのあと体操や走ったりなど体を動かしてプールに向かいます。

私のイメージではベビースイミングといえばちゃぷちゃぷ水遊び程度かと思っていました。

しかし実際はかなり本格的なスイミングという感じで私は嬉しかったです。

まずはプールサイドに座って水をかけるのですがもうその時点でプールに入ろうとしている息子でした。

深いし広いのに怖くないのかと思いましたが、待ちきれない様子でした。

いざ私が入り抱っこして入水させると、目をキラキラさせてすごい笑顔を見せてくれました。

そこからアームエアやヘルパーをつけて泳がせたり、水中の台の上を歩かせたりしました。

バタ足や潜る練習なんかもあり、息子は初めて顔を全部水中に頭までつけました。

エホっと少し水を飲んだのかむせてましたが、泣きもせず怖がりもせずでした。

先生にもすごいすごいと褒められて意気揚々とスイミングする息子は笑顔でした。

ボールやおもちゃを自由に使えるフリータイムもあるし遊びと練習のバランスが良いです。

もうこんなに楽しむなら入会しかないと思い、即終了後に申し込んできました。

息子の小さな水着を見ながら本当になんでもやってみるべきだなと思いました。

来月から楽しんでスイミングに通いたいと思います。

ゆっくり成長中の1歳7ヶ月息子の集中力

我が家の息子は1歳7ヶ月になりますが、少し成長がゆっくりめです。

まだバイバイや指差しもできないし、言葉もほぼありません。

でもできることが日々増えて来て成長を感じます。

ゆっくりだからこそ、1つ1つのできたがとても大きなことに感じます。

それに見逃しが少ない気がして、そこはゆっくり成長だからこその特権な気がします。

日頃できないことに目が行きがちなので、今日は最近感心したことを書きたいと思います。

それは集中力が抜群についてきたというところです。

今まではこのおもちゃが好き、この遊びが好きってのがなかった気がします。

なんとなく触っては次へ次へという感じで、あるから触ってる感がありました。

でも最近は物を入れたり出したりする遊びが大好きでやりだしたらとまりません。

例えばストローをペットボトルに出し入れ、綿棒を出し入れなど前に紹介しました。

その他にもカードを出し入れ、オムツをカゴに出し入れなどなんでもかんでもです。

そして昨日はペットボトルをビニール袋に出し入れもしていました。

もしかしたら私がスーパーで袋詰めしてるのを見て覚えたのかなと思いました。

そしてこの遊びは集中したら20分でも30分でもやり続けます。

先日も保育園のホール解放があり、中遊びでたくさん遊び道具がありました。

トランポリンや平均台、ボールなど体を動かす系もたくさんありました。

またパズルや積木など座って遊ぶ系もたくさんありました。

私としてはせっかく広いホールだし、体を動かしてほしいなと思っていました。

しかし座って遊ぶ系のコーナーに薄いコイン状のおもちゃを貯金箱みたいに入れるのがありました。

見つけるやいなや大ハマリで30分以上ずっとし続けていました。

そのあと15分くらいはずっと型はめのおもちゃに集中でした。

結局体を動かす系は約5分ほどしたところで、タイムアップとなりました。

ホール解放は1時間しかなく、ラスト10分は片付けと先生のピアノと体操があります。

母の思惑はそっちのけですが、他のママさんからもすごい集中力ですねと褒められました。

かなり多動気味の息子なので、集中できるものがあるのはいいことなのかもと思いました。

また1人で集中して遊んでいるようで、私にも関わりを持とうとしています。

例えば全部入れ終わったあと出すために箱の蓋を開けてと渡してきます。

その時にしっかり私の手のひらを握り箱を持たせてくれます。

時にはママが入れてみてと言わんばかりに私の手をおもちゃに添えて入れさせてみたりもします。

息子なりに一緒に遊んでいるという意思表示なのかなと嬉しくなりました。

この集中力は好きなことを今後も見つけた時に伸びる武器になるかなと期待しています。

今日も集中力を活かした遊びで楽しめて成長を感じています。

作り置きしやすいサッパリ系晩御

主人の深夜残業が始まり、生活リズムがやや変化した我が家です。

早くても主人は23時をすぎての晩御飯になるので、私と息子は先に食べています。

作り置きのしやすさと夜遅いのでコテコテしすぎないメニューを心がけています。

また遅くなると食べたい、食べたくないの気分があると思うので品数を増やし選べるようにしています。

今夜は冷しゃぶサラダ、鰆の西京焼き、オクラおかか和え、アスパラベーコンにしました。

お味噌汁と白ごはんはほぼ定番で作っています。

これだけのメニューですが、鍋はフライパンと丸鍋一つで洗うことなく作れます。

まずはフライパンに魚焼きホイルを敷き、西京焼きを焼いていきます。

その間に丸鍋に湯を沸かしオクラを茹でます。

オクラはすぐゆがけるのでまな板で小さくカットします。

丸鍋のオクラをゆがいた湯は捨ててたっぷりの水をもいちど沸かします。

オクラをお皿にうつしたら、おかか和えにします。

空いたまな板でベーコンとアスパラを切っていきます。

オクラより先にベーコンとアスパラを切るとまな板を洗わないといけなくなります。

でもゆがいたオクラを先に切ることで、肉類もそのまま切れます。

これもまた洗い物の節約になりますね。

この辺りで途中ひっくり返しながら焼いた魚が焼きあがるので出します。

ホイルを敷いていたのでホイルを捨てるだけでフライパンはまだ綺麗です。

そのままアスパラベーコンをオリーブオイルで炒め塩胡椒で味付けします。

一方、丸鍋は湯が沸いたら豚肉をいれてしゃぶしゃぶしていきます。

アクはすてながらしゃぶしゃぶできたら氷水に冷やします。

ちぎったレタスの上に冷やした豚肉を盛り付けたら冷しゃぶサラダ完成です。

豚肉をしゃぶしゃぶしたあとの湯は旨味がたっぷりです。

捨てずに量を減らしそのままお味噌汁にしていきます。

オクラおかか和えで残ったかつお節をいれて出汁にします。

豚肉とかつお節でダブル出汁になり美味しいです。

具はワカメ、おふ、カットネギをいれました。

具がシンプルでも、豚肉の出汁でかなり味わい深いお味噌汁になりました。

これで全部おかずの完成です。

一つをしながらどんどん他のものも作れるので意外とそこまで時間はかかりませんでした。

なんせまな板包丁でカットするのがオクラ、ベーコン、アスパラだけで楽々です。

なんだったらキッチンバサミでもできるのでもっと楽にできるかもです。

冷しゃぶサラダはドレッシングをゴマだれとポン酢を用意して選べるようにしています。

しばらくあっさりメニューを絞り出して考えていきたいと思います。

薬を塗る時も便利なリピ買いしている100均のビニール手袋

最近1歳7カ月を迎えた息子ですが、汗疹がひどいのが悩みです。

汗疹対策としては汗をかいたらすぐ着替えたり、シャワーで流したりはしています。

しかし新陳代謝がいいからか汗疹が出来て治ってもまたすぐ出てしまいます。

いたちごっこでひどく赤くなったりするので病院で塗り薬をもらってきました。

1日2回塗るので、1回は日中、もう1回はお風呂上がりに塗っています。

しかしこの年齢の息子に塗り薬を塗るのも結構至難の技だったりします。

最初は手に薬をつけて塗っていたのですが、塗った直後に息子が触るんです。

その手を口に持っていくのでもう抑えるのに必死になります。

しかし私の手にも薬がついているのでその手で抑えたらまた息子の手に薬がつきます。

それにダッシュで手を洗ったり拭き取っても薬の性質上なかなか落ちないんです。

汗疹の薬だから汗に流れにくいようになってて手に残りやすいのでしょうか。

ヌルヌルが残るから何回も洗わないととれません。

なんだか洗っても拭いてもこの手綺麗なのかなと疑問が残っていました。

そこで家にあった100均のビニール手袋を使って塗ってみました。

するとさっと塗ったら、手から脱ぐ時に裏返しにすれば塗布面が中に入ります。

これならその辺にシャッと脱いで置いても机とかも汚れず済みます。

そして綺麗な手の状態で息子が薬を塗った場所に触るのを防げて一安心です。

しかもビニール手袋で薬をとるときも取った方が残りの薬自体も清潔を保てますよね。

まさにこれは便利だと思い、そのやり方に変えたらストレスフリーになりました。

ちなみにこのビニール手袋は100枚入りで100円です。

1回の塗布に1枚使用してわずか1円です。

水で何回も洗ったりするよりかなり清潔でコスパ良いですよね。

ちなみにハンバーグとか混ぜるときなど料理にも使っています。

大人はある程度大丈夫でしょうけど、小さい子どもにはやはり手の雑菌とか気になりますよね。

以前は素手で混ぜてましたがこちらを使うようになりました。

まだハンバーグはそのあと焼いて火を通すからいいのかもしれません。

でもオニギリとか直に食べるものを握る時とかも使うといいかもしれませんね。

他にもお風呂の排水口を掃除する時とかも使っています。

ゴム手袋だと中が蒸れて臭くなりますがこちらは使い捨てだから衛生的です。

1つ買っておけばこんな風にいろんな用途に使えてとっても便利です。

これからもし息子が嘔吐した時の処理なんかにも感染予防に良さそうです。

うちは何度もリピ買いしてますが、便利でオススメです。

一時保育の面接に行ってみたレポート

一時保育という言葉は子育て中の方は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

一時保育は保育園で半日とか1日とか単位で預かってくれる制度です。

毎日通う保育園児さんとは違い、その日によりクラスのメンバーもかわります。

一時保育は下の子を妊娠中の妊婦さんとかパートタイマーさんしか使えないのかと思っていました。

ところが一時保育はママのリフレッシュという私的な目的でもOKなんだそうです。

私は全然知らず、知っていても特に利用することはないかなと思っていました。

リフレッシュなら実家に息子を預けたりができるからです。

でも以前の1歳半検診で少し発達の指摘をされた際に一時保育を推奨されました。

集団に入ったり環境が変わると息子の刺激になるかもしれないからと言われたのです。

たしかに集団生活やお友達から見よう見まねに学ぶこともあるかもと思いました。

保育園体験という意味でもやってみる価値はあるかもと思い利用を決めました。

保育園になかなかは入れないと言われてる今、一時保育制度はありがたいですね。

私の市の場合は1ヶ月に12日まで一時保育を利用できるようです。

半日だと1回1000円台、1日だと2000円台です。

半日でも1日でも昼食がついてこの値段のようです。

お稽古ごとに行っても1時間たらずで1000円以上かかるのでかなり良心的な値段と思います。

時間も長いし、集団生活や先生から学べることもたくさんありそうです。

習い事に迷うくらいなら一時保育がよかったりするのかもしれませんね。

色々と持ち物や園での過ごし方、時間などの説明を受け書類を書いて終了でした。

先生に、コップで飲み物を飲めますか?と聞かれました。

うちはこぼれにくいタイプのWOWカップを使ってるので、こぼさず飲めるかは謎でした。

すると保育園では持ち手なしのコップを抱えて飲むことを教えますと言われました。

1歳半なのでできるからお家でもしてみてくださいねとのことでした。

そんな有意義な情報知らずにいたのでこれ一つでも知れて行った甲斐がありました。

まさか一時保育でコップの練習までしてくれるなんて目から鱗でした。

それにズボンを履く練習とか靴を履く練習とかも少しずつしてくれるそうです。

保育園ってなんてありがたい存在なんだと思いました。

よく保育園は生活の場だという言葉を聞きます。

先生方はまさに生活の上での親の教えることのサポートをしてくださるんだなと感じました。

息子はどんな反応をするかわかりませんが、少しでも楽しんでくれたらと思います。

持ち物に名前を書いたりしないといけないので楽しみながら準備したいと思います。

オールシーズン我が家で大好評の生姜あんかけうどん

今日は我が家で頻発登場する生姜あんかけうどんをご紹介します。

うどんって本当に節約の味方的存在ですよね。

うちは業務スーパーの1つ16円の袋うどんをよく買います。

3人なので3玉かっても50円行かないという最強コスパ主食です。

冷凍うどんの方がコシがあって好きなので、一時期多少高くてもと買っていたこともありました。

しかし生姜あんかけうどんを作るようになってからは冷凍うどんじゃなくてよくなりました。

出汁や具が美味しすぎて、もはや麺がどんなでも美味しいとなったのです。

しかも冷凍うどんだとかなり冷凍庫のスペースをとるのがネックでした。

息子の離乳食でもコシのあるうどんより柔らかい袋うどんの方が向いていました。

そこで安いし我が家では16円の袋うどんがど定番となっています。

生姜あんかけうどんに欠かせない生姜は安売りで買ったのを切って冷凍しています。

これでいつでも生姜うどんをできるように切らさないようにしています。

まずは冷凍庫から生姜を出して常温に置いておきます。

次に鶏胸肉を一口大に切り片栗粉をまぶします。

これにより鶏胸肉がパサつかずしっとりプルプル、しかも片栗粉効果で汁にとろみも出ます。

野菜はオススメはきのこ系とキャベツか白菜です。

今回はしめじ、えのき、キャベツ、ネギを用意しました。

きのこ系は出汁が出るしあんかけにぴったりになります。

キャベツや白菜はボリュームや食べ応えが出るためうどんを一品にしあげるのに最適です。

水を鍋に沸かし、鶏胸肉と野菜を入れて炊いていきます。

うどんに欠かせない出汁はとるのが面倒ですよね。

なので今回はここにかつお節を2パックドバッと投入しました。

花かつおみたいな出汁用のではなく、 パラパラかけて食べる小袋のかつお節です。

これで出汁は出るし、出汁用かつおじゃないのでこしたりする手間もなしです。

かつお節も具の一つと思って食べちゃえばいいのです。

ある程度具に火が通ったら、うどんを投入し、醤油、みりんで味を整えます。

そしてここで冷凍庫から出して置いた生姜がある程度解凍されてきています。

なので包丁も入りやすく、皮をシュシュっと剥けるので剥きます。

あとは生姜を鍋上ですりおろせばパラパラと生姜が入っていきます。

仕上げに片栗粉で様子を見ながらとろみをつければ完成です。

この生姜あんかけうどんは本当に万能です。

寒い時期はポカポカ暖まるし、暑い時期も意外と胃腸は冷えていたりするし最適です。

食欲がない時、疲れてる時、胃もたれしている時、いつでもいけます。

具だくさんにすればするほど美味しいですよ。

今日はビビンバ風ごはんもつけて出しました。

ぜひお試しください。

息子の成長〜三輪車など跨がる系乗り物に少し慣れてきた〜

1歳7カ月の息子ですが、どうも自分で跨がる系乗り物があまり得意でないようです。

三輪車や室内バイク、公園のバネがついててビヨンビヨンと動く遊具などです。

乗せた瞬間から降りて、ダーっと走り出すことの方が多いです。

どうやら乗り物より自分の足で進む方が好きなんですかね。

室内バイクはかなり前から乗せていましたが、最初は座らせると泣くほどでした。

それがいつしか座るようになり、前後に動かしてあげると笑顔すら出てきました。

公園のバネつき遊具も徐々に座れる時間が伸びてきましたがこちらはまだあまり楽しくなさそうです。

そして三輪車は保育所の園庭開放にあるので時々乗せてみていました。

保育所には大きな三輪車と小さな三輪車があります。

多分大きな三輪車は4.5歳とかお兄ちゃん用なのかもですが、息子はそちらのが好きです。

というのも小さい方だと足が着くためその足をどうしたらいいかわからないようです。

ペダルに足を置かせてみてもすぐはずれて地面についています。

だったら地面を蹴るといいよと足を持って教えるのですが、それだともう降りるとなるようです。

しかし大きい方だと足が着かないのでぶらんとさせたまま大人しく乗っています。

そして2人乗りみたいに後ろに足をかけれるスペースがあり親も楽々です。

スケーターのように片足を乗せて床を蹴ればスイスイ押してあげれるのです。

小さい方だとかがんで押していくので腰も痛くなります。

息子も大きな三輪車だとスピードもでるからかニコニコ乗っています。

乗り物に関しても少し成長したなーと感激でした。

そこで、我が家にもある三輪車をいよいよ組み立ててみることにしました。

実は1歳のお誕生日に実家からプレゼントに買ってもらっていました。

三輪車にもストライダーにもなるすぐれもののぶんです。

1歳半から可になっていたのでそろそろだなと思っていたので出してみました。

早速公園で乗せてみましたがやはり足が着くのでうまく楽しめない様子でした。

しかし前後に少しだけ動かすとまたニコニコしていたのでこれからかなという感じです。

この三輪車にしてよかったと思った点は後ろに手押し棒が付いているところです。

これがないとまだ車輪をこげないので、かがんで押すのは本当大変です。

でも手押し棒は大人が立ったまま押して行けるので楽々です。

息子が降りてから走っていっても、からの三輪車をスイスイ押して運べました。

持ち上げて運ぶのも結構重さもあるので、本当棒つきでよかったです。

三輪車もいろんなタイプがありますが、ぜひ購入の際は参考になると幸いです。

300円ショップにて意外とお得にgetできたもの

今日は隣の市のショッピングモールに行ってきました。

ショッピングモールは空調がきいていて小さな子連れには最適ですね。

ふとその中の300円ショップが目に止まりました。

実はうちの近所には100均はあるけど、あまり300円ショップがないんですよね。

なのですごく惹かれてしまい、入ることにしました。

目的なしに入るのは爆買いしてしまう危険があるのですが、気を引き締め入店です。

するとびっくりなことに300時ショップって雑貨以外にもかなり充実しているんですね。

もちろん雑貨は充実しすぎなくらい色んなものがありました。

まず私が買ったのは息子用の浮き輪とアームエアです。

今度旅行で温水プール付きホテルに宿泊が決まっています。

昨年の旅行でも温水プール付きホテルで、0歳だった息子はスイマーバをつけました。

スイマーバは首につける浮き輪なのでかなり小さい赤ちゃんも浮ける便利アイテムです。

でももうスイマーバは入らないので、浮き輪が欲しいなと思っていました。

それも足を入れるとこがついていて座れるような形の浮き輪が欲しかったのです。

でも使用予定はその1回だけだしそんなに高いのもいらないなーと思っていました。

すると300円ショップに可愛いのがあったのです。

お魚模様が入って、先頭には車のハンドルまでついている息子受けしそうな可愛いのです。

300円ではなく、500円でしたがそれでもかなり安いですよね。

赤ちゃん用品店とかでしか買えないのかなと思っていたので嬉しい発見でした。

また同じお魚の柄のアームエアも買いました。

アームエアは腕につける浮き輪です。

もし息子が浮き輪を嫌がったり出たがったとしても、アームエアがあれば安心です。

これだけで水中に浮けるので自由自在にあそべるかなと思います。

こちらはよりお得な300円でした。

なんせ息子は水が大好きなので活躍してくれそうなものがお得に買えて嬉しかったです。

そして雑貨以外には驚きでしたが、服も売っているんです。

昨年息子に買って着せていた甚平がサイズアウトしていて今年も買いたいと思っていました。

するとすごく可愛い柄のが500円ではありましたが売っていました。

甚平は1000円以上するしこれはお得と買ってみましたが大正解でした。

まずあけてタグを見ると綿100%の文字が見え、500円なのにと大満足でした。

子どもは汗をかきやすいので綿100%が嬉しいです。

しかも甚平が上下分かれていて、ズボンが入っているのでかなり実用的です。

ズボンはパジャマや他の服の下にも使えるし、バラで使えるのは満足度アップです。

無計画の飛び込み入店ですが、掘り出し物が安く手に入り嬉しい日となりました。