絵本を何歳から触らせるかということについて


1歳5カ月になる息子は絵本がとにかく大好きです。

ぐずっていても絵本を読んであげるとニコニコご機嫌になります。

また読んであげる以外にも自分から絵本を取りに行きめくって見ています。

日中おもちゃで遊ぶよりも、自分で絵本をめくっている方が長いくらいです。

これは絵本好きになって欲しいと願っていた私にとってすごく嬉しいことです。

もしかしたらこの先絵本はあまり好きじゃないという時期がくるかもしれません。

だけど今の時点でこんなに絵本に興味を持つのは私の1つの策が成功した気がします。

その策とはとにかく早くから絵本に自由に触らせるということです。

まだ1歳にもなる前から我が家では自由に絵本に触らせていました。

もちろん噛むし破るし絵本はぐちゃぐちゃになります。

噛んだり破ったりした破片を飲み込まないように見守るのもまた一仕事でした。

よく、ママ友にも、すごいね、よく触らせれるねと言われました。

噛んだり破るからまだうちは触らせれないとみんな口を揃えて言うのです。

私からしてみたら、噛んだり破ったりすることよりも興味を持つ方が大切でした。

確かに本は大事にしないといけないと私も小さい頃から親に教わってきました。

本を踏んだら、踏んだら頭悪くなるよと怒られたものでした。

だからママ友も本は大事にしないとという思いがあるのかもしれません。

それは大いに理解できます。

しかし私はこうも考えました。

物を大事にするということはもう少し大きくなってから教えてもいいのではないか。

噛んで破ってボロボロになっても絵本は楽しいものと覚えてもらうのが優先ではないか。

そう考えたのです。

図書館で借りてる本はさすがにダメですが、自分の本は息子の本です。

息子が噛もうが破ろうが好きにしたらいいし、テープ補正したらいいと思っています。

なんなら、そんなにボロボロにするくらい好きなら新しいのを買い換えてもいいと思います。

この自由効果なのか、今では自分で大人しくめくって噛んだり破るのも減りました。

めくってパラパラと絵が変わることが楽しいと感じているようです。

この気持ちを育ててあげれたことは本当に良かったと思っています。

もしボロボロにするからと、触るのを取り上げていたらここまで好きになったでしょうか。

それはわかりませんが、我が家では大成功だったと思っています。

破れた数だけ好きな証拠といわんばかりに、お気に入りはビリビリです。

それでもビリビリボロボロの本を楽しそうに見る息子に嬉しさしかありません。

絵本を早くから触らせてあげるのは我が家的にはオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です