悪天候な日の狙い目キッズスポットと子どもの成長と共に強くなるママ


今日は久々の悪天候でした。

こんな日は体力有り余る1歳5カ月の息子をどこへ連れて行こうか悩みます。

毎日出かけないと寝ないということから始まった毎日のお出かけです。

外遊び、公園、散歩、キッズスペース、園庭開放と遊べる幅を広げてきました。

最近では5時半くらいから目が覚めている早起きの息子です。

そんな早朝から室内遊びしているため、朝8時にはもう飽きています。

そして外へ行きたがるようになりました。

私も外へ出た方が息子はご機嫌な上、昼寝も夜も寝つきがいいので嬉しいのです。

が、こんな天気悪くてどうするというわけで、久々にキッズスペースに行くことにしました。

幸い朝9時から開くショッピングモールがあったのでそちらに車で行きました。

8時から外に出たがっていた息子は大興奮でオープンと同時に駆け込んでいました。

セールを狙ってきたおばちゃんかという勢いでわらけました。

そして一目散にキッズスペースに行ったのですが、朝9時です。

もちろん誰もおらず貸切状態でした。

しかも9:45まで誰も来ず、10:30にそこを出るまでにうちともう1組親子のみでした。

これはかなり穴場でした。

動物モチーフの置物に乗ったり、木のモチーフの滑り台が貸切で使えました。

勿論色々な子がいる中で順番待ちを覚えたりすることは大切です。

でも時には自由気ままに思い切り好きなように遊べるのもいいことですよね。

あまりに楽しく走り回りすぎたのか、その後すぐに抱っこ紐で寝ました。

私は服をどうしても見たかったので、おかげでゆっくり見れて良かったです。

がしかし、試着したいとなったもののさてどうしようでした。

寝ていたら諦めるのですがどうしても明日フォーマルな服が必要になったのです。

ベビーカー持参していれば寝かしておけたのですが、カートしかありません。

カートは寝かせれるタイプのではなかったので着地出来ずでした。

やむなくあの作戦しかないかというわけで店員さんに許可を取りました。

すみません、試着したいので、試着室に息子寝かせていいですか、と。

店員さんもどうぞどうぞと進めてくださりありがたく寝かせました。

案の定試着室の床はフラットなので問題なくスヤスヤ寝てくれていました。

なのでそのうちに試着をしてたら、もっともっと試してみたくなってしまいました。

そこでもう少し見たくてと話すとなんと店員さんが息子を見ててくれました。

こんな厚かましいお願いを聞いてもらうとは、母は強しなのでしょうか。

息子を連れながら急用をこなすには少し強いくらいじゃないと出来ないなと実感しました。

おかげでいい服も買えて息子もたくさん遊べていい日になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です