息子の成長!感情表現が豊かに&どんどん行きやすくなってきた外食


もうすぐ1歳5カ月になる息子の成長が今日はまたよく感じられた日でした。

まだまだ言葉という言葉をしっかりとは話せません。

でもそのかわり意思表現をグズグズの使い分けで示してきたりします。

例えば喉が渇いた時、うーんうーんとぐずりながらキッチン台を覗き込みます。

そこにいつもお茶を置いていることを知っているので、欲しいという表現です。

この時うーんうーんの言い方はかなり早くてリズミカルです。

だけど、眠たい時はうーんと同じくぐずりますが半泣き顔になります。

そしてかなりトーンの高い声でうーんうーんとぐずるのです。

お腹が空いている時はうーんうーんと言いながら必ず私をタッチしてきます。

食べ物何かちょうだいと催促されているかのごとくです。

このように息子なりに意思表現のやり方を習得したようです。

私からしたら全部ぐずりながらというのがしんどい時もあるのですが。

でも言葉が喋れなくてもそういう方法でコミュニケーションが取れるって素晴らしいです。

なのでぐずりも受け入れながら息子の気持ちを汲み取ってあげたいと思います。

感情表現はぐずり以外にも豊かになってきています。

例えば好きな食べ物が出てきたらきゃーと声を出してにっこりします。

お外でワクワクしながら歩く時もニコニコ笑って楽しいという表現をしています。

息子はあまり笑ったりしないタイプの子だったので、笑顔がよく出てきて嬉しいです。

だいぶ表情が豊かになってきたねと言われることも増え、嬉しくなります。

そして今日はそんな息子を連れてなんと初の飲食店の行列に並んでみました。

赤ちゃんを連れて行列は避けてばかり来ました。

多少店を妥協しても早く入れる店にしようとすいている店を探して来ました。

ところが今日はどうしてもここのが食べたいという店があり並びました。

そんなに食べたかったのは明石焼きです。

テレビで見て無性に食べたくなりどうせなら評判の店で食べたかったのです。

30分ほど並びましたが息子はベビーカーでお菓子を食べ大人しくしてくれました。

そして店内は狭いからベビーカーは外に置いて子ども椅子はなしとのことでした。

順番が来てベビーカーから降りてもぐずらず、用意してくれたソファ席に大人しくしていました。

正直こんなスムーズにいくもの?とびっくりしたほどでした。

でもこうやってどんなお店にもどんどん行きやすくなるんだろうなと思いました。

これも息子が成長してきた証なのですかね。

明石焼きはふわとろで美味しく大満足の味でした。

一人前頼むと15個付いてきますが、私のから息子も4つ食べお気に召したようでした。

店員さんにもお利口さんやねと褒められて私も嬉しい思ひ出の店になりました。

また是非ふらっと行きたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です