息子がしっかり歩けるようになって初の電車移動で都会へ


今日は息子と主人と義妹と4人で都会へお出かけでした。

と言っても、電車で急行なら一駅、各停なら二駅だけです。

なぜなら目的駅にすぐ近い手前の駅まで車で行ったからです。

先日のブログにも書きましたが近々電車で遠出する予定があります。

なので今日はそのプレで予行演習も兼ねて同じようなルートにしたのです。

車で行ける出来るだけの距離まで都会へ行き電車に乗る計画なのです。

理由は息子がただただベビーカーが嫌いで、人見知りも激しいからです。

これにより少しでも電車移動時間を短くする計画です。

チャイルドシート好きの息子のためにも目的地まで車で行けたら一番です。

でも都会の高速は走る自信がないため、行けるとこまで車という感じです。

そんなわけで、今日もプレでそこまで車で向かいました。

45分を見積もっていましたが、実際そのくらいかかりました。

だいたい出発時間も同じくらいでしたので当日もそのくらいでしょうね。

やはりチャイルドシートではおとなしく座っていた息子でした。

車をパーキングに停めたら、ベビーカーに乗せ換えて駅に向かいます。

まず乗る時点でやはり体を大きく仰け反り抵抗でした。

なんとかボーロをつかませたり食べさせたりして乗せ換え成功でした。

その後もお菓子をあげながらだとご機嫌でホーム、電車へと無事乗れました。

結局心配した内では人見知りもなく外を見たりご機嫌に乗っていました。

走り回りたがることもなく、ほっとしました。

大人3人もいて、手に負えないようでは今度の遠出は私1人だし諦めようと思っていました。

しかし意外と電車は景色が変わるのが楽しいのか揺れが心地良いのかご機嫌でした。

大変だったのは着いてからの方でした。

まずベビーカー乗せているイコール必然的にエレベーター利用になります。

エレベーターが遠い、なかなか来ない、来ても満員で乗れないの繰り返しでした。

待ち時間が長くなると、ただでさえ嫌いなベビーカーが動かないからさらに不機嫌です。

しびれを切らし抱っこに切り替えて、主人がベビーカーをたたんで持ち移動しました。

すると一度降りたベビーカーにもう乗りたくないと大暴れでした。

なんとかお菓子でまたなだめて乗せるも時間とともに効力はなくなります。

歩きたいモードになりおろすと手を繋ぎたくないと怒ったり人混みの中大変でした。

今日のプレでわかったのは電車移動よりもベビーカー長時間の方が問題ということでした。

適度に遊べる場所におろしてあげてストレス発散させてあげなくちゃだなと思いました。

帰宅してからは公園に行き思う存分体を動かしご機嫌の息子でした。

今日は良い予行演習になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です