冷凍ストックのありがたさ〜3分で出来る息子の晩御飯〜


1歳半の息子の最近のごはんについて書いておこうと思います。

最近では大人の晩御飯からとりわけられるものも随分増えてきました。

例えば前なら煮付けなどでも酒やみりんは使わないように別でしていました。

万が一にもアルコールが残っていたらと心配だったからです。

でもよく加熱すればアルコールは飛ぶので大丈夫と聞いたので一緒になりました。

濃い味はお湯などで薄めたりすることもあります。

でも他の付け合わせメニューを温野菜など味付けなしにしてバランスを取ったりもします。

とにかく薄味とよく火を通すことだけは心がけてとりわけをしています。

では随分冷凍ストックが減ってきたかというと実はそうでもありません。

我が家では冷蔵庫の真ん中あたりにある小さな冷凍引き出しをストック用にしています。

常にそこはパンパンになるくらいストックが入っています。

それは何故かというととりわけの際にたくさんとりわけてちょこちょこ冷凍するからです。

もちろん一気にストック作りとして大量に作って冷凍することもあります。

でもほとんどがとりわけからのストックです。

例えばブリの照り焼きを晩御飯に作る日はあえて4切れくらい作ります。

2切れは夫婦で食べあと半切れを息子の夕飯に出すと1切れ半残ります。

それを半切れずつに分けて冷凍したら3食分ストックができるという形です。

そんな形で野菜でもお肉でも多めに作っては冷凍しています。

友人にでも毎日とりわけるならストックいらないんじゃないと言われました。

でもそれは昼ごはんなどに使えるのでやはり必要です。

息子を連れて出かける中で昼ごはんまで毎日用意するのは大変です。

なのでチンすればすぐ食べられるストックは本当に助かります。

とくに息子も私も熱が出たつい先日なんかは3.4日ストックに頼りきりでした。

それでも事足りるくらいのストックがあり、本当に助かりました。

そして今日も主人が飲み会で晩御飯いらない日だったので私も適当に済ませました。

そんな日の息子の晩御飯もストックがあれば怖いものなしです。

今日の息子の晩御飯はハンバーグ、炒り卵、ブロッコリー温野菜、海苔御飯でした。

ハンバーグは以前大量にホットプレートで作って冷凍ストックしていたものです。

鳥ミンチ、豆腐、小松菜、青梗菜が入って栄養満点です。

ブロッコリーも白御飯も冷凍ストックで全部チンするだけです。

その間に炒り卵だけさっと作り、盛り付けたら白御飯には海苔を振り完成です。

わずか3分で栄養満点のハンバーグ定食完成でした。

彩も綺麗でとても冷凍ストックからとは思えない自己満足でした。

子どもが小さいうちは冷凍ストックしておくと便利なのでおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です