じっとしてくれないオムツ替え時に有効すぎる0円アイテム


赤ちゃんのオムツ替えは育児の中で最も初めてから数多くすることの1つです。

生まれたばかりの時は動いても足くらいだし抑えれば大丈夫です。

しかし寝返りをしだす頃からどんどんオムツ替えは大変になります。

何せじっと寝ていてくれないのです。

足バタバタの力も強くなってくるし、寝返りしてすり抜けようとします。

そうなるとウンチしたオムツを替える時は特に大変です。

バタバタしすぎて自分の足にウンチがついてるわ、床にもつくわでてんやわんやです。

そこで我が家ではおもちゃを持たすようにしてそちらに気がいくようにしていました。

特に効果があったのはリモコンのおもちゃです。

ボタンを押すと喋ったり曲が流れたりするので息子は夢中になっていました。

そうすると、足を動かすことも忘れているのでその隙になんなくオムツ替え出来ました。

しかしどんどんヤンチャに成長した今、おもちゃでは誤魔化せなくなってきました。

止むを得ず自分の足で息子の体を挟んで抑えて、自分の片手で息子の足を抑えます。

がしかし、力が強すぎて、私の抑えを突破してすぐに走り出します。

足とお尻にはウンチがついてるのに、オムツを開いた瞬間猛ダッシュです。

オムツから解放され気持ち良いのは分かりますが、発狂気味に追いかけます。

時には間に合わずそのお尻のまま床にぐちょっと座り込むこともあります。

もう何とかせねばと思い、必死に再度押さえ込んだ時に神アイテムを発見しました。

それはおしりふきシートに必ずついているシール式のビニールの蓋です。

我が家ではこの蓋はだんだん粘着力がなくなるのでプラスチックの蓋に替えています。

100均でおしりふきの蓋として売られているものです。

これならカチっとピタっと閉じるので中のおしりふきシートが乾かず済みます。

なので新品をおろすときは、最初についてるビニールの蓋をピリッとやぶり捨ててました。

すぐにゴミ箱に捨ててたのですが、その時はまさに今新品をおろしたばかりでした。

なのでまだやぶった蓋部分があったので、とっさに拾い息子の腕に貼り付けました。

すると程よい粘着力がまだ残っていたから軽く息子の腕にくっつきました。

初めての感触に面白かったのか夢中になり何度も貼ったり剥がしたりしてました。

その隙に今度こそ平穏無事にオムツ替えをすることができました。

そして捨てずにおしりふきシートの裏に貼って保管しています。

またオムツ替えの際にはそちらから取って使いたいと思います。

こんな使い方も出来るなんて、出かけ先にも自然に持っていけるし最高です。

なんせおしりふきシートについてくるからこのコストは0円です。

ぜひオムツ替えにお困りの方お試しくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です