息子の成長〜手繋ぎができるようになった〜&サクサクチヂミ簡単レシピ


最近1歳4ヶ月の息子がようやく手繋ぎをしてくれるようになりました。

歩き始めてから何度となく手繋ぎを試みましたが払いのけられていました。

多分まだ手を繋ぐ意味がわからなかったのでしょうか。

それがだんだんと手繋ぎ=安心という感情が芽生えてきたのでは?と感じます。

最初は公園など段差のところを乗り越えようとしていた時に手を自ら繋いでくれました。

それまでは段差を越える時は下に手をついて四つん這いで乗り越えていました。

それが手繋ぎで私の支えがあれば立ったまま行けるとわかったようです。

またベビーカーに乗ってもぐずりだすと手を繋いであげたら落ち着くこともありました。

主人が押して私が並走しながらベビーカーに座る息子と手を繋ぐ形です。

おそらくは私の姿が見えなくて不安に思ったのかなという感じでした。

私はベビーカーから降りたいのかと思ったのですが、手繋ぎで落ち着いたようでした。

こんな風に息子なりに手繋ぎをしたい時の意志が芽生えてまた成長を感じます。

先日は義理実家に行き、近所の公園に遊びに行く際私が息子の手を繋ぎました。

もう片手が空いていたので、主人に手を繋いであげたらと促しました。

それで主人が手繋ぎしようとしたら、息子が払いのけていました。

私は笑ってしまいましたが、主人はややショックな様子でした。

まだ手繋ぎは私だけのようで、息子なりの考えがあるんだなと面白かったです。

まだムラがあり、私でも嫌がって繋いでくれない場面もあります。

いつでもママ、ママと言って手繋ぎしてくれるようになる日が楽しみです。

そんなわけで今日は近所の公園から自宅まであえて手繋ぎで歩かせていました。

途中止まったり遊んだりしながらなので、いつもの3倍以上時間がかかりました。

そんなわけで晩御飯は1つでちゃちゃっと出来るチヂミに決定です。

以前チヂミを小麦粉と片栗粉で大さじを使って測るレシピをご紹介しました。

しかし大さじを使うより、ボールを秤の上に置きドバドバ入れる方が楽です。

そう思いレシピ改良したら驚くほどサクサクに仕上がったのでご紹介します。

片栗粉80g小麦粉230g水400g卵1個を混ぜます。

秤の上にボールを置き0表示にして上に足し算しながら分量を加えれば楽です。

ここにニラ1束玉ねぎ半個エビ10尾豚コマ100gを一口サイズに切り混ぜます。

あとはフライパンにごま油をひき、こんがりするまで焼けばサクサクに仕上がります。

4枚ぶんくらい作れるのでチヂミだけでお腹いっぱいになりますよ。

是非お試しください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です