息子がまたまたお熱〜夜間の高熱に備えあれば憂いなし〜


昨夜またまた息子が熱を出しました。

夜寝るまでピンピンしていたのに寝る21時くらいにおでこが熱くなっていました。

それでもやたらに元気いっぱいで眠いから体温上がってるのかなと思いました。

半信半疑で熱を測ると39度で、眠いからというのではないと確信しました。

しかし鼻みずや咳もないので、とにかく寝かしつけて様子を見ました。

夜中2時半頃にうなされた様子で起き、とにかく水分をと授乳するも拒否でした。

再度寝かしつけようも、しんどくて寝つけない様子でした。

一旦起こしてアクアライトを飲ませたらゴクゴクと300mlくらい飲み干しました。

そして熱を測ると39度越えていて、救急相談に電話しました。

というのも以前の病気の時にもらった座薬が冷蔵庫にあったのです。

使いたかったのですが、勝手な判断で使っていいものか危ぶまれました。

なので、相談に電話して意見を伺うことにしました。

この相談ダイヤルは近所の夜間子ども救急病院の番号でした。

看護師さんが出てくれて、年齢や体重、症状など事細かに聞いてくれました。

残っている座薬の種類やいつもらったかなども伝えると使っていいとのことでした。

我が家にあった座薬は半年前にいただいたものでしたが、1年は大丈夫と言われました。

アドバイスを元に座薬を入れるとすっと熱が下がり朝まで息子も眠れました


朝には熱が下がりアクアライトをがぶ飲みして元気になりました。

ここで夜間の高熱への備えを考えてみたく思います。

まず水分についてですが、必ずアクアライトは常備すべきと思いました。

アクアライトはドラッグストアや赤ちゃん用品店に置いています。

ポカリやアクエリアスの赤ちゃん版みたいなものです。

うちの息子の場合は、授乳やお茶では拒否したので、常備していて助かりました。

熱だと汗もかくし、水分不足にならないためにも水分補給は大切です。

これならスーッと飲みやすかったようで、必ず常備すべきと感じました。

ペットボトルタイプもありますが、顆粒タイプだと省スペースだし助かります。

日持ちもするし、たくさん水にとくだけで作れるのでオススメですよ。

それから夜間の相談ダイヤルを把握しておくことも大切だと感じました。

自己判断で薬を使ったり朝まで様子を見ようとするのが危険な場合もあります。

電話ではわからないと言われることもあるかもですが、すぐに受診すべきか相談もできます。

間違った自己判断になるリスクも下げられるので事前に知っていて良かったと感じました。

まさに備えあれば憂いなし、赤ちゃんのいる方にはぜひ準備をオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です