三角コーナーはいらない!掃除の手間いらずのノンストレス代用品


我が家のキッチンのシンクには三角コーナーを置いていません。

結婚当初には置いていたのですが、すぐにヌメヌメしてきて掃除が大変でした。

ヌメヌメする度掃除をする手間とストレスがどんどん溜まっていました。

いっそいらないんじゃないかと思い撤去するに至ったのです。

無くしてからは代わりに立てれる水切り袋を使用していました。

しかしシンクに直置きするので、勢いよく鍋など洗って水を流すと一緒に流れてしまいました。

これでは洗いものたびに流れないように気をつかわなくてはならずでした。

それはまたそれでなんだかストレスでした。

生ゴミが出る度にビニール袋に取る方法もしました。

しかしやたらにビニール袋がいるしいちいちというのも面倒でした。

排水口に溜め込んで捨てる方法もしましたが、水流れが悪くなり嫌でした。

何か良いアイデアはないものか試行錯誤の末についに辿り着いた方法があります。

それは排水口ネットをs字フックにかけて固定しておくというやり方です。

シンクの左端にスポンジ置きを設置しています。

その下のスペースが空いているのでそこに三角コーナーを元は設置していました。

今はスポンジ置きの穴にs字フックをひっかけて、もう一方に排水口ネットをひっかけています。

こうするだけで、勢いよく水を流してもフックで固定しているので流されません。

ネットは網になっているので水分を含んだものを捨てても勝手に水切りされます。

ゴミを入れていき溜まったらネットごと捨てれるので三角コーナーのように掃除いらずです。

通気性もいいからか匂いがこもることもほとんどありません。

それに排水口ネットは100均でも50枚以上入って売っているので経済的です。

以前使っていた立てれるタイプの水切り袋は100均だと15枚くらいしか入ってませんでした。

これはお得な感じがしますね。

ちなみにこの排水口ネットは、先輩の赤ちゃんへのチュチュを作った余りです。

もういらないし、我が家の排水口には不識布タイプを使ってるので網のは使いません。

不識布タイプの方が細かいゴミまでキャッチするから気に入っています。

でも三角コーナーがわりなら網タイプでゴミを取りこぼしても安心です。

最終的には排水口で不識布がキャッチしてくれるからです。

なのでちょうど使い道が見つかってなんだか得した気分でした。

粗品などでもらうタイプにもこの網タイプの排水口ネットが多くまだ家にあります。

しばらくはこの方法で消費したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です