ありがたい差し入れ〜支えてくれる人がいるありがたさ〜


実家から帰ってきて1週間以上がたちました。

実家帰省と息子の病気が立て続けだったため私も疲れが出たようです。

この1週間は熱はないもののだるくてしんどい風邪のような症状でした。

鼻水や咳はなくだるさだけなので、特に病院には行っていません。

病院に行くとしても息子を連れて行かなくてはいけない現状です。

病みあがりの息子を連れて、大人の病院に行くのは気がひけます。

それに自分自身が疲れからきてる症状だと分かる感じなのです。

一番の薬は、寝る、ゆっくりすることだと思います。

しかしまだまだ息子は夜中何度も起きるしゆっくり夜は眠れません。

昼間も有り余る体力を使わせるために外出は欠かせません。

ゆういつの息子の昼寝タイムに一緒に寝るようにしていました。

がそれも30分とかなのでさほどゆっくり出来てはいません。

なんとか息子の外遊びと最低限の家事をこなすのでいっぱいいっぱいでした。

やはり母親の健康だけは本当に大切です。

主人も残念三昧なシーズンなので、お風呂なども私がしなくてはなりません。

なんとか熱だけは出さないようにと、家事の手を思い切り抜いてきました。

例えば晩御飯には揚げ物とかシチューとか1つで済むものを採用しました。

洗濯はなるべく乾燥機に入れて、干す手間を省きます。

掃除機は頑張って、多少息子の手が届かない部分の掃除は手を抜きました。

こうして少しでも時間を作りゆっくりするよう心がけました。

熱だけは出すまいとそれはそれは必死でした。

それを繰り返していくうちにだんだん体調も快方に向かい、だいぶ元気になりました。

しかしそれに追い討ちをかけるように昨夜息子が夜中2時から5時まで寝ませんでした。

なのに朝は7時前から起きて元気一杯な様子にさすがにダウンしかけました。

しかし起きた息子を放置して寝ることはできないので頑張って起きていました。

今日は全ての家事をパスしようと考えていた矢先救いの連絡が来ました。

義母からのラインで今日出かけるから帰りにお弁当買って持っていこうかとのことでした。

何も伝えてないのに不思議なタイミングでありがたすぎました。

迷わずお願いしていいですかと甘えました。

頑張っていると、必ず助けてくれる人がいるものだなと嬉しかったです。

主人もどんな御飯でも文句言わず、たまには手を抜きといつも言ってくれます。

どんな手抜きでもせめて自分で作らなきゃといつも思うのですが、今日は甘えました。

すると、晩御飯しなくていいと思えるだけで想像の何倍も気持ちが軽くなりました。

本当に辛い時は宅配などに頼るのもありかなと思いました。

心の健康も大切と学びながら、ありがたくいただいたお弁当は絶品でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です