揚げ物を敷き詰めて時短簡単お弁当


今日は友人家族とお花見の約束をしていました。

わが家も家族で参加予定でしたが、急遽主人が仕事になり私と息子で行くことになりました。

各々お弁当とおやつを持ち寄りしようということになっていました。

しかし主人1人抜けただけで、なんだかお弁当のやる気がなくなる不思議です。

私はコンビニおにぎりと息子はベビーフードでいっかとも一瞬思いました。

しかし、やはり形だけでもせっかくだから作ろうと思い手抜き弁当です。

今回は冷凍庫にチキンナゲットとコロッケがあったのでそれをメインにしました。

どちらも実家からもらってきていたのでたまたまありラッキーでした。

大きく幅も取るのでお弁当箱もほとんどうまるし、揚げるだけの簡単で便利です。

揚げ物は油の鍋に投入しておいて、その間に他の作業が出来るのも助かります。

その間に簡単マカロニサラダを作りました。

手順としては揚げ物用の油鍋を温め始め、隣のコンロで小鍋に湯を沸かします。

どちらも温まるまで時間があるのでその間にマカロニサラダ用のハムを切ります。

切れたらキュウリは皮をむきスライサーでスライスしてハムとボールに入れます。

まだ時間があるので、炒めもの用のピーマンを千切りにししめじをほぐします。

ウインナーは切り込みを入れ下準備しておきます。

お弁当箱は2段を使ったので下の段に白ごはんをつめ海苔をかぶせてのり弁にします。

この辺りで両鍋が温まるので、コロッケとチキンナゲットを油鍋にいれます。

次に沸騰した湯に塩とマカロニを入れ混ぜながら2分半茹でます。

茹で上がるとマカロニを先ほどのハムキュウリと合わせマヨネーズ塩胡椒と和えます。

この状態でマカロニがまだ熱いので冷ます意味も込めて放置しておきます。

続いてマカロニを茹でた鍋がテフロン加工の小鍋なので炒めものをしていきます。

温まると切ったピーマンとしめじを入れ塩胡椒で炒めます。

これで簡単な炒めものの一品完成で、お皿に出し冷ましておきます。

ちなみに炒め始めくらいに油の鍋のコロッケ等をひっくり返すと良いです。

炒め終わると、ウインナーを投入して焼きます。

焼き上がりくらいに油の鍋も揚げあがるので両方取り出します。

ここまででおよそ15分ほどで出来ました。

あとはそのまま粗熱がとれるまで、私は朝食を食べたり洗い物をしていました。

そしてお弁当箱に盛り付けて、最後に冷凍ストックしていたブロッコリーを入れ完成です。

油鍋は温まるまでは少し時間がかかりますが、その間に他の作業が出来て良いです。

また揚げてる間もほとんど放置でいいのでとても簡単で助かりました。

息子用もマカロニサラダと炒め物は味付けをする前に取り分けておきました。

時短簡単お弁当是非お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です