節約簡単晩御飯〜鶏胸肉でボリューミーサラダと使いまわせるバターソテー〜


昨夜の晩御飯は肉豆腐、鶏胸肉と胡瓜の中華風サラダ、ポパイバターソテーでした。

肉豆腐は100g98円で以前安く売られていた牛肉を冷凍していたものを使用です。

豆腐は29円、玉ねぎひと玉30円で、200円以下の激安です。

水から全材料を炊いて味付けは醤油、酒、味醂、砂糖でお好みでします。

今回はお水を多めに入れてお汁風に仕上げました。

牛肉が入っているので立派なガッツリ系おかずにもなりますし、お汁にもなります。

一石二鳥な簡単レシピです。

また味付けを濃いめにして、最後に片栗でとろみをつけて餡にしてもいいですね。

御飯にかけてどんぶりも良し、うどんと合わせて肉あんかけうどんも良しです。

アレンジのきくレシピは大好きです。

アレンジがきくといえば、ポパイバターソテーもです。

ポパイとは私が勝手に呼んでいるだけですがほうれん草を使います。

漫画のポパイが好きなイメージからそう呼んでいます。

ほうれん草にコーン缶1つとベーコン、えのきをバターで炒めます。

ほうれん草は78円、コーン缶は60円ほど、ベーコンは50円ほど、えのきは30円分くらいです。

こちらも200円ちょっとでたっぷり作れました。

夜ご飯はバターソテーに醤油を垂らしておかずとして食べました。

残りは翌朝マヨネーズを混ぜ込み食パンにのせて焼きました。

ポパイマヨトーストの完成です。

アレンジでチーズをのせたり、ケチャップをまぜても良いと思います。

パスタにもあわせられるしやはりアレンジがきくためリピート率が高いです。

そして鶏胸肉と胡瓜の中華風サラダはこれまたボリューミーなのに激安です。

鶏胸肉は1/4枚程度で充分なので50円ほどで、胡瓜は1本30円です。

たった80円で歯応え食べ応えのあるサラダになります。

鶏胸肉は白米を炊くときに一緒に炊飯器に塊のままいれます。

こうすることで蒸す作業を省略できるし、米にも鶏のエキスがしみて美味しくなります。


光熱費も節約になるし、炊飯器だと鶏胸肉もふっくら仕上がります。

炊けたら冷ましてから鶏胸肉をさいていきます。

胡瓜は千切りして塩もみして15分くらいおいておきます。

胡瓜の水分をペーパーでとり、さいた鶏胸肉と合わせます。

ここに、胡麻、砂糖、醤油、酒、ごま油を合わせてあえます

すると簡単に中華風サラダの完成です。

ごま油がアクセントですが、酢やポン酢を使い酸味をプラスしても良いです。

今回はさらにボリューミーにするためにレタスをしいてみました。

今日の晩御飯のおかずは約500円で出来ました。

是非試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です