息子のかかった病気〜クループ症候群〜


息子が先日病気になったことについて前回のブログに書いていました。

結局3日連続病院に通い、クループ症候群という診断が出ました。

あまり聞きなれない病気だし、記録を残すためにもこちらに書き記したいと思います。

赤ちゃんのいる方にも知っていただけたら幸いです。

ただ私の勝手な解釈に基づく記録なので間違いもあるかもしれません。

参考程度に見ていただけたら幸いです。

クループ症候群というのは喉頭が腫れてヒーヒーゼーゼーとする症状が出るようです。

原因は大部分がウイルス感染のようで、子どもに多いようです。

診察をうけた先生によると、子どもの風邪の一種とのことでした。

前回にも書きましたが、最初ヒーヒー言いながら咳をして息子が昼寝から起きました。

よく聞くと器官もゼーゼーとして呼吸が苦しそうにしていました。

今思うとこの症候群にあてはまってると思う症状ばかりでした。

かかりつけの小児科ではウイルスか何かで喉の入り口が腫れていると診断されました。

まさにクループ症候群という感じでしたが、その診断はまだ出ませんでした。

息子も発作的なのはその1回だけであとはすこぶる元気な様子でした。

たまにする咳が重いのと、ややゼーゼーが残っているな程度で翌朝を迎えました。

先生には明日もしんどそうなら来てと言われていて迷うくらい元気でした。

けれど念のため同じ小児科に行きました。

というのも翌日から実家帰省予定だったので、辞めるべきか判断してもらいたかったからです。

結局診断ははっきりせず、実家帰省もいいと言われました。

良かったとホッとしながらその日も元気な様子の息子とゆっくり自宅で過ごしました。

病院から帰っても咳は相変わらず重いもののヒーヒーやゼーゼーもほぼなくなっていました。

ところがその夜寝ていたら息子が突然またヒーヒー言いながら咳をしました。

幸い、初日に起きたのよりは軽く少ししたら収まる程度でした。

しかしそれが2.3回夜中にあり、やはりまだかなりしんどそうだなと感じました。

そして翌日はセカンドオピニオンを聞くためにもかかりつけでない病院へ行きました。

大きな総合病院で、小児科も呼吸器科もあるので安心かと思ったからです。

結局そちらでクループ症候群と診断が出ました。

その症候群の特徴を聞くと、どうも夜間に悪化しやすいとのことでした。

だから昨夜はあんな感じだったのかと少しホッとしました。

結局実家には問題ないから帰ってよいとそこでも言われました。

診断がはっきり出たことでホッとしたり納得でき本当に良かったです。

でも全くしらない名前だったので最初に息子の症状をみた時は焦りました。

少しでも知識があれば不安は少なかっただろう思いました。

まだ少し咳が苦しそうではありますが
すやすや寝る息子を見て健康が一番と強く思います。

この情報が何かのお役にたてば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です