赤ちゃんを1人でお風呂に入れる方法


息子が生まれてから生後1カ月あたりから大人と同じ湯船のお風呂に入り始めました。

だいたいは主人がいれて私が拭いて着せる2人連携でしてきました。

しかし主人も残業などでいれれない日があり時々は1人でいれています。

息子の成長とともに入れ方も変わってきて、どんどん楽になってきました。

というのも最初はお座りも出来ない寝たままの息子を抱っこして入っていました。

赤ちゃんお風呂椅子のようなものもありますが、試用期間は短いし買いたくなかったです。

それにお風呂=カビが生えそうなイメージで買っても清潔に保てるか微妙と思ってしまいました。

まだ寝てるだけで動かない時期は、機嫌よく寝ているうちに自分だけ入ります。

そして洗い終わったら、タオルを巻いて息子を迎えに行き抱っこでいれていました。

息子が寝返りやハイハイなど動けるようになると、目を離すのは危険になります。

なので、バウンサーにいれて、メリーやテレビでご機嫌をとっているうちに自分だけ入っていました。

こうすれば動かないのでひとまずの安全にお風呂に向かえました。

と言っても自分自身は洗えているのかわからないくらい5分くらいで済ませていました。

やはり目を離すのは心配なので猛ダッシュでした。

お座りできるようになれば一時的に洗い場に座らせたり出来ます。

その頃にはバウンサーにいれても抜け出したりするようになっていました。

なので一緒にはじめからお風呂に入り、洗面器にお湯を入れそこに座ってもらってました。

その間に自分は洗えば、目を離さなくて済むし息子も冷えることなく入れました。

つかまり立ちの時期も滑ってこけると危ないので洗面器に座らせていました。

微妙にお尻がはまるので簡単には抜け出しにくくじっとしてくれて助かりました。

やがてしっかりと立ち歩けるようになると今は洗い場に自由にさせても平気です。

少し動き回っても自由に遊ばせている間に自分はゆっくり洗えます。

このように成長とともにお風呂の入れ方もかなり変化していきました。

最初はずっと抱っこだったのが、今や湯船に出入りする時だけになりました。

焦ってドキドキだったのにだいぶ余裕が出てきて、本当に成長を感じます。

もし赤ちゃんお風呂椅子みたいなのを買っていても今や動いて座ってくれないと思います。

買わなくてもなんとかなるので出費になるし片付け場所にも困るし特に必要ないです。

ただ一つだけ、あってよかったのは大きめのラグです。

畳一畳くらいのサイズで洗面所にどんと敷いて入っています。

これさえ敷いていればいつでもお風呂上がりは安心でした。

ねんね期もタオルの下に敷いておけば冷たくなくて良かったです。

ハイハイ期もタオルで拭いてる時に動き回ってもラグがあるから床も濡れずです。

そして歩き回る今もラグがないと濡れた足で歩くと滑るので重宝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です