節約簡単晩御飯〜余り物をリメイク晩御飯〜


今日の晩御飯は4品作りましたが全てに余り物を使って作りました。

まず主食の御飯は、鯖味噌煮の余りを使った混ぜご飯にしました。

おとついの晩御飯に鯖が4切れ299円と安かったので鯖味噌煮をしていました。

夫婦で2切れ食べ、息子にも1切れ晩御飯に出しました。

1歳の息子には味が濃すぎるといけないので味噌が染み込む前に出しました。

余った鯖味噌煮が1切れあったのを冷蔵庫保管していたのです。

その1切れをほぐして、白御飯お茶碗2杯分とすりゴマと青ネギと混ぜます。

味噌の量を見ながら味が薄ければ塩を少し足して混ぜるといいと思います。

これで絶品鯖味噌混ぜご飯が完成しました。

1切れだとそのままおかずとして出すには物足りませんが、混ぜご飯には十分です。

次に昨日はたこ焼きを作ったのでその残りが少しだけありました。

そんな時はだしの素を入れた水を沸かし醤油、みりんを少しだけ入れておつゆを作ります。

あまりたこ焼きとネギを入れたら、明石焼き風たこ焼き入りおつゆの完成です。

たこ焼きをほぐしながらおつゆを飲むと、明石焼き風で美味しいですよ。

さらに、たこ焼きを作った際にタコとキャベツが余りました。

タコはぶつ切り状態で、キャベツはまだ切る前の状態で少しだけ余っていました。

タコは海鮮の味を生かしたいけど、そんなに量がないので野菜のアヒージョに加えました。

野菜は家にあった玉ねぎ、ジャガイモ、えのき、アスパラ、ピーマンを使いました。

でもなんでも余り野菜があればそれでokです。

アヒージョの素とオリーブオイルと野菜、タコを一気に鍋に入れて火をかけます。

蓋をして中火で15分くらい放っておけば完成です。

焦げる?と心配かもしれませんが、野菜からたくさん水分が出るので大丈夫です。

混ぜなくても蓋をするので蒸し焼きのようになり全体に火が通ります。

さらにさらに、キャベツは適当にちぎって皿に並べ豚こまを乗せてラップをします。

レンジで500w6分ほど加熱すれば簡単キャベツと豚の蒸し物が完成です。

ポン酢をかけて食べれば、キャベツの甘みがひきたち優しい味わいです。

アヒージョも蒸し物も放置でできるので、その間に混ぜご飯とおつゆが出来ました。

全て余り物を使ったけども、余り物感がない晩御飯に出来ました。

余り物以外は豚こまと野菜を使いましたが、それさえも以前に使った余りでした。

余り物はそのまま出してもいいですが、一手間で全く別物のような新鮮さを出せます。

ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です