急な来客にも即対応のたこ焼きパーティー


今日は予定も特になく、いつも通り息子とお散歩しにいこうかなと思っていました。

そこへ友人から一本の電話がありました。

その友人もママで、私と同じ1歳の息子くんがいます。

散歩していたら息子くんが寝てしまい、うちの近所までぶらぶら来ているとのことでした。

時間はちょうどお昼前だし暇なので良かったらうちでランチでもと誘いました。

しかしながらそこまで来ている友人をもてなすには今ある材料で何か作らないとでした。

友人の息子くんは寝ているみたいだから、外食よりうちの布団に寝かせてあげたかったからです。

冷凍庫を開けてみると、先日安売りで買ったタコが入っていました。

私の知る限りではタコは100g138円ぐらいだと底値です。

なのでその値段で見かけた時は必ず買って、使わなくても冷凍するようにしています。

今こそこのタコの出番だ!と言わんばかりに取り出しレンジ解凍しました。

何を作るかと言うとそのままたこ焼きです。

たこ焼きはたこ焼き粉、卵、ネギ、水、タコがあればできます。

たこ焼き粉はなくても、だしの素や小麦粉があれば代用できます。

卵やネギはだいたい常備しているので間違いなく急な時も作りやすいメニューです。

しかもたこ焼きの良いところは食べながら焼いたり、作る過程も楽しめる点です。

今から作るからちょっと待ってと焦ることなく、自然な形で友人にも手伝ってもらえます。

なのでたこ焼きは鉄板を息子が触るのだけ気をつければやはり良いメニューです。

タコ以外にもチーズやちくわ、キャベツ、ウインナーなど入れました。

具のバラエティもあり、まさにたこ焼きパーティーとなったのです。

また前日に作った豆もやしごはんが残っていたので、一緒にたこ焼き器で焼きました。

一口サイズの焼きおにぎりみたいになり、これなら息子たちも食べれて良かったです。

たこ焼き器はたこ焼き以外のメニューにも使えます。

たとえばオリーブオイルとアヒージョの素を混ぜたものを各穴に入れます。

そこにエビやタコ、一口サイズの野菜などを入れれば簡単にアヒージョができます。

フランスパンとか用意してアヒージョパーティーもまたしてみたいです。

また、たこ焼き器の穴にホットケーキミックスを流し込めばカステラ焼きができます。

中にあんこを入れたり、ホイップやフルーツをトッピングしてスイーツも楽々です。

今日はお腹いっぱいになったのでしませんでしたが、便利で色々使えます。

関西以外はたこ焼き器がないお家もあると聞きましたが、オススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です