マイホーム探し〜ポストイットを使ってわがやの考えを整理〜


今日はまた新築戸建ての見学に行ってきました。

ちなみに今回は何かもらえたわけではなく、その目的など全くありません。

そう、今回の場所はかなり買いたい度が高い場所だったのです。

立地は希望エリアで駅近の学校近でまさに子育て世代に最高といえる場所でした。

私たちも見学し、間取りも気に入り、広さも申し分ないものでした。

しかしながらまず第一に値段が完全に予算オーバーでした。

価格帯は未発表だったので、フタを開けると予想外の高額だったのです。

しかも駅近は最高だけど、線路の真裏で、かなり騒音も心配が予想されました。

このように良い点、悪い点がくっきりしているのに混在する物件だったのです。

しかしながら、物件には100%良いものなんて無いとよく耳にします。

70%丸ならばそれは買いだとも聞いたことがあります。

だからこそ、うーんと悩んでしまい、どうしたらいいのか分からなくなりました。

1つ言えるのは今まで見てきた中で一番良かったしピンと来たということです。

逆に言えばそれだけしか自分たち夫婦の中でハッキリしていないということでした。

このままでは悩むだけなので、自分たちにとって大事なことを考え直すことにしました。

考えを整理するのに大いに役立ったのがポストイットでした。

まずお互いにマイホームを決めるにあたり重要な項目を思いつくままあげていきます。

そしてその大きな項目のみをポストイットに記入します。

我が家では、費用、立地、騒音、間取、会社、学校区の6項目が出ました。

次にその6項目の中で一番大切、必ず優先すべき事項を1つ指さします。

せーので私は費用、主人は立地を指さしました。

ここでそれぞれ何故それを選んだか相手に力説します。

その結果、主人は私の意見した費用に一番を変更しました。

結果的にそうなったけど、別に1つにする必要はありません。

やはり家は両方の思いを大切に決めるべきだと思うからどちらも尊重すべきと思うからです。

でも今回は意見が一致しました。

いくら良い条件の家が見つかっても、無理なローンで火の車では買う意味がないと。

またローン以外にも豊かな生活のために余裕を持って使えるお金を確保したいと一致しました。

なので費用の上限をローンシュミレータを使って決めていきました。

ローンシュミレータは家探しサイトにいくとよくあります。

そこに物件金額やボーナス、金利などを打ち込むと毎月の返済額がわかります。

それを元に最高いくらまでの物件金額がいけるかを費用として決めました。

その結果今回の物件は自分たちに合わないと結論付けられました。

ポストイットでかなり明確に考えを整理することができ良い家族会議ができました。

たくさん考えた後はコンビニスイーツで糖分補給しました。

結論も出てスッキリ、甘いものにも癒されなんだか気分が晴れやかでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です