まだまだ着れた便利な赤ちゃん服〜カバーオール〜

1歳4ヶ月の息子ですが、体重はなんと12.6kgもあります。

誰に会っても大きいね〜と言われるのが定番です。

背も80cm前後あるので、2.3歳児にいつも見られます。

そんな大きな息子なので、赤ちゃんの時来ていたカバーオールはすぐサイズアウトでした。

カバーオールとは上下服が1枚につながっている便利な服です。

洗濯物も1枚で済むし、着せるのも1回で済むし私には重宝でした。

なのでなるべく長く着て欲しかったですが、この服は赤ちゃん用の様です。

サイズ展開がだいたいどの店にも80くらいまでしか売っていないのです。

80ではすぐに股のボタンが閉まらなくなりました。

前のボタンは割と大きくなってもいけるのですが、太ももムチムチは無理でした。

それで諦めて上下別々の服とズボンという形にしていたのですが見つけました。

それはH&Mという店で、まだ息子にも入るカバーオールがあったのです。

こちらは外国のブランドなので80とかでも大きめの作りになっています。

特に手足の部分は外国人向けでかなり長めになってて折り返して着るほどです。

股のボタンにも余裕があるため日本の95サイズを着ている息子もまだ80で入ります。

また同じタイプでも90以上のも売っていました。

外国では割と長めにカバーオールを着せるからなんでしょうか。

それとも日本の赤ちゃんより大きな赤ちゃんが多いのでしょうか。

どちらにせよ本当にありがたいです。

実はこの服を買ったのは息子が9ヶ月くらいの時でした。

その頃は袖も裾もダボダボで4回くらい折り返して着せていました。

1歳4ヶ月の今袖も裾もちょうど良い長さになりました。

なんだかそれを見ても成長がうかがえて嬉しいです。

何より半年経ってもまだ着れるというのがありがたいです。

息子はどんどんサイズアウトしていくタイプなので一番長く使えています。

最近では外遊びの仕方も激しくなってきています。

砂にまみれる率も高くなり、公園から帰るとほぼ上下服共に総着替えです。

もうこのあとは出かけないって時はカバーオールにお着替えです。

楽々1枚で完結、それでいて見た目も赤ちゃんみたいで可愛いこの形が大好きです。

お腹も繋がっているから出ないのも嬉しいところです。

H&Mは車で30分以上離れたところが一番近く、なかなか行けませんでした。

でももうすぐ近所にも店が出来るみたいで心待ちにしています。

パジャマなんかにも本当オススメです。

大きくなってカバーオールを諦めたママさんには是非試して欲しいです。

 

赤ちゃんの誤飲に注意!気をつけたいこと

昨日掃除中に恐ろしいものを発見してしまいました。

引き出し棚の下から水道屋さんのチラシのマグネットシートが出てきたのです。

当然そのままなら恐ろしくはないのですが、なんと端っこが欠けていたのです。

どう見ても息子が噛みちぎったようにしか見えません。

赤ちゃんの誤飲でとくに気をつけるものとして電池と磁石いうのは聞いていました。

電池はアルカリが溶け出したりすると食道などを溶かし穴をあける危険があるようです。

なのでとくに電池には日頃から気をつけています。

例えばリモコンの蓋が取れて電池が出ることなどはないよう注意しています。

磁石も冷蔵庫に貼ってあるものは常に個数を確認するようにしています。

磁石は2つ以上飲み込み、腸などを挟みくっついてしまうとこれも穴をあける危険があるようです。

そこまで知識があったのに水道屋さんのマグネットシートには注意がいってませんでした。

磁石ではあるものの大きさ的に飲み込めるサイズでない点が油断ポイントでした。

息子は噛み癖がひどく、本でもおもちゃでも手当たり次第に噛んでいます。

本や紙類はすぐにちぎれてしまうので噛むと取り上げるようにしています。

しかし絵本好きで興味を持ちめくっているので自由に触れるようにはしています。

おもちゃも誤飲するような小さなものは与えないようにしています。

噛む事で学習しているのもあると思うのである程度は自由にさせています。

マグネットシートも興味をもち最初は触っているだけでした。

なので少しくらい大丈夫だと思い料理中だったので完全には見守れていませんでした。

料理の合間に振り向くと、すでにマグネットシートとは違うもので遊んでいました。

なので私もその存在自体を忘れてしまっていました。

毎日掃除機はしていますが、死角である棚の下に入っていて発見も遅れました。

2.3日たった昨日、ふと何かの拍子に見つけて焦ったという次第です。

昨日は休日で病院が休みだったので、小児救急相談に電話しました。

看護士さんが相談にのってくれる電話でこれも覚えていて正解でした。

やはり2つ以上がくっついたらの危険な話をされ、元気なら心配ないと言われました。

マグネットシートが磁力が弱いのでくっつく可能性が低いとの話でした。

ただ念のため明日小児科へと言われ本日受診してきました。

先生もこれを噛み切るとはと驚いていましたが、レントゲンを撮ってくれました。

特に異物はないし、腸なども正常だからおそらく排便されただろうとのことでした。

もし嘔吐する、腹痛がある様子などあればまた受診してとも言われました。

1週間ほど元気なら問題ないと言われホッとしました。

今回のことでこのくらいは大丈夫ということはないと学びました。

誤飲だけは親が防いであげるしかないので、気をつけたいと反省しました。

揚げ物を敷き詰めて時短簡単お弁当

今日は友人家族とお花見の約束をしていました。

わが家も家族で参加予定でしたが、急遽主人が仕事になり私と息子で行くことになりました。

各々お弁当とおやつを持ち寄りしようということになっていました。

しかし主人1人抜けただけで、なんだかお弁当のやる気がなくなる不思議です。

私はコンビニおにぎりと息子はベビーフードでいっかとも一瞬思いました。

しかし、やはり形だけでもせっかくだから作ろうと思い手抜き弁当です。

今回は冷凍庫にチキンナゲットとコロッケがあったのでそれをメインにしました。

どちらも実家からもらってきていたのでたまたまありラッキーでした。

大きく幅も取るのでお弁当箱もほとんどうまるし、揚げるだけの簡単で便利です。

揚げ物は油の鍋に投入しておいて、その間に他の作業が出来るのも助かります。

その間に簡単マカロニサラダを作りました。

手順としては揚げ物用の油鍋を温め始め、隣のコンロで小鍋に湯を沸かします。

どちらも温まるまで時間があるのでその間にマカロニサラダ用のハムを切ります。

切れたらキュウリは皮をむきスライサーでスライスしてハムとボールに入れます。

まだ時間があるので、炒めもの用のピーマンを千切りにししめじをほぐします。

ウインナーは切り込みを入れ下準備しておきます。

お弁当箱は2段を使ったので下の段に白ごはんをつめ海苔をかぶせてのり弁にします。

この辺りで両鍋が温まるので、コロッケとチキンナゲットを油鍋にいれます。

次に沸騰した湯に塩とマカロニを入れ混ぜながら2分半茹でます。

茹で上がるとマカロニを先ほどのハムキュウリと合わせマヨネーズ塩胡椒と和えます。

この状態でマカロニがまだ熱いので冷ます意味も込めて放置しておきます。

続いてマカロニを茹でた鍋がテフロン加工の小鍋なので炒めものをしていきます。

温まると切ったピーマンとしめじを入れ塩胡椒で炒めます。

これで簡単な炒めものの一品完成で、お皿に出し冷ましておきます。

ちなみに炒め始めくらいに油の鍋のコロッケ等をひっくり返すと良いです。

炒め終わると、ウインナーを投入して焼きます。

焼き上がりくらいに油の鍋も揚げあがるので両方取り出します。

ここまででおよそ15分ほどで出来ました。

あとはそのまま粗熱がとれるまで、私は朝食を食べたり洗い物をしていました。

そしてお弁当箱に盛り付けて、最後に冷凍ストックしていたブロッコリーを入れ完成です。

油鍋は温まるまでは少し時間がかかりますが、その間に他の作業が出来て良いです。

また揚げてる間もほとんど放置でいいのでとても簡単で助かりました。

息子用もマカロニサラダと炒め物は味付けをする前に取り分けておきました。

時短簡単お弁当是非お試しください。

1歳息子の快眠を誘う⁈ホットミルク

我が家の1歳4カ月の息子ですが、とにかく夜中にまだ何度も起きます。

昼間は出来ている卒乳も夜間だけはなかなか辞められない原因でもあります。

夜間授乳によりすぐに寝てくれやすいので頼りきってしまっています。

息子も夜間はもらえると意識があるので抱っこ等では泣いて寝なかったりします。

そろそろ夜間の卒乳についても考えなきゃと思いつつ先延ばしになっています。

それはそうと、昨夜はそもそも夜寝ることすらなかなかしませんでした。

昼寝が夕方にずれていたので、なかなか夜寝ないだろうとは思っていました。

しかし授乳しても抱っこで寝かしつけしようも0時になっても寝ずでした。

こちらもずっと寝かそうとしていたら息子も寝まいと頑張って悪循環でした。

そんな時は一度諦めて遊ばせてみたら案外すっと寝たりすることもあります。

息子も何度となくそのパターンもしてきましたが、今回は目が冴えきっている様子でした。

遊ばせても寝ず、何をしても寝ず、、困り果てたその時ふと思いました。

そういえば今日牛乳飲ませてなかったなと思ったのです。

毎日牛乳は大好きなので飲ませているのですが、その日は飲まずでした。

夕方にいつも飲むのに昼寝がずれて牛乳が飛んでしまっていたのです。

いつものリズムにある牛乳がなかったから眠れないのかなとか考えました。

多分関係ないだろうけど、多少はそんなのも疳の虫というのかあったかもしれません。

でもそういや大人でも眠れないとホットミルクを飲むなと思いついたのです。

息子もホットミルクを飲めば落ち着いて眠りにつくのではと思いました。

早速レンジで温めて飲ませてみました。

と言っても赤ちゃんなので人肌程度の温かさのぬるいホットミルクです。

それをいつもストローで飲むのが定番です。

お茶はもうコップ直飲みしているのに、なぜか牛乳はストローを好む息子です。

そこでいつも100円均一にあるミニストローを愛用しています。

洗って繰り返し使えるストローマグもあるのですが、牛乳を入れるのに抵抗があります。

どうも綺麗に洗い続けれる気がしないんですよね。

なので牛乳の場合は使い捨て出来るミニストローを使っています。

ミニストローは子どもにも飲みやすい長さになっていてたくさん入っています。

使い捨てでも惜しくないお得感があります。

ホットミルクを飲ませてから抱っこでもいちどユラユラ寝かしつけてみました。

すると大成功で10分くらいで寝てくれました。

もしかしたらホットミルクは寝つきも良くなる?と期待しています。

夜間断乳にもキーになるかもしれないので、良きアイテムが見つかりました。

1歳息子のごはん〜どんどん大人ごはんに近づいてきました〜

1歳4カ月の息子のごはんは、最近大人ごはんのような見た目になってきました。

離乳食初期のドロドロから始まり順調に何でも食べる子どもでした。

白米も早い段階で普通に炊いたお米を食べれるようになりこれが一番助かりました。

まだ粥だった時は炊くにも時間がかかるし固さの調整が大変でした。

それに主食を大人用と息子用に別々に作るのは結構手間になるんです。

なので白米になった時点でほぼほぼ離乳食は完了したなという気持ちでした。

おかずも蒸しただけや茹でただけの野菜がほとんどでした。

そこへお肉や魚に少しずつ味つけをするようになりました。

最初は出汁だけのシンプルな味つけから始まり醤油を足すようになりました。

今ではケチャップやマヨネーズ、カレーやソースなどバラエティ豊かになっています。

栄養士さんによっては1歳くらいまでは味付けは必要ないという方もいます。

薄味や素材の味でも食べるなら調味料は使う必要はないと言われました。

でも10カ月検診の時は色んな味を食べさせてあげてと言われました。

それが食育につながるからとのお話でした。

栄養士さんによっても考え方は色々あるようですが、やはり味付きの方がよく食べます。

息子も味付きの方が美味しいとわかるようです。

ただいまだに蒸し野菜とか味無しでも食べるものもあるので混ぜるようにしています。

例えば朝食には蒸した人参を野菜として出して昼夜はアレンジした物を出すなどです。

今日の晩御飯は鶏そぼろと玉ねぎの甘辛煮丼とポテトサラダとワカメ豆腐汁でした。

見た目がもうすでに大人が食べててもおかしくないような見た目でした。

しかし鶏そぼろと玉ねぎの甘辛煮には砂糖と醤油を使いますがほんの少量です。

大人が食べると薄いな、物足りないなという程度で赤ちゃんには充分だそうです。

また酒や味醂はアルコール分があるので極力使わないようにしています。

沸騰させればアルコールは飛ぶので大丈夫なようですが、なくてもいいかという感じです。

ポテトサラダには極少量のマヨネーズを混ぜています。

じゃがいもをチンして潰して、そこにみじん切り玉ねぎとピーマンを入れました。

玉ねぎ、ピーマンもチンして柔らかくしています。

マヨネーズにより食材がまとまるしじゃがいものパサパサ感もおさまりました。

ワカメ豆腐汁はワカメは生のものを使用しています。

ワカメの塩味だけで仕上げたシンプルなお汁です。

このように食べると薄味でしっかり赤ちゃん用なのですがパクパク食べていました。

これからもバラエティ豊かに作ってあげたいなと思います。

簡単晩御飯〜冷凍肉団子で酢豚風と酢の物!ダブルお酢で疲労回復〜

今日の晩御飯は簡単ではありますが、節約とは少し離れていたかもしれません。

と言うのも、実家帰省から戻ったばかりで冷蔵庫が潤っているからです。

こんなになんでも作れるなーと迷うくら食材があるのは実家帰省後くらいです。

いつもは残野菜とにらめっこ感もありますが、今日は違う気分でした。

しかし私も実家帰省前からの息子の病院通いなどもありずっとバタバタでした。

そのため疲労がかなりたまっており、息子と昼寝しないともたないくらいです。

実家帰省を無事終えてホッとしたからかだるくて体がしんどい感じです。

一方主人も残業続きでかなり疲労困憊な様子です。

2人とも倒れるわけにはいかないと今日は疲労回復メニューにしました。

疲労回復にはお酢が良いようです。

筋肉疲労を和らげる効果もあるそうで、味も酸味がサッパリ感があります。

サッパリ感があると疲れていても食欲も出やすいと思いお酢メニューにしました。

まずは肉団子酢豚風です。

これは実家から冷凍の肉団子をもらって来ていたので思いつきました。

酢豚というと豚肉を下味つけて衣つけて揚げて野菜も素揚げしタレと絡めますね。

正直工程が多いし手間がかかるので我が家では避けがちなメニューです。

レトルトの玉ねぎを加えるだけのとかはごくたまに買ったりしますが安くはないです。

でも今日は肉団子をトースターで焼き、野菜もレンジで加熱しました。

それにより面倒な肉の味付けと油を用意して揚げる作業が軽減されました。

洗い物も跳びちりも減り楽々です。

甘酢タレはケチャップ、お酢、砂糖、醤油、みりん、水を適当に混ぜました。

案外大さじ1ずつ足していけば味が決まりやすいですよ。

そのタレに野菜と肉団子を合わせて片栗粉でとろみをつけたら簡単完成です。

さらにもう1つのお酢メニューはキュウリとワカメの酢の物です。

ワカメも実家から生わかめをもらっていたので食感がコリコリで美味でした。

三杯酢とキュウリスライスとワカメをあえるだけの簡単メニューです。

このダブルお酢メニューで美味しく疲労回復を目指しました。

他の付け合わせは水菜と揚をしょうゆで甘辛く炊いて玉子を落としたものです。

これも優しい和風の味わいです。

おさらにうつしたら残り汁に少し残しておいた揚げとワカメを入れて味噌汁にしました。

使いまわし味噌汁ですね。

肉団子をトースターで焼くときにチキンナゲットも焼きボリューム満点です。

品数はだいぶ増えましたがとにかく簡単にできた晩御飯でした。

風邪をひいた時喉に聞く効果的な食べ物

先日からバタバタしていて、ついに私も風邪をひいてしまいました。

まだ夜間だけ授乳しているので、市販薬は禁物です。

授乳中のママはなかなかすぐに薬が飲めないのがつらいところです。

以前なら少しの頭痛でも、花粉症の時期でもすぐ市販薬に頼っていました。

安くて病院に行かなくてもすぐ手に入るのが魅力的ですよね。

しかしながら息子を妊娠中から今まで2年以上市販薬は飲まなくなりました。

少しの頭痛なら寝れば治るようになり、元々そうだったのかなとか考えます。

花粉症の時期は鼻の周りにワセリンを塗り花粉をブロックしたりしました。

授乳で下を向くと鼻水がとまらず両鼻にティッシュをつめてなんてのもありました。

でもなんだかんだで2年以上、市販薬なしでもなんとかやってこれています。

昔がすぐに市販薬に頼りすぎていたのかなと反省することもあります。

風邪をひき高熱とかどうしようもない場合は病院に行きます。

すると授乳しながらも飲める薬を処方してくれるので安心安全です。

市販薬にあるような薬でも病院で処方さるのとは成分が違うものもあるようです。

なので自己判断は一番危険ですよね。

風邪でも私は喉が弱く、すぐに喉を痛めて咳がひどくなりやすいです。

気管支炎持ちなので、喉をこじらせると後々大変になると自分でよくわかっています。

そこで喉のケアには色々なものを試しているのでご紹介したいと思います。

あくまで私の場合なので個人差はあるかもしれません。

まず一番効くのはずばりハチミツです。

昔はハチミツが喉にいいらしいと聞いて紅茶に混ぜて飲んでいました。

紅茶にも殺菌作用があるからダブルでいいと聞いたからです。

確かにそれもよく効くのですが、効くまでに何杯か飲ん即効性は低い感じでした。

しかし夜中に喉痛で目覚めた時ハチミツをスプーン一杯そのままなめてみました。

すると翌朝にはほとんど喉の痛みがなくなっていました。

たまたまのケースかもしれませんがハチミツが直接喉に届きよかったのかと思っています。

次にオススメはショウガ湯です。

ショウガ湯はお湯に溶かして飲めるので手軽です。

朝にこれを飲むと体も温まり喉もしだいに良くなりました。

そして何と言っても外出先でも手軽に摂れるのがのど飴だと思います。

色々なのど飴を試してきましたが、お気に入りはやはり龍角散のど飴です。

これが私には一番効きます。

夜中はハチミツを食べて寝て、朝ショウガ湯を飲み空き時間に龍角散のど飴です。

喉が少しでも違和感があるとこのコースをしています。

悪化してからではなかなか治り難いので初期症状がきたらすぐにしています。

オススメの手放せないこの3つ、ストックを欠かさないようにしています。

 

カタログギフトで何をもらうか熟慮〜結婚式の引き出物〜

先日の結婚式の引き出物でカタログギフトをもらいました。

たまにもらうカタログギフトにはいつもワクワクです。

昔はバッグとかコスメとか欲しい雑貨を頼んでいました。

しかも迷わず自分では買わないような、少し冒険するものとかにあえてしていました。

もしかしたら使わないかもだけど、いいかも知れないから試したいという気持ちでした。

まさに自分のための楽しむものという感じです。

それが結婚してからは主人と相談するようになりました。

主人は決まって欲しいもの何でも頼めばいいと言ってくれます。

しかし結局少しでも家計の助けになるものがいいかとなってしまうんですよね。

例えばお肉とかお米とか、時には高級さくらんぼとかです。

鍋などのキッチングッズなどにすることもあります。

しかしやはり食材が中心と、徐々に頼むものも変わってきました。

しかも食材にしても1番量がありそうとか高そうとか選ぶ基準が実用性です。

この味を試してみようとか冒険することもなくなりました。

そして、今回は息子が生まれてから初めてのカタログギフトです。

ペラペラめくると後ろにベビーグッズなども載っていました。

本当に本当に悩みます。

ベビーグッズにするにしても、実用性のあるものにするべきなのでしょうか。

それとも普段自分では買わないようなものにすべきなのでしょうか。

食材にすれば家族みんなが食べれるからいいかという思いもまたあります。

しかしベビーグッズか自分の二択で悩んでいてやはり自分の物は選択肢になしです。

こんなに生活スタイルにより変わるものなんだとふと驚きました。

家族になる、母になるってこんな面でも変化が出てくるのだなーと感じています。

迷ってはいますが、今のところ息子のおもちゃがやはり有力候補かなと思います。

パズルと楽器と木のレールと機関車があります。

どれも可愛く魅力的です。

木のレールと機関車は先日他店で買ってしまいましたが、木製同士だと合いそうです。

なので連結して広げられるのも魅力的だなと思うのです。

と言いつつも、温度調整付きのオーブントースターも気になっています。

90〜230度にまで調節できるようで、
オーブンとしても使えそうです。

今うちにあるオーブンレンジは火力が弱くオーブンとしては使えないので魅力的です。

オーブンで息子のケーキを焼いてあげたいなとか考えています。

食材ならオリーブオイルがいいかなとか結局家族の使えるものを探しています。

皆さんならどんなものを頼みますか?

じっくり楽しんで悩みたいと思います。

友人の結婚式へ〜遠出は格安切符で〜

今日は友人の結婚式で京都まで行ってきました。

久しぶりに会う友人の晴姿をとても楽しみにしていました。

育児をしていたら他の友人に会うのもかなりご無沙汰でワクワクでした。

今回は実家の両親に息子を預けての参加です。

そのために帰省を前もってしていました。

しかし息子が病気でこのまま行けるか微妙なところでした。

なんとか元気になってくれたので、無事参加できホッと一安心です。

我が家から京都までは電車でいくとまあまあの距離があります。

そんな時は格安切符を必ず購入して使います。

よく駅前などに自動販売機で売ったりしている切符です。

いつもは近場の電車移動が多く、それなら20円くらいしか安くなりません。

なので買いに走るのが面倒でついつい便利な電子マネーで乗ってしまったりします。

でも遠出になると、かなり安く購入できたりするんです。

今回は片道約500円も安くなりました。

往復1000円はかなりのお得節約になりますよね。

こんなに安くなったのには格安切符を買ったということともう1つ理由があります。

それは昼得切符を買ったからです。

格安切符の自動販売機にはほぼ同じ区間で普通切符と昼得切符が売られています。

昼得切符は平日10時から17時までの間に使える切符です。

まさに昼間お得になる切符と名称そのままですね。

しかしこの切符のすごいのは、土日はなんと終日使えるのです。

土日の方がお出かけ率が高い我が家にとってはありがたい存在です。

しかもこのように使える時間が限られているからこそ普通切符より安いのです。

今日も幸いこの昼得切符が使えたので往復1000円も安くなり嬉しい限りです。

式に行く前に友人にグループでプレゼントを購入しました。

その予算を浮いた1000円で上乗せしてあげれたので結果的に大満足です。

結婚式はとても素晴らしく、幸せそうな晴姿が見れこちらまで幸せでした。

久しぶりにたくさん友人とも話せてリフレッシュになりました。

節約できるところは節約し、お祝いなどには惜しまないのがポリシーです。

使う時にはきちんと使えるように、日頃の節約が大切だと改めて感じました。

京都では式以外にあまり時間がありませんでしたが、鴨川沿いを散策しました。

お土産に八つ橋を買ったりして少しの観光気分を味わいました。

またタクシーで道を走ると京都らしい街並が目に入り楽しかったです。

帰りに夜の京都駅にて京都タワーが綺麗にライトアップされていました。

プチ日帰り旅行みたいで楽しかったです。

実家帰省でのんびりとリフレッシュを思う存分する

昨日から実家に帰省しています。

息子が帰省予定の前日にクループ症候群になり一日帰省を遅らせました。

中止かもかなり悩みましたが症状も落ち着き先生の許可を頂き帰省出来ました。

実家の父母も楽しみにしていたし私の祖母も来ているので皆喜んでいます。

それを見て、迷ったけどやはり帰省して良かったと思います。

これが旅行ならば息子にも負担がかかるし辞めるべきと思いました。

しかし実家は車で1時間の距離だし、ゆっくりもできるので家と変わりません。

むしろ父に母に祖母に、大人の手が増えて私も安心です。

改めて実家のありがたみが身に染み感謝です。

実家に帰ると必ずすることがあります。

1つは食べたいものを食べさせてもらうことです。

普段は節約生活で食費もだいぶ切り詰めています。

それを知ってか知らずか必ず実家帰省時はリクエストを聞いてくれます。

前回はおでんと鉄板焼きをリクエストしました。

おでんは少量でなくたくさんで炊かないと美味しくならないので材料費がかさみます。

おまけに主人は好きではないので、ほぼ我が家では出番なしです。

なので実家で食べれることは幸せなひと時でした。

鉄板焼きは言わずもがなやはり牛肉目当てです。

贅沢なステーキを堪能でき大満足でした。

食べることが大好きなので本当に癒されます。

今回は息子のことで帰省できるか微妙だったのでリクエストは特にしませんでした。

しかし母が私の大好物カニを買ってくれていて堪能出来ました。

やはり実家といえばご馳走でリフレッシュできるという感じがします。

そしてもう1つのすることは食材買い出しです。

実家帰省中は母が食材系は色々と買ってくれます。

なので安いスーパーに一緒に行き、野菜や肉など色んなものを買ってもらいます。

帰省後は1週間くらいは何も御飯の心配がないくらい潤います。

野菜は冷蔵庫にいれなくても平気なものなら涼しいところに置いておけます。

肉や魚などは車で1時間の距離なので、冷凍しておいて保冷バッグで持ち帰ります。

これも本当にありがたい限りです。

実家が遠すぎないのもこういうことがしやすくて嬉しい限りです。

息子を見てもらいその間に昼寝させてもらったり友人に会ったりもします。

これも実家だからこそ気兼ねなくお願い出来てありがたいです。

こんな感じで実家帰省時はいつも精神的も身体的にも癒され満足しています。

今日は無人野菜販売所に行き野菜を色々と買ってもらいました。

実家帰省は育児のリフレッシュにはありがたすぎる場所ですね。