初めてをやらせてあげることで育ててあげたい「出来た」の気持ち


今日はとあるショッピングモールにお出かけしました。

お笑い芸人さんのライブがあるということで行ってきました。

お出かけ時は息子を車に乗せるのに抱っこで駐車場までいつも向かいます。

しかし今日はご機嫌ななめで大好きな抱っこでもご機嫌は悪いままでした。

大概お外行くよと話すと分かって機嫌が直るのですが今日はダメでした。

そこで、初めて徒歩で玄関から出発させてあげてみました。

我が家の玄関前はエレベーターと階段がすぐにあるので危ないのでいつも抱っこでした。

でも今日は初めて自分の足で外に出た記念日です。

一歩出た瞬間息子の顔を見ると、すごい満面の笑みでした。

こんなに晴れやかな表情をするのかというほど嬉しそうでした。

きっと毎日毎日ベビーカーや抱っこで外に出るたびわくわくしていたんだと思います。

そのわくわくが記憶に残り、ついに自分で出られたことに喜びを感じたのでしょう。

手を繋ぎ自分の足でそのままエレベーターに乗り、エレベーターを降りました。

そしてしっかりと徒歩で車まで駐車場を歩きました。

たくさんの初めてを経験できた息子はそれはそれはご機嫌になっていました。

あんなにグズグズだった5分前はどこへといった様子でした。

ご機嫌になったおかげで、チャイルドシートにもすんなり座りました。

そして車が到着までの1時間弱、一度もぐずることなくご機嫌なままでした。

車で寝ずに1時間弱ご機嫌なんてなかなかありません。

寝れば大丈夫ですが、寝ない場合はどこかでおやつなどを食べないとぐずります。

でも先ほど少し歩けたのが余程嬉しかったのかずっとお利口に座っていました。

外の景色を眺めたり、手をパチパチしたり、声を出したりで過ごせました。

ここで思ったのは何でも出来ないとかまだ早いと思わず挑戦させてあげることの大切さです。

少し前に1人で歩いてお風呂まで行けた時もそうでした。

歩けるようになっているのにずっと抱っこで連れて行ってたからそうしていました。

でも歩いてお風呂に向かうようになった今ニコニコご機嫌で毎日お風呂に向かいます。

自分で出来ることに楽しみを感じているのかもしれません。

それと同じで今日の玄関を歩いて出ることも自分でできたと嬉しかったんだと思います。

この気持ちを育ててあげれるようにこれからもしたいなと思いました。

その流れで今日は息子に初めてのリュックを買いました。

私のママリュックをいつも触っているので自分のリュックを持ちたいかもと思いました。

背負って早速楽しそうに遊んでいた息子を見ながらまた成長が楽しみになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です