今年初めてトライしてみるふるさと納税について


兼ねてからずっと気になっていた制度にふるさと納税があります。

どうやらお礼品がもらえるし税金も控除されたりしてお得らしいのです。

そんな漠然とした情報しか持っておらず、なんだか難しそうと敬遠していました。

でも今回テレビで特集されていたのを見たのか主人が積極的になりました。

それで2人でちゃんと調べてみようということになったのです。

ふるさと納税は自分で選んだ市などに寄付ができる制度だと理解しました。

また実質自己負担2000円でできるということです。

実質というのは一旦高額を払っておいて、税金控除などで差し引いて2000円負担で済むようです。

自己負担2000円になるにはいくらまで寄付できるかなどは家族構成や年収で変わります。

これら全て我が家はさとふるというサイトで詳しく勉強できました。

そして我が家の寄付上限額も簡単に知ることができました。

ふるさと納税は確定申告しなきゃいけないのが大丈夫になったらしいよと主人が言いました。

さらによくよく調べてみると、ワンストップ特例というのがあるようです。

これはまず寄付をしたい市などを選び寄付をします。

そしてそちらに特例申請書と本人確認書類など必要書類を郵送します。

すると、その市などから控除に必要な情報が自分の住む市に連絡されます。

そして翌年度の個人住民税の控除が確定申告なしに受けられる仕組みのようです。

うちはサラリーマンでこれに適応できるようです。

確定申告というとわざわざ税務署に出向いてなんだか難しいし面倒なイメージです。

でもワンストップ特例は書類送付だけで手間もかなり少ないです。

なのでまずは1つやってみることにしました。

お礼品もたくさんあり、どの市にしようかかなり悩みました。

私のお誕生日が近いこともありステーキが食べたかったのでそちらのお礼品にしました。

申し込みは何かネットで商品を買うようにカード決済でポチりです。

そして必要書類を送付します。

そちらの市はその書類がちゃんと届いたかメール問い合わせもできるようでした。

これは安心ですよね。

申し込みをして1週間ほどで、お礼品のステーキは届きました。

中を開けてびっくりです。

えっ、こんなに大きいの?というほどの特大ステーキが届きました。

早速誕生日はステーキでパーティをしました。

これが実質2000円負担で食べられるなんて本当幸せだなと感じました。

なかなか高級なお肉を買う機会も勇気もないのでいい機会でした。

お誕生日などイベントにはふるさと納税のお礼品を活用するのもいいですよね。

まだ寄付枠があるので上手にフル活用したく思います。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です