節約簡単晩御飯〜フライパンでつくる親子丼〜


今日の晩御飯は親子丼でした。

親子丼は材料もシンプルだしすぐできて時短簡単節約になります。

今日は味噌汁とサラダ、ほうれん草胡麻和えと合わせて10分で出来ました。

まずはフライパンにお湯を沸かし、ほうれん草を2分茹でます。

ほうれん草はカットせずに茹でる場合、フライパンが丸まま入り便利です。

しかもフライパンは浅いのでお湯がすぐ沸くというメリットもあります。

2分茹でる間に親子丼に使う玉ねぎと鶏胸肉をカットします。

鶏胸肉は鳥モモ肉より安いしヘルシーなのでよく使います。

ほうれん草が茹で上がるとざるに取り、空いたフライパンを軽くゆすぎます。

そのままフライパンに水を200ccくらいいれて沸かします。

沸いたらカットした玉ねぎと鶏胸肉をいれてあくなどを取り除きます。

醤油と砂糖大さじ2、みりんと酒大さじ1を加え4.5分で卵をそのまま割り入れます。

卵はといてからいれなくても鍋に割り入れてから混ぜても大丈夫です。

その方がお椀の洗い物が減るし、白身の部分と黄身の部分がほどよく出来ます。

親子丼の具を煮ている間に、ほうれん草胡麻和えとわかめと菊名のお味噌汁も作りました。

胡麻和えは茹でたほうれん草をカットし、すりごま、砂糖、醤油とあえるだけです。

サラダはレタスをちぎってツナと盛り付けて簡単サラダです。

白ごはんさえ炊いていればあとは10分で出来る簡単メニューでした。

どんぶりものは白ごはんの量でボリューム調整が出来るので便利です。

がっつり食べたい主人には大盛りにすることで、他のおかずが少なくても済みます。

親子丼は鶏胸肉1枚約250gで150円、玉ねぎひと玉30円の約180円で出来ました。

ほうれん草胡麻和えはほうれん草が98円の特売だったものです。

茹でた後、胡麻和えにする前に少し息子用にとりわけました。

ゴマはアレルギーが出るかもなのでまだ避けているからです。

息子にはおかか和えにしてあげようと思います。

お味噌汁や親子丼も具材を茹でただけの状態で、取り出せば離乳食に使えます。

味付けはその後にすればいいので息子の晩御飯も同時に出来ました。

ちなみにお味噌汁の具は以前お鍋をした余りでワカメと菊名は30円ほどです。

大人2人前と息子分で約300円ちょっとの激安晩御飯でした。

しかも今日は珍しく割り入れた卵の1つが双子ちゃんでした。

なかなかめったに出会うことがないので、いいことがあるかもと嬉しくなりました。

親子丼なので卵をぐちゃぐちゃに潰してしまうのが少し残念でした。

でもこんな些細なことでもなんだか得した気分になるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です